東京高等師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京高等師範学校(とうきょうこうとうしはんがっこう)は、1886年(明治19年)4月、東京市神田区(現在の東京都文京区)に設立された官立の高等師範学校(旧制教育機関)である。略称は「東京高師」(とうきょうこうし)。

この項目では、その前身であり、1872年(明治5年)に設立された「(東京)師範学校」についても扱う。

東京高等師範学校
(東京高師)
創立 1886年
(「高等師範学校」として)
所在地 東京市神田区
初代校長 山川浩
廃止 1952年
後身校 東京教育大学
(現・筑波大学
同窓会 (社)茗溪会
東京高等師範学校の校章
五三の桐紋に「高師」の2文字を配した意匠。1888年に明治天皇より皇室の五七の桐章を下賜されたが、不敬を避けるため五三の桐となり、1903年7月の生徒制服改正に伴い制定された。
その後、東京教育大学筑波大学の校章にも受け継がれ現在に至る。
旧・東京高師校内の占春園(現・筑波大学附属小学校内)に立つ嘉納治五郎像(東京都文京区)

概要[編集]

1886年4月、日本初の中等教員養成機関「高等師範学校」として設立され、1902年3月東京高等師範学校に改称された。その前身は、日本で最初に設立された官立の教員養成機関「師範学校」(のち東京師範学校と改称)である。1929年4月、東京高師の大学昇格運動の結果旧制大学たる東京文理科大学が設立されるとその附置機関となった。修業年限3年(本科)で学科としては文科・理科・体育科が設置され、附属学校として附属小学校・附属中学校なども附設された(1940年時点)。廃止時には広島金沢岡崎と並ぶ官立4高師の一つであった。

設立当初から「教育の総本山」と称され、長らく広島高師とともに近代日本の中等教育界に大きな影響力を有する存在であり続け、また長期にわたり校長を務めた嘉納治五郎の下で日本の学生スポーツ濫觴の場となったことでも知られている。

戦後の学制改革により1949年5月、新制東京教育大学が発足すると、旧制東京文理科大学および旧制専門学校たる旧制東京農業教育専門学校旧制東京体育専門学校とともに同大学に包括されてその教育学部などの構成母体となり、1952年廃止(その後東教大は筑波大学に改組され現在に至っている)。東京高師の附属小・附属中学は、それぞれ東教大の附属小学校および附属中学校・高等学校となった(現在の筑波大学附属小学校筑波大学附属中学校・高等学校の前身)。

また、もともと東京高師の同窓会として結成された「茗渓会」は東京高師を継承する東京文理大・東教大・筑波大の共通の同窓会となっている。

沿革[編集]

東京師範学校[編集]

1872年5月(明治5年4月)、文部省学制公布(同年9月(旧暦8月))に先立ち、近代教育の担い手となるべき教員の育成を重視し正院に「小学教師教導場ヲ建立スルノ伺」を提出した。この「伺」が正院による認可を受けたことで同年7月4日旧暦5月29日)、「師範学校」が東京府下に設立されることが決定され、同時に生徒募集が広く布達された。学制公布後の9月(旧暦7月末)に諸葛信澄を初代校長として開校された「師範学校」は、師範教育に詳しいアメリカ人教育者M・M・スコットを教員に招聘し、教員・教具すべてをアメリカから取り寄せたのみならず、アメリカの小学校の教授方法をそのまま導入して小学校教員の養成をすすめた。この時期の「師範学校」は日本最初の(小学)教員養成機関として、将来全国に設立されるべき教員養成機関のモデルケースとしての役割を果たし、校内「編輯局」による全国の小学校で使用される新たな教科書の編纂、全国の小学校の教則の範例となるべき「小学教則」の編成などが行われた。また開校翌年の1873年(明治6年)7月に送り出された第1回の「師範学校」卒業生は、各府県の教員養成機関の訓導あるいは府県庁の学務担当吏員となって新たな教授法・教育課程を全国に普及させることに尽力した。また同時期に初めて設立された「練習小学校」(附属小学校)も、新しい教授法を実験・練習するための施設であると同時に、全国に設立されつつある小学校のモデル校ともなった(現在の筑波大学附属小学校の起源)。

