蓮實重彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「蓮實重彥」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
蓮實重彥
人物情報
生誕 1936年4月29日(80歳)
日本の旗 日本 東京府
出身校 東京大学
配偶者 蓮實シャンタル(Chantal Hasumi
子供 蓮実重臣
学問
研究分野 フランス文学表象文化論映画論
研究機関 東京大学
主な受賞歴 読売文学賞 評論・伝記賞 『反=日本語論』(1978年
芸術選奨 文部大臣賞 『凡庸な芸術家の肖像』(1989年
芸術文化勲章 コマンドゥール1999年
三島由紀夫賞『伯爵夫人』(2016年
公式サイト
あなたに映画を愛しているとは言わせない
テンプレートを表示

蓮實 重彥(はすみ しげひこ、1936年(昭和11年)4月29日 - )は、東京府生まれのフランス文学者パリ大学博士)、映画評論家文芸評論家編集者小説家。第26代東京大学総長、同大学名誉教授

経歴[編集]

『反=日本語論』で第29回読売文学賞を受賞[1]。2007年、『「赤」の誘惑 フィクション論序説』を発表[2]。2008年、7年ぶりとなる批評集『映画崩壊前夜』を発表する[3]。そのほかの著書に『批評あるいは仮死の祭典』(1974年)、『表層批評宣言』(1985年)などがある[4]。2014年、大著『「ボヴァリー夫人」論』が刊行された[5]。2016年、小説『伯爵夫人』で第29回三島由紀夫賞を受賞した[6]

立教大学非常勤講師時代の「映画表現論」の教え子として映画監督の黒沢清青山真治などがいる[7]

年表[編集]

  • 1936年 - 東京府(現・東京都麻布区(現・港区)六本木町(現・六本木)に生まれる。父は美術史家蓮實重康
  • 1943年 - 学習院初等科へ入学。
  • 1949年 - 学習院中等科へ進学。
  • 1952年 - 学習院高等科へ進学。
  • 1955年 - 大学受験に失敗。研数学館で浪人生活を送る。
  • 1956年 - 東京大学教養学部文科二類(現・三類)へ入学。
  • 1958年 - 東京大学文学部仏蘭西文学科へ進学。
  • 1960年 - 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程修士課程へ進学。
  • 1962年 - 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程博士課程へ進学(同年4月)。フランス政府給費留学生として渡仏(同年9月)。パリ第4大学文学人文学博士課程へ進学(同年10月)。指導教員はロベール・リカット教授。
  • 1965年 - パリ第4大学へ博士論文 "La méthode psychologique de Flaubert d'après Madame Bovary"(「ボヴァリー夫人」を通してみたフローベールの心理の方法)を提出し博士の学位を取得。
  • 1966年 - 東京大学博士課程を中退(同年3月)。東京大学文学部助手に就任(同年4月)。学習院大学文学部フランス文学科非常勤講師を併任(同年9月)。フランス留学中に知り会ったベルギー人のマリー=シャンタル・ヴァン・メンケベークと結婚(同年12月)。
  • 1967年 - 長男重臣が誕生(同年12月)。
  • 1968年 - 立教大学一般教育部講師に就任(同年4月)。東京大学文学部フランス文学科非常勤講師を併任。
  • 1969年 - 立教大学一般教育部助教授に昇格(同年4月)。
  • 1970年 - 東京大学教養学部講師に就任(同年4月)。立教大学非常勤講師を併任し映画表現論を担当。
  • 1971年 - パリ第7大学に日本語教師として着任。約1年間をパリで過ごす。
  • 1974年 - 東京大学教養学部助教授に昇格(同年4月)。
  • 1975年 - 東京大学教養学部で映画論ゼミを開講。
  • 1985年 - 季刊映画誌『リュミエール』(全14冊)を個人責任編集により発刊(1988年廃刊)。
  • 1987年 - 東京大学教養学部表象文化論分科で映画論を担当。
  • 1988年 - 東京大学教養学部教授に昇格(同年4月)。
  • 1989年 - 『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン』が芸術選奨文部大臣賞評論等部門を受賞(同年2月)。
  • 1990年 - 東京大学大学院総合文化研究科に表象文化論研究室が新設され東京大学大学院教授に職位改称(同年4月)。
  • 1993年 - 東京大学教養学部長を併任(同年2月)。
  • 1994年 - フランス政府より芸術文化勲章(シュヴァリエ)を授与される(同年5月)。
  • 1995年 - 東京大学教養学部長を退任(同年2月)。東京大学副学長を併任(同年4月)。
  • 1997年 - 東京大学副学長を退任(同年3月)。東京大学教員を定年退官(同年3月)。第26代東京大学総長に就任(同年4月)。パリ第8大学より名誉博士号を授与される(同年12月)。
  • 1999年 - 「Yasujiro Ozu」がフランス映画批評家協会文芸賞・最優秀仏訳海外著作物に選出される(同年2月)。フランス政府より芸術文化勲章(コマンドール)を授与される(同年2月)。
  • 2001年 - 東京大学総長を退任(同年3月)。東京大学名誉教授の称号を得る(同年5月)。
  • 2016年 - 22年ぶりに発表した小説『伯爵夫人』(『新潮』4月号)で第29回三島由紀夫賞を受賞[8]

