膣内射精障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

膣内射精障害(ちつないしゃせいしょうがい)は、男女カップル性交を行った際に、男性が膣内で射精することが困難になる症状である。

概要[編集]

症状[編集]

膣刺激による射精が困難になること。広義には男性の不妊症(男性不妊)でもあり、性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)[注 1][1]の内の、射精障害の一種でもある。木村行雄による射精障害の分類ではA群の「射精、オルガスム共に無いもの」(性機能障害)に相当すると考えられる[2][要検証 ]。なお、勃起のメカニズムと射精のメカニズムは全く異なるため、勃起機能に特に異常が無くとも射精障害に陥ることはまま有ることである[3]

原因[編集]

男性が行うオナニー(自慰)に原因があるとされている[4][注 2]

本来性交時に男性が射精するのは、膣に挿入したペニスに膣による圧力がかかり、そのままピストン運動することで、陰茎亀頭をはじめとする性的に敏感な部分に対して、女性の体温や愛液による湿潤下で、適度な圧力と膣壁による摩擦、膣内が陰圧になることによる吸引作用などの性刺激が複合的に加えられ、男性を快感の頂点であるオルガスムスへ導くことで射精を促すものである。

男性がもっともよく行うオナニーの方法である手淫は、勃起したペニスを自分の手で掴むようにしてもち、上下にピストン運動をするというものである。膣の圧力は握力には遠く及ばないため、強い握力によるオナニーが習慣化した場合、性行為時、膣の物理刺激では射精に至らない。類似して、オナニーの方法によっては性交による膣刺激と異なる物理的刺激により射精に至る場合がある。このオナニーを習慣化した場合にも、膣刺激で射精に至ることができない場合がある。精神科医の阿部輝夫は膣内射精障害の内、強すぎるグリップが原因とみられる症例は22%であると報告している。また同時に、性障害のない男性の場合、自慰握力は平均4.25kgであるのに対し、障害が見られる男性の場合は10kgを越えていたともされる。以上をもって膣圧が慣れ親しんだ自慰の際のグリップ力より弱すぎるが故に射精に至る事ができないと結論付けている。また、以上については小堀善友 他による「射精障害患者に対するMasturbatorを用いたリハビリテーション」でも指摘されている。

さらに別の見解として、アダルトビデオ等で見られる女優の過剰な演技に慣れてしまった男性が、自分は(アダルトビデオで見られるほど)女性を悦ばせられない、との劣等感を抱いてしまっている点を指摘する論者もいる[5]。ちなみに東京都幼小中高性教育研究会が1996年に行った調査では、中学三年生の男子は27.0%、高校三年生では84.0%が「アダルトビデオを見たことがある」と答えている[6]

なお、射精障害一般として、その大部分は心因性のものであるが、視床下部や下垂体に問題がある場合なども見られるため、必要に応じてホルモン検査などが行われる[7]。阿部によれば、性交が滞りなく行えるかどうかの不安や、過度にパートナーを気遣う事も原因となっていると見られている。

また、堀田浩貴と塚本泰司によれば、勃起不全との併発や治療経験がある例が紹介され、また、遅漏が過ぎて性交中に飽きてしまう事も原因ではないかとされている[8]

治療法[編集]

一般的な性行為障害、射精障害の場合、トフラニール(塩酸イミプラミン、交感神経を刺激する薬剤)の処方、ネオスチグミン(ワゴスチグミン、副交感神経に作用する薬剤)のくも膜下腔注入法、フィオスチグミン皮下投与、電気刺激による(強制的な)射精などが考えられている。ただし2010年現在では男性の体内から直接精子を採取しての体外受精が可能となっているため、「不妊症」として捉えた場合、治療は比較的容易となってきている[9]。膣内射精障害独特の治療法としては、以下に述べるものが考えられている。

不適切なオナニーが原因とされている場合においては、適切なオナニー(通常の手淫をスラスト型とし、これが好ましいとされる)への改善が必要と考えられる。この際には適切なグリップ力も考慮して行われねばならず、マスターベーションのリハビリやカウンセリングが必要となる場合もある。(文献)なお、適度な頻度のオナニーが重要であり、極端な禁欲は勃起不全を誘発させかねないため注意が必要である。だが堀田、塚本によれば、射精障害の患者は外来を訪れることが少なく、臨床的にはまだまだ不明な点が多いとされている[10]

刺激の強いオナニーが原因の場合[編集]

オナニーの物理的、精神的刺激が強すぎて、それに慣れてしまい実際のセックスでの刺激で射精出来ない。この場合は、刺激の弱いオナニーで射精できる様に慣れるしかない。

  • 物理的刺激 膣の圧力は握力には程遠い。改善指導では、5本指と手のひらで擦るのを止めて、親指と人差し指(または中指)で軽くリングを作りこれでこする方法が一般的。さらに、摩擦を軽減するためにローション使用が望ましい。さらにコンドームを付け、刺激を緩和する方法もある。1回目で上手くいくものではないので、慣れるまで根気が必要である。数日程度のオナニー禁止を併用すると、軽いオナニーでも成功し易いが、長期のオナニー禁止では性欲が減退するとも言われる。[要出典]オナホール使用に関しては、良くできたオナホールは、膣や手よりも格段に気持ちいいため、感度改善のために安易にオナホールを使用するのは避けるべきである。オナホールはペニスに快感を与えるためだけに特化した製品である。[要出典]ただし前掲の論文「射精障害患者に対するMasturbatorを用いたリハビリテーション」では、オナホールによるリハビリテーションは(特に正しいオナニーの習熟と言った意味で)有効であるとしている。
  • 精神的刺激 通常のセックスよりも刺激的な映像情報がオナニーのネタになっている場合等。映像等の過激なオナニーネタを止める。想像ネタに上手く移行出来ればセックス中でも、想像は可能である[要出典]

