東京大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 東京大学医学部附属病院
University of Tokyo Hospital.JPG
情報
英語名称 The University of Tokyo Hospital
標榜診療科 内科・循環器科・呼吸器科・神経科
精神科・小児科・外科・心臓血管外科
脳神経外科・整形外科・形成外科
小児外科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科
泌尿器科・産婦人科・放射線科
麻酔科・リハビリテーション科・歯科
矯正歯科
許可病床数

1210床
一般病床:1150床


精神病床:60床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 国立大学法人東京大学
管理者 齊藤延人(病院長)
開設年月日 1858年
所在地
113-8655
東京都文京区本郷七丁目3番1号
位置 北緯35度42分41秒 東経139度45分56秒 / 北緯35.71139度 東経139.76556度 / 35.71139; 139.76556
二次医療圏 区中央部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

東京大学医学部附属病院(とうきょうだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、東京都文京区本郷七丁目にある東京大学医学部附属の大学病院である。略称は東大病院(とうだいびょういん)。以前存在した同病院分院についても本記事内で解説する。

理念・目標[編集]

  • 理念
    • 当院は臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する
  • 目標
    • 患者の意思を尊重する医療の実践
    • 安全な医療の提供
    • 高度先進医療の開発
    • 優れた医療人の育成

沿革[編集]

診療科[編集]

  • 内科部門
    • 総合内科
    • 循環器内科
    • 呼吸器内科
    • 消化器内科
    • 腎臓・内分泌内科
    • 糖尿病・代謝内科
    • 血液・腫瘍内科
    • アレルギー・リウマチ内科
    • 感染症内科
    • 神経内科
    • 老年病科
    • 心療内科
  • 外科部門
    • 一般外科
    • 胃・食道外科
    • 大腸・肛門外科
    • 肝・胆・膵外科
    • 血管外科
    • 乳腺・内分泌外科
    • 人工臓器・移植外科
    • 心臓外科
    • 呼吸器外科
    • 脳神経外科
    • 麻酔科・痛みセンター
    • 泌尿器科・男性科
    • 女性外科
  • 感覚・運動機能科部門
    • 皮膚科・皮膚光線レーザー科
    • 眼科・視覚矯正科
    • 整形外科・脊椎外科
    • 耳鼻咽喉科・聴覚音声外科
    • リハビリテーション科
    • 形成外科・美容外科
    • 顎口腔外科・歯科矯正歯科
  • 小児・周産・女性科部門
    • 小児科
    • 小児外科
    • 女性診療科・産科
  • 精神神経科部門
    • 精神神経科
  • 放射線科部門
    • 放射線科

医療機関の指定等[編集]

厚生労働省より、国際水準の臨床研究等の中心的役割を担う国内の中核病院として、「臨床研究中核病院」に指定されている[1]

  • 臨床研究中核病院[2]
  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、小児科、外科系)
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関(未熟児医療)
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 特定機能病院
  • 災害拠点病院
  • 救命救急センター
  • 臨床研修指定病院
  • がん診療連携拠点病院
  • エイズ治療拠点病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • DPC対象病院
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 総合周産期母子医療センター

アクセス[編集]

分院[編集]

東京大学医学部附属病院分院(とうきょうだいがくいがくぶふぞくびょういんぶんいん)は、東京都文京区にかつてあった大学病院である。小石川分院とも呼ばれるが、所在地は小石川植物園などとは隔たった目白台である。

医術開業試験の試験場として設立された通称「永楽病院」が前身である。当時は患者を無料で診療していたが、医術開業試験の廃止に伴い東京帝国大学へ移された後に順次有料化された。1952年(昭和27年)に胃カメラが開発された地である。

閉院後の建物は、本郷キャンパスの改新築に伴って諸部局が一時待避するなどしている。将来的には外国人研究者・留学生向けの宿舎や文系の研究所を建設する計画がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]