泌尿器科学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泌尿器系

泌尿器科学(ひにょうきかがく、英語: urology)は、主に尿路系、生殖器系について診療・研究を行う医学の一分野。

腎臓尿管膀胱尿道などの尿路系、または副腎等の内分泌系、陰嚢内臓器(睾丸・副睾丸・精索)・陰茎前立腺などの男性生殖器系(女性生殖器系は含まれない→産科学婦人科学の領域)を取り扱う。 同じ領域を扱う内科学の分野として、腎臓学がある。

歴史[編集]

外科学の腹部外科の領域において、腎臓泌尿器を扱っていた分野が始まりで、欧米では現在でも外科学の一分野として扱われることが多い。

日本では「皮膚泌尿器科学」という名称で、外科学から分離し創設されていった。

これは性病などの疾患と症候が皮膚科学と泌尿器科学とで重複するものが多かったためで、現在でも標榜科には「皮膚泌尿器科」という名称が残っている。

主な疾患・障害[編集]

前立腺癌膀胱癌腎細胞癌前立腺肥大症尿路結石症間質性膀胱炎腹圧性尿失禁骨盤臓器脱、男子性機能障害が泌尿器科の主要な疾患として挙げられる[1]。心因性尿閉Paruresisなど原因が解明されていない泌尿器の障害もある[2]

[編集]

尿管[編集]

膀胱[編集]

前立腺[編集]

尿道[編集]

尿路結石[編集]

陰嚢内[編集]

陰茎[編集]

性病[編集]

腹壁・臍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]