開化派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
開化派
各種表記
ハングル 개화파 / 독립당
漢字 開化派 / 獨立黨
発音 ケファパ / トクリプダン
日本語読み: かいかは / どくりつとう
ローマ字転写: Gaehwapa / Dokripdang
テンプレートを表示

開化派(かいかは、: 개화파、ケファパ)は、李氏朝鮮末期の政治グループ。別称独立党

概要[編集]

明治維新などの影響を受けて1870年代に朝鮮宮廷内の青年貴族官僚(両班)を中心に形成され、日本と結んで朝鮮のからの自主独立近代化を目指した。1882年壬午事変以後、清と結ぶ保守的な事大党と対立。

1884年金玉均朴泳孝らが中心となり、福沢諭吉邸を拠点に、慶應義塾(現・慶應義塾大学)の関係者が全面協力し、密かに武器弾薬を送って彼らに決起を促し、更に福沢の紹介で井上馨外務卿を通じて横浜正金銀行から朝鮮政府に資金を融通するなど革命工作を進める。(ただし平山洋によれば、甲申政変後に亡命独立党員を支援した事実は確認できたが、政変前に福沢が関与した証拠は発見されていない[1]。)50名程の朝鮮人留学生が留学し、後藤象二郎花房義質竹添進一郎副島種臣などの薫陶を受け、陸軍からは三浦梧楼岡本柳之助が暗躍した。日本の援助で甲申政変を起こし政権を握ったが、清の介入で3日で失敗し金玉均・朴泳孝らは日本に亡命した。

1894年日清戦争時に親日政権に参加し再び政権を握ったが、1895年事大党だった親露派に追われた。

脚注[編集]

  1. ^ 『アジア独立論者 福沢諭吉 脱亜論・朝鮮滅亡論・尊王論をめぐって』、 65-105頁、第4章「福沢諭吉は朝鮮甲申政変の黒幕か?」

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]