慶應義塾大学病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 慶應義塾大学病院
Keio University Hospital 2014.JPG
情報
英語名称 Keio University Hospital
標榜診療科 内科、消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、リウマチ科、神経内科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、放射線治療科、放射線診断科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科、救急科
許可病床数 1044床
職員数 医師:854人、歯科医師28人、看護師:1026人、薬剤師:100人、コメディカル:314人、事務職員:332人
開設者 慶應義塾
管理者 北川雄光(病院長)
開設年月日 1920年
所在地
160-8582
位置 北緯35度40分54秒
東経139度43分5秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
慶應病院(新棟)

慶應義塾大学病院(けいおうぎじゅくだいがくびょういん) は、東京都新宿区信濃町35番地にある慶應義塾設置の大学病院。略称は慶應病院、もしくは慶大病院

概要[編集]

1920年(明治53年)に開院。初代病院長は「日本の細菌学の父」である北里柴三郎(医学部長兼任)。

2015年(平成27年)現在、病床数 1,044床、年間外来患者数 延べ人数 :827,169人 / 1日平均 :3,064人、年間入院患者数 延べ人数 :287,298人 / 1日平均 :785人、年間救急患者数 :17,478人。

診療受付は、午前8時40分~午前11時00分。休診日は、日曜・祝日、第1・3土曜日、年末年始(12月30日~1月4日)、慶應義塾の休日(1月10日・4月23日)である。

石原裕次郎夏目雅子藤子不二雄岡本太郎遠藤周作田中角栄坂井泉水等多くの芸能人、著名人、政治家が本院を利用している。

医療用ロボットの導入にも積極的で、2000年3月にアジアで初めて手術用ロボット「da Vinci」を導入した。

2009年(平成21年)、複雑心奇形の患児の生体肝移植の手術を行い、世界で初めて成功[1]

2013年(平成25年)、難聴のマウスの内耳にある細胞を再生し、聴力を回復させることに成功(岡野栄之教授)。

厚生労働省より、国際水準の臨床研究等の中心的役割を担う国内の中核病院として、「臨床研究中核病院」に指定されている[2]

理念・行動指針[編集]

  1. 患者さんに優しく患者さんに信頼される患者さん中心の医療を行います
  2. 先進的医療を開発し質の高い安全な医療を提供します
  3. 豊かな人間性と深い知性を有する医療人を育成します
  4. 人権を尊重した医学と医療を通して人類の福祉に貢献します

沿革[編集]

指定施設[編集]

診療科等[編集]

先進医療[編集]

2008年(平成20年)11月1日現在、以下の先進医療を扱っている[4]

慶應義塾大学関連病院会[編集]

福澤諭吉北里柴三郎の訓えを生かし、最新の医学・医療・病院運営などに関する知識および情報を共有するために、本院は様々な病院と提携し、医療ネットワーク「慶應義塾大学関連病院会」を形成している[5]。ここでは、関連病院の中でも一部の大規模病院のみ記述する。

                         など他多数

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 慶應義塾大学 プレスリリース
  2. ^ 厚生労働省 - 臨床研究中核病院について
  3. ^ 臨床研究中核病院について(厚生労働省)
  4. ^ 厚生労働省ホームページ:先進医療を実施している医療機関の一覧
  5. ^ 慶應義塾大学関連病院会
  6. ^ 交通のご案内 : 慶應義塾大学病院

関連項目[編集]

公式サイト[編集]