草野進との関係[編集]

草野 進(くさの しん)は、1982年 - 1989年の間『』『GS-たのしい知識-La gaya scienza』『Sports Graphic Number』を舞台に活動した、女性プロ野球評論家。雑誌連載は後に総てが単行本化されている。

草野進は蓮實か、蓮實と渡部直己との共同ペンネームではないかと見る向きもあった。蓮實の弟子の玉木正之は前者を主張している[9]

エピソード[編集]

三島由紀夫賞受賞の記者会見において不機嫌であったことから、受賞を喜んでいるかと記者から問われると、「はた迷惑な話だと思っております。80歳の人間にこのような賞を与えるという機会が起こってしまったことは、日本の文化にとって非常に嘆かわしいことだと思っております」と答え、いしいしんじのような若手が受賞に相応しいとし、自分を選んだことを「暴挙」とまで言い放った。記者から、蓮實自身が80歳の黒田夏子早稲田文学新人賞に選び、次いで黒田が芥川龍之介賞を受賞したことを問われると、年齢的な若さの話をしてるのではなく、黒田自身も作品も若々しいので一切問題ないと答えた[10]

この蓮實の受賞会見を受け、6年前に同じ賞を受賞した東浩紀は、事前に主催者側から「もし受賞したらお受けするつもりはありますか」という念押しの電話がかかってくることを明かした上で、蓮實の態度を「何十年も繰り返されてきた『芸風』」だとして、「かっこ悪いからやめればいいのに」という意見を自身のTwitterで述べた[11]辻仁成も、受賞者には必ず出版社から事前に確認連絡が来ることを指摘し、本当に迷惑ならばその段階で辞退するべきだったとして、蓮實が予め受賞を受け入れながら「はた迷惑」だと言うことこそ「暴挙」であり、「若手に失礼」だと自身のTwitterでコメントした[12][13]。蓮實のインタヴューを受けたこともある北野武は、『新・情報7days ニュースキャスター』で「いいねぇ、蓮實さん。切れ味鋭いねぇ」と述べて、この会見を称賛した[14]石原千秋は『産経ニュース』の「文芸時評」において、蓮實の言葉には「私を作家として扱うな」と「質問するなら私の本ぐらい読んでおけ」という2つのメッセージが込められているのだろう、と分析した[15]

著書[編集]