1873年8月、東京以外の6大学区にも官立師範学校(大坂・宮城・愛知・広島・長崎・新潟)が設立されると、東京の「師範学校」は「東京師範学校」と改称した。この時期になると全国的な小学校教員の養成もようやく軌道に乗り、米人教師スコットが辞任したのちは原則として日本人教師が教授することとなった。次には小学校に接続する中等学校の教員に対する社会的需要が高まってきたことを受け、1875年8月には東京師範学校に中等教員養成のための「中学師範学科」が設置された。そして1878年までに東京・東京女子以外の官立師範学校6校が西南戦争時の財政難により廃校に追い込まれ、小学教員の養成が府県立師範学校に担われるようになると、東京師範学校は次第に中等学校教員の養成機関へと変化していくこととなった。しかしその一方で新しい小学校教育法の導入も続けられ、1878年に師範教育研究のためのアメリカ留学から帰国した伊沢修二高嶺秀夫らを中心にペスタロッチ主義による教育方法の普及が1882年から翌1883年にかけての「小学師範学科教職員講習」を通じて行われた。1885年には東京女子師範学校(およびその附属学校園)を統合して「女子部」とし、東京師範は全国唯一の官立師範学校となるに至った。

東京高等師範学校[編集]

1886年(明治19年)4月の師範学校令により尋常師範学校と区別される高等師範学校が制度化されると、東京師範学校は「高等師範学校」へと改称・改組されて全国唯一の高等師範学校となり、初代校長には現役の陸軍軍人(歩兵大佐)であった山川浩が就任した。この学校は文部大臣管轄下で国費によって運営される官立学校であり、小学校教員の養成にあたる尋常師範学校の校長・教員の養成を中心に中等学校教員養成を担うものとされた。同年10月には学科などの制度が規定され、修業年限3年で尋常師範学校卒業者を対象とする「男子師範学科」、修業年限4年で尋常師範学校第2学年修了者を対象とする「女子師範学科」から成るものとされたが、後者は1890年(明治23年)に「女子高等師範学校」(のち東京女子高等師範学校と改称)として分離独立した。また同時に生徒募集・学科構成・卒業生の服役義務などは文部大臣が定めるところによるものとされ、高等師範学校の運営は他の尋常師範とともに国家の強力な支配のもとに置かれることとなり、この結果、高師は山川校長のもとで忠君愛国教育の推進の要として寄宿舎生活から服装にいたるまで完全に軍隊化された。さらに師範学校令に代わる師範教育令1897年(明治30年)公布)に基づき、高師は師範学校(尋常師範学校を改称)・尋常中学校高等女学校など広く中等学校全般の教員養成機関として位置づけられるようになり、これに相応しい学科・課程が整備された。これ以降、本校は全国の中等学校に教員を供給し続け、1882年(明治15年)に発足した同窓会「茗渓会」を通じ戦前期の中等教育界に大きな影響を及ぼすこととなった。

1902年(明治35年)、第2の官立高師が広島に設立されると高等師範学校は「東京高等師範学校」と改称、1911年(明治44年)には広島を含む高師卒業者を対象とする「専攻科」が設置された。また1890年(明治23年)以降1920年(大正9年)に至るまで3度にわたり校長に就任した嘉納治五郎のもとで「軍隊化」方針が一部緩和されスポーツ活動を通じた人材育成がすすめられた結果、日本の学生スポーツ濫觴の場となり、特に第一次大戦後に日本のスポーツが世界に飛躍していく基礎が築かれることになった。

1918年(大正7年)の大学令の制定以降、第一次世界大戦後の政府の高等教育拡充政策のなかで多くの高等教育機関(旧制専門学校)が大学への昇格を果たすなか、東京高師においても、校友会が「吾人はすでに忍ぶべきを忍び堪うべきを堪えたり。今や我らは起りて死力を尽して目的の貫徹に努むるのみ」と宣言し、教授会、茗渓会と連携し、「教育尊重、精神文化の宣揚」をスローガンに掲げ大学昇格運動が高揚した[1]

この結果、高師専攻科を母体として官立単科大学が設立されることとなり、1929年(昭和4年)東京文理科大学として発足したが、この際、政府や議会の審議で教員養成を専門とする師範大学か、あるいは研究に重点を置く単科大学かについて論争が生じ、結局後者の意見が通り文理学部のみを置く文理科大学として実現をみたという経緯があった。したがって東京高師は東京文理科大学に昇格し(吸収され)たのではなく、文理大に附置されるという形でそのまま存続したため、このことはその後の高師と文理大との関係に微妙な影を落とすこととなった。

