西川治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 治(にしかわ おさむ、1925年6月16日 - 2019年11月2日[1])は、日本人文地理学者、東京大学名誉教授。

来歴[編集]

東京市本郷区(現東京都文京区)に生まれる。1944年第一高等学校理科卒業。1947年東京帝国大学理学部地理学科卒業、同副手。1949年, 助手。1955年から1958年まで西ドイツボン大学に留学。1958年、東京大学教養学部助教授。1961年、「日本における自然地域の変貌」で東京大学理学博士1971年、教授。1986年、定年退官[2]、名誉教授、立正大学教授。1996年、退職。 その後も、富士学会名誉会長などを務めていた[3]

2019年11月2日13時38分、急性腎不全のため東京都多摩市の病院で死去[1]。94歳没。死没日をもって従四位に叙される[4]

著書[編集]

  • 『人文地理学入門 思想史的考察』東京大学出版会 1985
  • 『地球時代の地理思想 フンボルト精神の展開』古今書院 1988
  • 『農村のヒューマンエコロジー』古今書院 1996
  • 『日本水土考の余滴 風土路人の尋牛録』デマンド 1999
  • 『日本観と自然環境 風土ロジーへの道』暁印書館 2002
  • 『地球人の地図思考 世界地図博物館創設を願って』暁印書館 2005
  • 『還暦後の悦生集』太虚学人私家版 2009

共編著[編集]

  • 『地理学と教養 人文地理学とその周辺』河辺宏田辺裕共編 古今書院 1971
  • 『地理学と世界 人文地理学とその周辺』河辺宏、田辺裕共編 古今書院 1971
  • 『人文地理学 内外からみた日本像』 旺文社(テレビ大学講座) 1982
  • 『人文地理学』放送大学教育振興会 1985
  • 『日本の自然』奈須紀幸共著 放送大学 1986
  • 『人文地理学の基礎 世界の中の日本像』 放送大学 1990
  • 『総観地理学講座 1 地理学概論』 朝倉書店 1996

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “西川治氏死去/東大名誉教授”. 四国新聞社. (2019年11月5日). https://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20191105000320 2019年11月6日閲覧。 
  2. ^ 西川治先生の履歴と業績目録」『人文科学科紀要 人文地理学』第9号、東京大学教養学部人文地理学研究室、1986年3月30日、 59-66頁、2012年7月28日閲覧。
  3. ^ 役員(平成27~29年度)”. 富士学会. 2018年6月3日閲覧。
  4. ^ 『官報』第148号11頁 令和元年12月9日号

外部リンク[編集]