信濃町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
信濃町駅
Shinanomachi Station-2.jpg
JR信濃町ビル(2018年4月)
しなのまち
Shinanomachi
JB 14 四ツ谷 (1.3 km)
(0.7 km) 千駄ケ谷 JB 12
所在地 東京都新宿区信濃町34
北緯35度40分48.3秒 東経139度43分12.9秒 / 北緯35.680083度 東経139.720250度 / 35.680083; 139.720250座標: 北緯35度40分48.3秒 東経139度43分12.9秒 / 北緯35.680083度 東経139.720250度 / 35.680083; 139.720250
駅番号 JB13
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央・総武線(各駅停車)
(正式には中央本線
キロ程 6.6 km(神田起点)
千葉から44.0 km
電報略号 シチ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
15,257人/日(降車客含まず)
-2020年-
開業年月日 1894年明治27年)10月9日[1]
備考 直営駅
山区 東京山手線内東京都区内
テンプレートを表示

信濃町駅(しなのまちえき)は、東京都新宿区信濃町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。駅番号JB 13。新宿区最南端の駅である。また、中央本線において、起点の神田駅(東京駅)から起算して乗り換えのない最初の単独駅でもある。

当駅には、緩行線を走る中央・総武線各駅停車のみが停車する。また、特定都区市内制度における「東京都区内」および「東京山手線内」に属する。

駅舎は信濃町に立地するが、ホームは信濃町と南元町にまたがっており、千駄ケ谷駅寄りは信濃町に、四ツ谷駅寄りは南元町となる。

歴史[編集]

東京オリンピックで賑わう信濃町駅(1964年)

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホームの上に駅ビルの「JR信濃町ビル」(1993年2月竣工・開業)があり、駅ビル1階部分が改札口となっている。駅ビルは地上6階地下2階建て延べ床面積20,260平方メートルで、上層階にはオフィスが入っている[5]。当駅は地上駅だが、明治神宮外苑側の標高が高いことから、ホームから階段などで上った場所にある改札口が外に段差なく直結している。すぐ南側を首都高速4号新宿線が並走している。

駅ビル完成(1992年10月)までは西隣の千駄ケ谷駅と同様に臨時ホームが下り線南側にあった。臨時ホームは、1980年頃までは、明治神宮野球場東京六大学野球などが開催される土曜日・日曜日を中心に使用されていたが、次第に使用されなくなった。駅ビル完成直後も四ツ谷寄りにホームの一部が残っていたが、後に撤去された。

かつてはみどりの窓口が設置されていたが、2008年2月20日をもって営業を終了した。2019年2月1日より、始発から午前6時30分までの早朝の時間帯は、遠隔対応(インターホン対応は四ツ谷駅が行う)のため改札係員は不在となり、一部の自動券売機のみが稼働する[6]

駅ビル1・2階には「アトレヴィ信濃町」があり、5店舗が入居している。2021年2月1日に、「アトレ信濃町」としてリニューアルされている[報道 3][報道 4]

2020年東京オリンピックパラリンピック開催に向けて、トイレの拡幅やエレベーター増設、ホームドアの設置が行われている[報道 5]。なお、中央・総武線系統でホームドア設置が予告されたのは、千駄ケ谷駅とともに2駅目となる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 JB 中央・総武線(各駅停車) 東行 秋葉原船橋方面
2 西行 新宿三鷹方面

(出典:JR東日本:駅構内図

利用状況[編集]