さらにこの時期には、各府県の師範学校の本科に中等教員養成のための「第2部」が設置されるようになり、また大学令によって大学に昇格した私学においても同様の高等師範部の設置が認められ、これらが拡充整備されるにともなって中等学校教員養成機関としての東京高師(および広島高師)の比重は相対的に低下せざるを得ず、1929年(昭和4年)以降の大恐慌のなかで生じた財政難を理由に東京高師と東京文理大はしばしば文部省サイドからの廃止論に直面することとなった。こうした状況を打開するため、高師および茗渓会は文理大をフランスのエコール・ノルマルに範をとった師範大学に改編するようたびたび運動したが、これは研究を重視する文理大との対立を生じることとなった。また1932年(昭和7年)、高師の3年修了者にも大学進学が認められると、以降高師は文理大の予科化の傾向をたどった。

第二次世界大戦後、高師・文理大を中心にその他の教員養成機関との統合により新制大学が設置されることが決まると、新設されるべき大学におけるイニシャティヴをめぐり両校の抗争が再燃した。すなわち文理大が一般教養と教職的教養を両立する「文理科大学」構想を掲げたのに対し、高師は新大学を教員養成の最高機関とする「教育大学」構想を打ち出して東京農業教育専門学校東京体育専門学校と連合し両者ともに譲らず、このような対立抗争が新たに発足した東京教育大学の初期の大学運営に大きく影響することとなった。1949年(昭和24年)5月、新制東京教育大学の発足とともに高師は同校に包括され、1952年(昭和27年)名実ともに廃止となった。

年表[編集]

「師範学校」時代(1872〜73)[編集]

  • 1872年明治5年)
  • 1873年(明治6年)
    • 1月 - 「練習小学校」を附設(筑波大学附属小学校などの起源。以下後述)。
    • 6月 - 本科・予科の学科を設置。本科は修業手限1年の師範科、予科は余力あるものに高度な普通教育を授けるものとした。
    • 7月 - 最初の卒業生を出す。

「東京師範学校」時代(1873〜86)[編集]

  • 1873年(明治6年)
    • 8月 - 7大学区での官立師範学校設立にともない「東京師範学校」と改称。
    • この年 -「小学教則」を編纂。
  • 1874年(明治7年)
    • 4月 - 教則を改正し本科・予科の名称を廃止、在学期限を2年とした。
    • 8月 - 米人教師M・スコットが辞任。
  • 1875年(明治8年)
    • 3月 - 「予科教則」を制定。
    • 7月 - 予科教則を廃止。予科生徒の代わりに試験生をおく。
    • 8月13日 - 中学師範学科を設置(翌1876年(明治9年)4月、生徒60名が仮入学)。
      • 修業年限は小学師範学科と同じく2年。中学校教員養成を目的とし、高等師範学校による中等学校教員養成の起源となった。
  • 1877年(明治10年)7月 - 修業年限を小学師範学科2年半、中学師範学科3年半に改定。
  • 1878年(明治11年)- 伊沢修二高嶺秀夫が留学から帰国し校長補・校長補心得に就任。
  • 1879年(明治12年)2月 - 教則改正により予科2年、高等予科2年、本科1年の修業年限とした。
    • 小学師範学科は予科より本科への入学、中学師範学科は予科・高等予科を経て本科への入学とした。
  • 1880年(明治13年)- 「生徒寄合会」が結成。
  • 1882年(明治15年)
    • 4月29日 - 卒業生により「東京茗溪会」の結成。
    • この年から小学師範科教職員の講習を実施(1883年(明治16年)まで)。
  • 1883年(明治16年)
    • 8月 - 「小学師範学科改正教則」を定め師範学校教則大綱に基づく高等科のみを教授することとした。
    • 9月 - 中学師範学科改正教則を定め、初等中学師範学科と高等中学師範学科とに分けた。
      • 初等中学師範学科の修業年限を4年とし、高等中学師範学科はこれを当分設置しないこととした。
  • 1885年(明治18年)

「高等師範学校」時代(1886〜1902)[編集]

