織田武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田 武雄(おだ たけお、1907年6月29日 - 2006年10月18日)は、日本人文地理学者京都大学名誉教授。 京都府出身。京都帝国大学卒。1961年、「古代地理学史の研究 ギリシア時代」で京都大学文学博士[1]関西学院大学教授、立命館大学教授を経て、1947年京都大学文学部助教授、1950年教授。1971年定年退官、名誉教授、関西大学教授。1978年、退任。

1948年人文地理学会初代会長に就任し1954年まで務めたほか、1958年から1962年、および1968年から1970年までの期間も会長に再任された[2]

著書[編集]

  • 『世界の縮小』三省堂出版 1956
  • 『古代地理学史の研究 ギリシア時代』柳原書店 1959
  • 『地図の歴史』講談社 1973
  • 『地図の歴史 世界篇/日本篇』1974 講談社現代新書
  • 『古地図の世界』講談社 1981
  • 『古地図の博物誌』古今書院 1998

共編著[編集]

記念論集[編集]

  • 『人文地理学論叢 織田武雄先生退官記念』柳原書店 1971

出典・脚注[編集]

  1. ^ 古代地理学史の研究 : ギリシア時代 織田武雄”. 国立国会図書館. 2012年8月23日閲覧。
  2. ^ 役員一覧 歴代会長”. 人文地理学会. 2012年8月23日閲覧。

参考[編集]


先代:
初代
帷子二郎
村松繁樹
人文地理学会会長
1948年 - 1954年
1958年 - 1962年
1968年 - 1970年
次代:
帷子二郎
藤岡謙二郎
山口平四郎
先代:
尾留川正平
日本地理学会会長
1974年 - 1976年
次代:
山本荘毅