飯塚浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯塚 浩二(いいづか こうじ、1906年4月3日 - 1970年12月4日)は日本地理学者人文地理学が専門で、翻訳も手がけた。20世紀の日本を代表する地理学者の一人として知られる。東京大学出身で、長く教鞭もとったが、自然科学系統中心であった理学部の地理学教室とは一定の距離を置き、地理学のみならず経済学歴史学文化学総合科学の領域で幅広く活躍した。作詞家の岩谷時子はいとこ[1]

経歴[編集]

東京本郷の生まれ。父は飯塚啓1930年東京帝国大学経済学部を卒業。1932年にフランス政府の給費学生の試験に合格し渡仏。ソルボンヌ大学地理学教室にて学ぶ。帰国後、1941年に立教大学経済学部教授、1943年には東京帝国大学教授に就任。同大の附属東洋文化研究所に勤務。戦後、同所長になる。東大の学部でも人文地理学の講義を受け持った。1967年に定年退官。

1953年12月京都大学より文学博士。題は「人文地理学説史 : 方法論のための学説史的反省 」[2]

人文地理学の出身なので、自然地理学方面は少ないが著作や論文は多数。「人文地理学説史」など方法論に言及した著作など地理学全般に大きな影響を与えた。また、地理学のみならず、歴史や比較文化日本人論などでも知られ、その内容は多岐におよび、地理学のみならず社会学や歴史学、経済学方面からも注目を受けていた。また翻訳でも知られ、中でもポール・ヴィダル・ドゥ・ラ・ブラーシュの『人文地理学原理』やリュシアン・フェーヴルの『大地と人類の進化』の翻訳は評価が高くよく知られている。いずれも内容は人文地理学に関する著作であるが、社会学や歴史学、方面の人物にも広く読まれた著作であった。

1970年に死去。64歳であった。

著作[編集]

  • 『社会地理学の動向』刀江書院 1932
  • 『北緯七十九度』三省堂 1938 『北緯79度 北欧・西欧紀行』筑摩叢書、1980
  • 『国土と国民』古今書院 1944
  • 『世界史における東洋社会』毎日新聞社 毎日選書 1948
  • 『地理学批判 社会科学の一部門としての地理学』帝国書院 1948
  • 『比較文化論』白日書院 1948
  • 『人文地理学説史 方法論のための学説史的反省』日本評論社 1949
  • 『日本の軍隊』東大協同組合出版部 1950
    • 『日本の軍隊 日本文化研究の手がかり』評論社 復初文庫 1968 岩波書店・同時代ライブラリー、1981 岩波現代文庫
  • 『人文地理学』有斐閣 1950
  • 『東洋の文化』福村書店 中学生歴史文庫 1951
  • 『日本の精神的風土』岩波新書 1952
  • 『アジアのなかの日本』中央公論社 1960
  • 『東洋史と西洋史とのあいだ』岩波書店 1963
  • 『東洋への視角と西洋への視角』岩波書店 1964
  • 『危機の半世紀』文芸春秋新社 1965
  • 『地理学と歴史』古今書院 1966
  • 『地理学方法論』古今書院 1968
  • 『ヨーロッパ・対・非ヨーロッパ』岩波書店 1971
  • 『満蒙紀行』筑摩書房 1972
  • 飯塚浩二著作集』全10巻 平凡社、1974-76
1 (比較文化論,東洋への視角と西洋への視角).平凡社 1974.
2 (東洋史と西洋史とのあいだ・世界史における東洋社会).1975.
3 (ヨーロッパ・対・非ヨーロッパ,北緯79度).1975
4 (アジアのなかの日本).1975
5 (日本の精神的風土・日本の軍隊).1976
6 (人文地理学説史・地理学批判).1975
7 (人文地理学・地理学と歴史).1976
8 (世界と日本・わが国土).1975
9 (危機の半世紀).1975
10 (満蒙紀行).1976

共著・編著[編集]

  • 『近代日本の特異性』岡義武,木村健康共著 白日書院 1948 東洋文化講座 1948
  • 『世界の歴史』全4巻 江上波夫共著 毎日新聞社 1949
  • 『あれから七年 学徒戦犯の獄中からの手紙』編 光文社 1953
  • 『世界と日本 明日のための人文地理』編著 大修館書店 1955-57
  • 『わが国土 12 日本のあらまし』吉川虎雄共著 国民図書刊行会 1956
  • 『アジアの人びと』編 牧書店 学校図書館文庫 1957
  • 『社会』編 有斐閣 1960-61
  • 巣鴨プリズン三部作 『われ死ぬべしや』『壁あつき部屋』『あれから七年』 編集復刻版 編集 不二出版 2013

翻訳[編集]

上巻のみ。翻訳の途中で飯塚が病に倒れたため下巻は田辺裕訳。

脚注[編集]

  1. ^ 岩谷時子「いとこ同士」『飯塚浩二著作集6』月報4、平凡社、1975年
  2. ^ 博士論文書誌データベース