吉川虎雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1956年

吉川 虎雄(よしかわ とらお、1922年3月14日 - 2008年8月19日)は、日本の地球科学者地形学)。東京大学名誉教授。理学博士(東京大学)。第6次南極地域観測隊隊長。

経歴[編集]

研究[編集]

海成段丘が、氷河性海面変動と隆起運動の結果で、形成されることをしめした論文[1]は、日本の第四紀研究、地形学を大きく前進させた。また、日本の山地地形の研究において、地殻変動と侵食との量的な検討を行い、日本の地形の特徴を「湿潤変動帯」と表現した[2]。これは、明治期以降日本の地形学の中心概念であったウィリアム・モーリス・ディヴィスの「侵食輪廻説」と大きく異なり、日本の山地の認識を大きく変えるものであった。

栄誉[編集]

著書[編集]

  • 『湿潤変動帯の地形学』東京大学出版会、1985年
  • 『大陸棚 その成立ちを考える』古今書院、1997年

共著[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 吉川虎雄・貝塚爽平太田陽子 (1964) 土佐湾北東岸の海成段丘と地殻変動. 地理評, 37, 627-648.
  2. ^ 吉川虎雄(1985)「湿潤変動帯の地形学」東京大学出版会

外部リンク[編集]