セックスと異なる刺激のオナニーに慣れてしまった事が原因の場合[編集]

  • 典型的なのは床にこすりつけるようなオナニーに慣れてしまっているケース。特化すると、勃起すらせずに射精もできるようになってしまう。セックスとは明瞭に異なる刺激で射精する事に慣れ、セックスの刺激が開発されていない状態。包皮を使ったオナニーも類似。セックスに使う感度は劣化していないケースが多いため、できるだけセックスに近い(亀頭~陰茎を摩擦する)オナニーに移行することができれば、感度低下より容易に改善する。前述の物理的刺激を抑えたオナニー方が適用できる。また、ローション、コンドーム、緩めのオナホールを使用したオナニーも、膣に近い刺激への移行を目的とする場合には非常に有効である。
  • 付随する動作がオナニーとセックスで異なっていることが原因になるケース。足をピンと伸ばしてオナニーする事に慣れている、腰振りに慣れていない等。これもオナニーをセックスに近づける事が有効である。足ピン矯正にはあぐらでオナニーをする等が挙げられている。足ピン矯正、腰振りの不慣れには、固定したオナホールを使って腰振りで射精するオナニーが非常に有効である。オナホールの固定方法には、机にガムテープ、枕や丸めた座布団、専用のエアドールなどがある。オナホールは現在、酒井ゆうご氏によって高度な技術を駆使した。

脚注[編集]

  1. ^ 「性欲、勃起、性交、射精、極致感のいずれか1つ以上欠けるか、不十分なもの」
  2. ^ 『日本人の性行動・性意識』に紹介されている集計(p.73、1999年の16 - 69歳の日本人)によれば、未婚男性の95%以上、既婚男性でも78%が、月に一度以上の頻度でオナニーを行っている。ただし集計対象は前者が142人、後者が43人である。

出典[編集]

  1. ^ 『泌尿器科学ハンドブック』p.168より引用。
  2. ^ 『泌尿器科学ハンドブック』p.179、『不妊・不育』p.35
  3. ^ 『泌尿器科学ハンドブック』p.168 -、『泌尿器ケア』2010年8月号
  4. ^ 『性なる医療』 p.130
  5. ^ 『現代の性書』p.84 ただし性機能障害全般への指摘であり、(膣内)射精障害に限定した話ではない。また、メグ・ヒックリングも『男の子のからだとこころQ&A』の中で、ポルノにおける途轍もなく立派なペニスや豊満な乳房などが、視聴者に間違った意識を植え付ける危険性を指摘している。
  6. ^ 『性の大洪水』 p.38
  7. ^ 『泌尿器科学ハンドブック』p.179
  8. ^ 吉田、内藤(2000) p.166 -
  9. ^ 『不妊・不育』p.36、『不妊と男性』p.75、p.87 -
  10. ^ 吉田、内藤(2000) p.168

参考文献[編集]

  • 『泌尿器ケア』2010年8月号 「男性の性と疾患 性機能障害、男性不妊症、男性更年期障害を理解しよう!」 メディカ出版 ISBN 978-4-8404-3145-3
  • 阿部輝夫 『現代のエスプリ 性の相談』 2004年、至文道 ただし『性なる医療』p.130 - からの孫引き
  • 荒木重雄 浜崎京子 『不妊治療ガイダンス』 医学書院 2003年(第3版) ISBN 4-260-13066-8
  • NHK「日本の性」プロジェクト 編 『データブック NHK日本人の性行動・性意識』 日本放送出版協会 2002年 ISBN 4-14-009294-7
  • 大西正夫 『性なる医療』牧野出版 2006年8月 ISBN 978-4895000932
  • 黒田正宏 『現代の性書 幸せで健全な21世紀の日本を築くための提言』 文芸社 2001年3月 ISBN 4-8355-1548-X
  • 小林輝明 監修 『くすりの事典 2007年版』 成美堂出版 2006年8月 ISBN 4-415-04203-1
  • 小堀善友 他 「射精障害患者に対するMasturbatorを用いたリハビリテーション」[1][2] 2009年 (2014年8月閲覧)
  • 小堀善友 「コボちゃん先生の射精障害講座」[3]
  • 武川行男 『性の大洪水 -あなたはわが子をどう守るか-』 東宛社 1999年 ISBN 4-924694-40-1
  • 武谷勇二 編 『新女性医学大系 15 不妊・不育』(I章B「男性不妊症」、III章G「男性不妊」) 中山書店 1998年11月 ISBN 4-521-54061-9
  • 武谷勇二 編 『新女性医学大系 16 生殖補助医療』(III章、精子・胚の処理と保存) 中山書店 1999年3月 ISBN 4-521-54101-1
  • 田中啓幹 森岡政明 編 『The Handbook of Urology 泌尿器科学ハンドブック』 (第11章 「性機能障害」、第12章「男性不妊症」) 大学教育出版 2001年6月 ISBN 4-88730-449-8
  • 村岡潔 他著 『不妊と男性』青弓社 2004年11月 ISBN 4-7872-3238-X
  • メグ・ヒックリング 『メグさんの 男の子のからだとこころQ&A』 築地書館 2004年9月 ISBN 4-8067-1297-3
  • 和田攻 他編 『治療薬ガイド 2001 - 2002』 文光堂 2001年2月 ISBN 4-8306-8023-7
  • 矢島通孝 『NHK きょうの健康 Qブック 19 ED 最新治療のすべて』日本放送出版協会 2001年 (ただし射精障害には言及されていない)
  • 吉田修監修、内藤誠二編 『Frectile Dysfunction 外来』メジカルビュー 2000年3月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]