  • 『批評あるいは仮死の祭典』せりか書房、1974
  • 『反=日本語論』筑摩書房、1977 (読売文学賞受賞)。のちちくま文庫、ちくま学芸文庫
  • フーコードゥルーズデリダ』朝日出版社、1978 のち河出文庫
  • 夏目漱石論』青土社、1978 のち福武文庫、講談社文芸文庫
  • 『蓮實重彦の映画の神話学』泰流社、1979、のち『映画の神話学』ちくま学芸文庫
  • 『映像の詩学』筑摩書房、1979 のちちくま学芸文庫
  • 『表層批評宣言』筑摩書房、1979 のちちくま文庫
  • 『「私小説」を読む』中央公論社、1979、のち講談社文芸文庫
  • 大江健三郎論』青土社、1980
  • 『事件の現場 言葉は運動する』朝日出版社、1980
  • 『小説論=批評論』青土社、1982(のち改題『文学批判序説 小説論=批評論』、河出文庫)
  • 『映画 誘惑のエクリチュール』冬樹社、1983 のちちくま文庫
  • 『監督 小津安二郎』筑摩書房、1983(仏語・韓国語訳刊)、増補版2003。のちちくま学芸文庫
  • 『物語批判序説』中央公論社、1985 のち新版、中公文庫
  • 『シネマの記憶装置』フィルムアート社、1985
  • 『マスカルチャー批評宣言 物語の時代』冬樹社、1985
  • 『映画はいかにして死ぬか 横断的映画史の試み』フィルムアート社、1985
  • 『シネマの煽動装置』話の特集、1985
  • 『凡庸さについてお話させていただきます』中央公論社、1986
  • 『陥没地帯』(小説)哲学書房、1986 のち河出文庫
  • 『凡庸な芸術家の肖像 マクシム・デュ・カン論』青土社、1988(芸術選奨文部大臣賞受賞)、のちちくま学芸文庫・講談社文芸文庫、各上下
  • 『映画からの解放 小津安二郎『麦秋』を見る』河合ブックレット、1988
  • 『小説から遠く離れて』日本文芸社、1989 のち河出文庫
  • 『饗宴』1-2(対談集)日本文芸社、1990
  • 『帝国の陰謀』日本文芸社、1991
  • 『ハリウッド映画史講義 翳りの歴史のために』筑摩書房、1993
  • 『映画巡礼』マガジンハウス、1993
  • 『絶対文藝時評宣言』河出書房新社、1994 のち河出文庫
  • 『魂の唯物論的な擁護のために』日本文芸社、1994
  • 『オペラ・オペラシオネル』(小説)河出書房新社、1994
  • 『映画に目が眩んで 口語篇』中央公論社、1995
  • 『知性のために 新しい思考とそのかたち』岩波書店、1998
  • 『齟齬の誘惑』東京大学出版会、1999
  • 『映画狂人シリーズ』(全10巻)
    • 映画狂人日記 河出書房新社、2000
    • 映画狂人、神出鬼没 河出書房新社、2000
    • 帰ってきた映画狂人 河出書房新社、2001
    • 映画狂人、語る。 河出書房新社、2001
    • 映画狂人、小津の余白に 河出書房新社、2001
    • 映画狂人シネマ事典 河出書房新社、2001
    • 映画狂人シネマの煽動装置 河出書房新社、2001
    • 映画狂人のあの人に会いたい 河出書房新社、2002
    • 映画狂人万事快調 河出書房新社、2003
    • 映画狂人最後に笑う 河出書房新社、2004
  • 『私が大学について知っている二、三の事柄』東京大学出版会、2001
  • 『映画への不実なる誘い 国籍・演出・歴史』NTT出版、2004
  • 『スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護』青土社、2004
  • 『魅せられて 作家論集』河出書房新社、2005
  • 『ゴダール革命』筑摩書房、2005
  • 『表象の奈落 フィクションと思考の動体視力』青土社、2006
  • 『「赤」の誘惑 フィクション論序説』新潮社、2007
  • 『ゴダール・マネ・フーコー 思考と感性とをめぐる断片的な考察』NTT出版、2008
  • 『映画崩壊前夜』青土社、2008
  • 『映画論講義』東京大学出版会、2008
  • 『随想』新潮社、2010
  • 『映画時評2009-2011』講談社、2012
  • 『「ボヴァリー夫人」論』筑摩書房、2014 
  • 『「ボヴァリー夫人」拾遺』羽鳥書店、2014
  • 『伯爵夫人』新潮社、2016

共編著[編集]

  • 『オールド・ファッション-普通の会話-(東京ステーションホテルにて)』江藤淳との対談 中央公論社、1985 のち文庫
  • 『シネマの快楽』武満徹との対談 リブロポート、1986
  • 『闘争のエチカ』柄谷行人との対談 河出書房新社、1988 のち文庫
  • 『映画千夜一夜』淀川長治山田宏一との鼎談 中央公論社、1988 のち文庫
  • 小津安二郎物語 厚田雄春共著 筑摩書房、1989(リュミエール叢書)
  • 読売巨人軍再建のための建白書 草野進・渡部直己 1989(角川文庫)
  • 成瀬巳喜男の設計 美術監督は回想する 中古智共著 筑摩書房、1990(リュミエール叢書)
  • シネクラブ時代 淀川長治共編 フィルムアート社、1990
  • 光をめぐって 映画インタビュー集 編著 筑摩書房、1991(リュミエール叢書)
  • ミシェル・フーコーの世紀 渡邊守章共編 筑摩書房、1993
  • いま、なぜ民族か 山内昌之共編 東京大学出版会、1994(Up選書)
  • 誰が映画を畏れているか 山根貞男共著 講談社、1994
  • リュミエール元年 ガブリエル・ヴェールと映画の歴史 編著 筑摩書房、1995
  • 文明の衝突か、共存か 山内昌之共編 東京大学出版会、1995(UP選書)
  • 地中海終末論の誘惑 山内昌之共編 東京大学出版会、1996(UP選書)
  • われわれはどんな時代を生きているか 山内昌之共著 講談社現代新書、1998
  • 20世紀との訣別 歴史を読む 山内昌之共著 岩波書店、1999
  • 蓮實養老縦横無尽 学力低下・脳・依怙贔屓 養老孟司 哲学書房、2001
  • 傷だらけの映画史 ウーファからハリウッドまで 山田宏一対談 中公文庫、2001
  • 「知」的放蕩論序説 共著 河出書房新社、2002
  • 国際シンポジウム小津安二郎 山根貞男・吉田喜重共編 2004(朝日選書)
  • 成瀬巳喜男の世界へ リュミエール叢書 山根貞男共編 筑摩書房、2005
  • 国際シンポジウム溝口健二 山根貞男共編著 朝日選書、2007

