熱帯医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱帯医学(ねったいいがく、英 Tropical medicine)とは、医学の中でも熱帯でみられる疾患を中心とした学問・医療のこと。ケース・ウェスタン・リザーブ大学からは「The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene; AJTMH」というこの分野の専門医学雑誌が発行されている。日本では長崎大学に熱帯医学研究所[1]があり、日本熱帯医学会を主宰している[2]

対象[編集]

熱帯でみられる疾患には特性があり、感染症が多いことがあげられる。

貧困からくる保健衛生の問題、医療の問題も混然としている。

シンガポールでは、マラリア対策として、の産卵場所である水たまりを徹底的に排除している。このような衛生対策は貧困国では現実的ではなく、行われていない。
結核はヒトからヒトへと感染するため、治療自体が保健衛生上の良い対策である。しかし貧困のため、受け取った薬を売却するなどして、中途で治療を放棄する例が後を絶たず、多剤耐性結核菌の蔓延を助長している。
蚊帳のマラリア対策の有効性と経済性を検討するなど、検査や薬物治療のみならず、研究対象としている。

引用・文献[編集]

  1. ^ 長崎大学熱帯医学研究所”. 2010年2月18日閲覧。
  2. ^ 日本熱帯医学会”. 2010年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]