中野尊正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中野 尊正(なかの たかまさ、1920年6月25日 - 2010年6月24日)は日本の地理学者東京都立大学理学部名誉教授。地形学地図学を専門とする。正四位勲三等旭日中綬章

略歴[編集]

1942年東京帝国大学地理学科卒業後、地理調査所技官に任官。

1962年10月、東京都立大学教授就任。1984年3月定年退職。

第四紀学の諸分野のうち、地形とくに平野の地形学を発展させ、さらに災害・土地保全研究を行った。

1984年6月 東京都立大学名誉教授。

1994年11月 勲三等旭日中綬章受章。

著書[編集]

  • 『図説世界地理 北ヨーロッパ』偕成社、1956 
  • 『日本の平野 冲積平野の研究』古今書院 1956
  • 『図説日本地理 中国・四国』偕成社、1957 
  • 『日本の地理の図鑑』講談社 1959 
  • 『少年少女地理 日本の国土 7 北海道地方』偕成社、1962 
  • 「日本の0 メートル地帯」(1963年 東大新書
  • 「日本の地形」(1967年 築地書館
  • 「地図との対話」(1978年 講談社現代新書

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • G.A.スチュワート編『地域の計量と評価』訳編 鹿島研究所出版会 1973  
  • Gilbert F.White, J.Eugene Haas 編著『自然災害への挑戦 研究の現状と展望』安倍北夫共監訳 ブレーン出版 1980