  • 1886年(明治19年)
    • 4月29日 - 師範学校令に基づき「高等師範学校」として改編・設立。
      • 中等学校と小学校の教員養成をあわせ行なってきた従来の制度を改め尋常師範学校教員の養成を中心とする機関とした。
      • 附属体操伝習所を廃止し体操専修科を設置。
    • 10月14日 -「高等師範学校ノ学科及其程度」・高等師範学校生徒募集規則・高等師範学校卒業生服務規則を制定。
      • 男子師範学科(修業年限3年で尋常師範学校卒業者が対象)・女子師範学科(同4年で尋常師範学校第2学年修了者が対象)を設置。男子師範学科は教育学・倫理学・英語・音楽体操その他、女子師範学科は倫理・教育・国語漢文・英語・数学簿記・地理歴史・博物・物理化学・家事・習字図画・音楽・体操の学科目をそれぞれ設置。
  • 1889年(明治22年)7月 - 教育博物館(国立科学博物館の前身)を附属施設とする。
  • 1890年(明治23年)
  • 1893年(明治26年)6月 - 東京音楽学校を附属校とする。
  • 1894年(明治27年)
    • 4月6日 - 従来の理化学科・博物学科・文学科の学科区分を改め文科・理科の2学科を設置。
      • 文科・理科の共通科目として倫理・教育学・国語・英語・体操、文科のみの科目として漢文・歴史・地理・哲学・経済学と随意科目として独語・習字を置き、理科のみの科目として数学・物理・化学・地学・植物・動物・生理・農業・手工を設置。
    • この年 - 大運動会を開催し柔道部を創設。
  • 1895年(明治28年)- 高師寄宿舎の軍隊的分断組織を廃止。
  • 1896年(明治29年)
  • 1897年(明治30年)- 師範教育令に基づき尋常中学校高等女学校教員の育成も担当。
  • 1898年(明治31年)
    • 4月 - 文科・理科を細分化し6部構成とする。
      • 文科には教育学部・国語漢文部・英語部・地理歴史部、理科には理化数学部・博物学部を設置。学科目は倫理・教育学・国語・英語・体操の共通科目のほかは各部独自な科目を設置。
    • この年 - 第1回長距離走大会の開催。また庭球部が高等商業学校と対抗戦を開催。
      • 長距離走大会は1901年に第2回が開催され以降毎年の開催となった。また高商との対抗戦は日本テニス史上初の対抗戦となった。
  • 1899年(明治32年)4月 - 東京音楽学校が分離独立。
  • 1900年(明治33年)
    • 1月 - 文科・理科の区分を廃止して予科1年・本科3年・研究科1年の課程とし、他に専修科(3年)・撰科を設置。
      • 本科を四学系(語学系・地歴系・数物化学系・博物系)の構成とし、学科目はさらに細分化。
    • 5月2日 - 同窓会「茗渓会」が主務官庁を文部省として法人登録し社団法人となる。
  • 1901年(明治34年)- 嘉納校長、運動会などの課外活動を「校友会」に改組し初代会長に就任。

「東京高等師範学校」時代(1902〜29)[編集]

  • 1902年(明治35年)3月 - 広島高等師範学校設立にともない「東京高等師範学校」と改称。
  • 1903年(明治36年)1月 - 高等師範学校規程中の改正により本科を5部構成とする。国語漢文部・英語部・地理歴史部・数物化学部・博物学部を設置。
  • 1905年(明治38年)- 初めて自費生の入学が許可される。
  • 1911年(明治44年)4月 - 東京・広島2高師の卒業者を対象に修業年限2年の専攻科を設置。(のちの文理科大学設立の母体)
  • 1914年大正3年)6月 - 附属教育博物館を分離し、「東京教育博物館」として独立。
  • 1915年(大正4年)2月 - 高等師範学校規程の改正により学科を文科・理科・特科(体育科)を設置。共通科目として修身・教育学・心理学・論理学・国語・英語・体操など。
  • 1919年(大正8年)- 東京高師の大学昇格運動開始。
  • 1921年(大正10年)- 体育科が文科・理科と対等の本科となる。体操・遊戯・競技、柔道、剣道の3専攻を設置。
  • 1922年(大正11年)4月10日 - 臨時教員養成所を附設(第一臨時教員養成所、以下後出)。

「東京文理科大学附置東京高等師範学校」時代(1929〜52)[編集]