2020年(令和2年)度の1日平均乗車人員15,257人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1990年(平成02年) 27,704 [* 1]
1991年(平成03年) 27,855 [* 2]
1992年(平成04年) 29,258 [* 3]
1993年(平成05年) 30,967 [* 4]
1994年(平成06年) 30,882 [* 5]
1995年(平成07年) 31,372 [* 6]
1996年(平成08年) 31,079 [* 7]
1997年(平成09年) 30,818 [* 8]
1998年(平成10年) 29,762 [* 9]
1999年(平成11年) 29,664 [* 10]
2000年(平成12年) [JR 1]29,676 [* 11]
2001年(平成13年) [JR 2]28,738 [* 12]
2002年(平成14年) [JR 3]27,794 [* 13]
2003年(平成15年) [JR 4]27,410 [* 14]
2004年(平成16年) [JR 5]27,035 [* 15]
2005年(平成17年) [JR 6]27,852 [* 16]
2006年(平成18年) [JR 7]28,064 [* 17]
2007年(平成19年) [JR 8]28,080 [* 18]
2008年(平成20年) [JR 9]27,237 [* 19]
2009年(平成21年) [JR 10]27,374 [* 20]
2010年(平成22年) [JR 11]26,519 [* 21]
2011年(平成23年) [JR 12]26,031 [* 22]
2012年(平成24年) [JR 13]26,165 [* 23]
2013年(平成25年) [JR 14]26,908 [* 24]
2014年(平成26年) [JR 15]25,678 [* 25]
2015年(平成27年) [JR 16]25,596 [* 26]
2016年(平成28年) [JR 17]25,341 [* 27]
2017年(平成29年) [JR 18]26,180 [* 28]
2018年(平成30年) [JR 19]26,258 [* 29]
2019年(令和元年) [JR 20]25,572 [* 30]
2020年(令和02年) [JR 21]15,257

駅周辺[編集]

国立霞ヶ丘競技場陸上競技場空撮。当駅は右上端にある。
駅前の慶応大学信濃町キャンパス敷地に建つ煉瓦館

明治神宮外苑の最寄り駅の一つである。

バス路線[編集]

最寄の停留所は信濃町駅前(北口)と信濃町駅南口で、東京都交通局により運行される以下の路線が発着する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
JB 中央・総武線(各駅停車)
四ツ谷駅 (JB 14) - 信濃町駅 (JB 13) - 千駄ケ谷駅 (JB 12)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、175頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ a b 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 5号、23頁
  3. ^ “信濃町駅 装いも新たにお目見得 きょうオープン”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1980年6月11日) 
  4. ^ 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 5号、27頁
  5. ^ a b 「JR東日本 信濃町と新浦安に新駅ビルがオープン」『鉄道ジャーナル』第319号、鉄道ジャーナル社、1993年5月、 97頁。
  6. ^ a b 「平成30年度営業関係施策(その1)について」提案を受ける”. 東日本ユニオン東京地本. 2019年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月15日閲覧。

報道発表資料[編集]

  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月23日閲覧。
  2. ^ “より安全な駅ホーム・踏切の実現に向けた取組みについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年4月7日), オリジナルの2020年4月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200407061032/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200407_ho01.pdf 2020年4月7日閲覧。 
  3. ^ a b ““スポーツの聖地”神宮外苑へ入口に食を楽しむ5ショップが誕生 「アトレ信濃町」2021年2月1日(月)リニューアルオープン” (日本語) (PDF) (プレスリリース), アトレ, (2021年1月14日), オリジナルの2021年1月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210114071858/https://company.atre.co.jp/company/news/pict/688_20210114shinanomachi.pdf 2021年1月14日閲覧。 
  4. ^ a b “「アトレ信濃町」2021年2月1日(月)リニューアルオープン! 朝活から乾杯まで、一日中楽しめる5店舗が登場 ~街の自然とスポーツの感動を食と共に~” (PDF) (プレスリリース), アトレ, (2020年12月3日), オリジナルの2020年12月7日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201207151813/https://company.atre.co.jp/company/news/pict/674_1203shinanomachi.pdf 2020年12月8日閲覧。 
  5. ^ “駅改良の工事計画について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年6月8日), オリジナルの2019年8月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190818210947/https://www.jreast.co.jp/press/2016/20160605.pdf 2020年3月21日閲覧。 
  6. ^ “2020年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年12月13日), p. 6, オリジナルの2019年12月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213080612/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf 2020年2月29日閲覧。 

利用状況[編集]

  1. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  2. ^ 新宿区の概況 - 新宿区
JR東日本の2000年度以降の乗車人員
東京都統計年鑑

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)「中央本線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第5号、朝日新聞出版、2009年8月9日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]