翻訳[編集]

  • 人生論書簡(フロオベール)世界人生論全集 第10 筑摩書房、1963
  • フローベール全集 第8 書簡 第1 平井照敏共訳 野を越え・磯を越えて(抄) 筑摩書房、1967
  • 去年マリエンバートで・不滅の女 アラン・ロブ=グリエ 天沢退二郎共訳 筑摩書房、1969
  • ゴダール全集 1–4 柴田駿 竹内書店、1970-71
  • 世界文学全集 フロオベエル 三つの物語 講談社、1971
  • 『マゾッホとサド』ジル・ドゥルーズ 晶文社、1973
  • 『フーコーそして / あるいはドゥルーズ』フーコー、ドゥルーズ 小澤書店、1975
  • 映画の夢夢の批評 フランソワ・トリュフォー 山田宏一共訳 たざわ書房、1979
  • 映像の修辞学 ロラン・バルト 杉本紀子共訳 朝日出版社、1980(エピステーメー叢書)
  • トリュフォーそして映画 山田宏一共訳 話の特集、1980
  • 『映画術ヒッチコック』山田宏一共訳、フランソワ・トリュフォーアルフレッド・ヒッチコックなど。晶文社、1981
  • 映画
  • 『ドキュメント黒澤明 A・K』クリス・マイケル、1985(ナレーションも担当)『黒澤明 創造の軌跡 黒澤明ザ・マスターワークス補完映像集』に収録
  • 編集

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売文学賞 第21回(昭和44年度)~第30回(昭和53年度)”. 読売新聞. 2013年6月9日閲覧。
  2. ^ 「赤」の誘惑 フィクション論序説 蓮實重彦著”. 朝日新聞 (2007年5月6日). 2013年6月9日閲覧。
  3. ^ 映画崩壊前夜 蓮實重彦さん”. 朝日新聞 (2008年8月24日). 2013年6月9日閲覧。
  4. ^ 蓮實重彦”. PHP研究所 (1997年). 2013年6月9日閲覧。
  5. ^ 『ボヴァリー夫人』論 蓮實重彦さん”. BOOK.asahi.com (2014年9月28日). 2016年6月11日閲覧。
  6. ^ 『三島賞』に蓮實重彦&『山本周五郎賞』に湊かなえ、押切もえは受賞逃す”. CINRA.NET (2016年5月16日). 2016年6月11日閲覧。
  7. ^ 『映画長話』蓮実重彦、黒沢清、青山真治著 偏愛ぶりが普通じゃない”. 福井新聞 (2011年9月12日). 2013年6月9日閲覧。
  8. ^ “蓮實重彦氏、『三島由紀夫賞』受賞も「暴挙。非常に迷惑な話」”. ORICON STYLE. (2016年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2071764/full/ 2016年5月17日閲覧。 
  9. ^ 草野進のプロ野球評論は何故に「革命的」なのか?(玉木正之コラム・スポーツ編アーカイブ)
  10. ^ 蓮實重彦さん、報道陣に「馬鹿な質問はやめていただけますか」 三島由紀夫賞を受賞ハフィントンポスト 2016年5月17日
  11. ^ 東浩紀氏 蓮實重彦氏が三島由紀夫賞を「迷惑」とした件を「ただの芸風」”. livedoor ニュース (2016年5月18日). 2016年6月11日閲覧。
  12. ^ 辻仁成、蓮實重彦氏を批判 「はた迷惑」発言は「若手に失礼」”. ORICON STYLE (2016年5月17日). 2016年6月11日閲覧。
  13. ^ 辻仁成「若手に失礼」重鎮・蓮實重彦を痛烈批判で称賛の声”. 日刊大衆 (2016年5月21日). 2016年6月11日閲覧。
  14. ^ ビートたけしが蓮實重彦氏の辛辣会見を称賛「切れ味鋭い」”. livedoor ニュース (2016年5月22日). 2016年6月11日閲覧。
  15. ^ 不機嫌なメッセージ 早稲田大学教授・石原千秋 (1/3)”. 産経ニュース (2016年5月29日). 2016年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]