東京大学出版会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京大学出版会
正式名称 一般財団法人東京大学出版会
英文名称 University of Tokyo Press
種類 一般財団法人
出版者記号 13
取次コード 5149
法人番号 9010005004251
設立日 1951年3月[1]
代表者 東京大学総長[1]
本社郵便番号 153-0041
本社所在地 東京都目黒区駒場4-5-29
北緯35度42分51.3秒東経139度45分50秒[1]
従業員数 36名(2015年10月現在)[1]
外部リンク http://www.utp.or.jp/
テンプレートを表示

一般財団法人東京大学出版会(とうきょうだいがくしゅっぱんかい、英称:University of Tokyo Press)は、東京大学の出版部に当たる法人。東京大学総長を会長とし、東京大学の活動に対応した書籍の出版を主に行う。

概要[編集]

  • 1951年3月に、当時の東京大学総長南原繁の発案によって、日本の国立大学で最初の大学出版部として設立された。「学問の普及、学術の振興」を目的に掲げ、大学の研究成果に基づく学術書、学内向けの教科書・教材、東京大学史料編纂所編纂の『大日本史料』等の史料集、一般向けの教養書を主として、年間百数十点を刊行している。東京大学教養学部の「基礎演習」のテキストとしても使用している『知の技法』はベストセラーとなった。
  • 1958年以来「学術書刊行基金」を設置し、若手研究者による研究成果の刊行に対し助成を行っている。
  • 理事を学部や研究所から迎えるなど東京大学本体との関係は深いが、独立した組織となっている。
  • 月一回『UP』というタイトルのPR誌を発行している。
  • 2011年に創立60周年を記念し「学問の入り口」フェアー知のチカラ×未知のチカラを開催するなど、学術分野への貢献も高い。

所在地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 東京大学出版会の概要”. 東京大学出版会. 2016年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]