加藤武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤 武夫
生誕 (1883-10-14) 1883年10月14日
日本の旗 日本 東京
死没 (1949-04-23) 1949年4月23日(65歳没)
居住 日本の旗 日本
研究分野 鉱床学
研究機関 明治専門学校東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

加藤 武夫(かとう たけお、1883年10月14日 - 1949年4月23日)は、日本鉱床学者地球科学者学位は、理学博士(1924年)。東京帝国大学教授等を歴任。帝国学士院会員。東京生まれ。なお、劇作家加藤道夫は子供、小説家加藤幸子は孫にあたる。

人物・生涯・業績[編集]

東京帝国大学地質学科を1907年に卒業、フライベルク鉱山大学留学1909年 - 1911年)。明治専門学校教授(1911年 - 1920年)を経て、東京帝国大学教授(1920年 - 1944年)。

1924年柵原鉱床の研究で理学博士1937年 - 1949年、帝国学士院会員[1]1940年華北政務委員会の嘱託に応じて北京大学理学院名誉教授を兼職。1943年帝大理学部長、1945年名誉教授となる。

火山岩の研究に始まり、日本列島朝鮮半島中国東北部に分布する様々なタイプの鉱床を研究し、地質構造の発展と鉱床の生成について論じて、日本の鉱床学の発展と体系化に多大な貢献をした。

米国学術雑誌 Economic Geology編集委員もつとめ、日本を代表する鉱床学者であった。

資源地質学会では、彼の業績を長く顕彰するため、加藤武夫賞を設け、鉱床学上の優れた研究成果をあげた会員に贈っている。

著書[編集]

  • 加藤武夫編 『主要鑛物百五十種分類表』冨山房、1915年。OCLC 673341548全国書誌番号:43013519 
  • 加藤武夫 『鑛床地質學』冨山房、1917年。OCLC 33733436全国書誌番号:43024708 
  • 加藤武夫 『自然科學地質概論』山海堂出版部、1931年。OCLC 673586396全国書誌番号:46092169 
  • 加藤武夫 『新編鑛床地質學』冨山房、1937年。OCLC 33748605全国書誌番号:46059394 
  • 加藤武夫 『鑛物界教科書参考書』(増訂版)冨山房、1937年。OCLC 672708537全国書誌番号:44018430 
  • 加藤武夫 『地學随筆』冨山房、1938年。OCLC 672999468全国書誌番号:46063460 
  • 加藤武夫・小林貞一編 『地学図集 : 教授用』目黒書店、1948年。OCLC 56087841全国書誌番号:52011186 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 物故会員一覧 (50音順) カ行”. 日本学士院. 2012年3月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
山崎直方
日本地理学会会長
1929年 - 1947年
次代
辻村太郎