水戸赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 水戸赤十字病院
Mito Red Cross Hospital.JPG
情報
英語名称 Japanese Red Cross Mito Hospital
許可病床数

510床
一般病床:500床


感染症病床:10床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 日本赤十字社 茨城県支部(茨城県知事
管理者 佐久間正祥(院長)
開設年月日 1923年6月14日
所在地
310-0011
茨城県水戸市三の丸三丁目12番48号
位置 北緯36度22分17.1秒
東経140度29分11.9秒
二次医療圏 水戸
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

水戸赤十字病院(みとせきじゅうじびょういん)は、茨城県水戸市にある医療機関日本赤十字社茨城県支部が開設する病院である。
水戸市の基幹病院の機能を有し、かつ災害時には基幹災害医療センターとして茨城県内全域の医療圏を受け持つ。慶應義塾大学病院と提携している[1]。また、「水戸赤十字病院奨学生」と冠して茨城県内に所在する看護大学及び看護専門学校の学生を対象にした奨学金制度がある。

沿革[編集]

  • 1923年大正12年) 日本赤十字茨城支部病院を開設。
  • 1943年昭和18年) 水戸赤十字病院と改称。
  • 1947年(昭和22年) 現在地に移転。
  • 1997年平成9年) 茨城県の基幹災害医療センターの指定。
  • 2011年(平成23年) 地域医療支援病院の指定。

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

交通アクセス[編集]

  • JR水戸駅より
    茨城交通バス日赤病院行き、又は日赤病院経由浜田営業所行き乗車、バス停「日赤前」下車。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]