東京文理科大学附置東京高等師範学校
両校は校地を共にしており、東京教育大学を経て現在は筑波大学東京キャンパス文京校舎および教育の森公園となっている。
  • 1929年昭和4年)4月1日 - 東京文理科大学設立によりその附置となる
  • 1932年(昭和7年) - 3年修了者に大学への進学が認められることになった。
  • 1943年(昭和18年)3月8日 - 師範教育令中改正により修業年限4年となる。
    • 師範学校は旧制専門学校と同格となったため、その教員は養成の対象から除外され、中学校および高等女学校のみの教員養成にあたることになった。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 新制東京教育大学設立により包括。東京教育大学東京文理科大学附置東京高等師範学校と改称。
  • 1952年(昭和27年)- 廃止。

附属学校[編集]

本校の改称にともなう附属校名の改称は省略。

教員養成所[編集]

  • 1922年(大正11年)4月10日 - 臨時教員養成所を附設(第一臨時教員養成所)。国語漢文科・英語科・数学科・歴史地理科・体操科を設置。
  • 1930年(昭和5年)- 臨時教員養成所の廃止。こののちしばしば再設置・廃止をくり返す。
  • 1940年(昭和15年)- 傷痍軍人中等教員養成所を附設。臨時教員養成所が再び附設。
  • 1944年(昭和19年)- 傷痍軍人中等教員養成所を廃止。
  • 1945年(昭和20年)- 特設中等教員養成所を附設。
  • 1948年(昭和23年)- 臨時教員養成所・特設中等教員養成所を廃止。

歴代校長[編集]

(東京)師範学校長
1873年8月以降、東京師範学校長。
(東京)高等師範学校長
山川浩 / 軍籍のまま初代校長に就任
嘉納治五郎 / 3期にわたり久しく校長の任にあった
陸軍大佐と兼任。
1891年8月13日〜8月16日:校長心得。
1893年9月13日9月20日:(兼)校長心得。
1899年8月9日8月30日:後藤牧太が校長事務取扱。
1900年12月28日1901年1月8日:後藤牧太が校長心得。
1902年4月1日以降、東京高等師範学校長。
1929年4月1日以降、東京文理科大学付置東京高等師範学校長、および東京文理科大学長を兼任。

校地の変遷と継承[編集]

筑波大学東京キャンパス大塚地区(2009年)/かつての東京高師大塚校地である

1872年、「師範学校」として設立された際、東京府湯島昌平黌(当時は東京府第四大区五小区宮本町。高師設立時は東京市神田区宮本町(その後住居表示変更により本郷区湯島二丁目)。現・千代田区外神田2丁目))の敷地・校舎を使用していたが、1903年松平大学頭陸奥守山藩)邸の跡地であった大塚(当時は東京市小石川区大塚窪町。現・文京区大塚3丁目))に移転し、同邸の名園であった「占春園」は校内の憩いの地として親しまれ、校長・嘉納治五郎の銅像が建立された。東京高師(および東京文理大)の大塚校地は後身校たる新制東京教育大学の本部キャンパスとして継承され、同キャンパスは東教大の筑波大学への改編以降、筑波大の東京キャンパス大塚地区教育の森公園として整備された。

附属学校(小学校・中学校)は発足時には湯島の東京師範学校内に置かれたが、1890年には一ツ橋(東京市神田区一ツ橋通町、現・千代田区一ツ橋2丁目)に移転し、1904年から1909年にかけて東京高師の大塚新校地に再び統合された。その後附属中学のみ1940年に小石川区大塚町56(現・大塚2丁目)の新校舎に移転。両校は東京高師を引き継ぐ東京教大の筑波大への改組・移転を経たのちも従来からの大塚の校地に止まっており、先述の「占春園」および嘉納治五郎像も附属小の敷地内に残されている。

著名な出身者・教員[編集]

校史アラカルト[編集]

参考文献[編集]

事典項目
  • 熊谷一乗「教員養成〈学制期〉」「東京師範学校」「中学師範学科」、小瀬仁作「教員養成〈教育令期〉」、山田昇「教員養成〈学校令前期〉」「高等師範学校」、倉石庸「教員養成〈学校令後期〉」『日本近代教育史事典』 平凡社1971年
  • 時野谷勝「師範学校」 『日本近現代史辞典』 東洋経済新報社1979年
巻末付録50「文部省管轄高等教育機関一覧」(尾崎ムゲン作成)も参照。
「主要官職の任免変遷」で「東京文理科大学長(東京高等師範学校長)」が記載。
単行書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]