強姦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
強姦
Tizian 094.jpg
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
救急医学
ICD-9-CM E960.1
MedlinePlus 001955
eMedicine article/806120
MeSH D011902
テンプレートを表示

強姦(ごうかん)とは、一般に相手の意志に反し、暴力脅迫、相手の心神喪失などに乗じ強要し人に対して性行為を行うこと[1][2][3]強かん[注 1]と表記されることもある。性暴力[4](せいぼうりょく。別表現:性的暴力[5])の一種。性的暴行(せいてきぼうこう)の一種との捉え方もある。

典型的には男性が強制的に女性を犯す事[6]であるが、「強制」の定義や行為の具体的態様については時代的、国際的にも差異がある。

語源、表記[編集]

日本においては、以前は「姦」の字が性的な性格を持つ字体であることから報道での使用が憚られ「強かん」などと表記することが多かったが、現在は本来の表記である「強姦」を採用することが多くなってきている。

英語のレイプrape)の表記は欧米文化の流入、女性意識の高まりと共に現代日本社会でも一般化している。

日本のマスメディアの事件報道では婉曲のため、「乱暴」などとぼかした言い方がよくなされ、被害者が児童・小児の場合は「いたずら」とも言われる。「暴行」の語も使用されるが、この語は性的側面を伴わない暴力行為に使われることも多いので注意を要する。またメディアにおいても、表現方法の一つとして、犯罪の重大性を強調する意味で「姦」などの当て字を使用する例も一部でみられるが、必ずしも一般的ではない。

作品的表現[編集]

文明開化以降、週刊誌小説などでは凌辱陵辱)や英語レイプrape)という表現が用いられることもある。

官能小説成年漫画アダルトゲームアダルトビデオなどにおいては、作品の性格や作者の方針などに応じて様々な当て字が使用されている。

定義[編集]

ローマ法では、他の男性の管理下にある女性を拉致した男性はラプス (raptus)の罪に問われた。拉致の時点で既遂となり、姦通は要件ではなかった。ラプスはレイプ (rape)の語源である。

「強姦」という語が本来もつ意味は「双方の合意なしに行われる姦通」であるが、現在は広く「相手の合意なしに行われる性行為一般」を指す場合がほとんどである。

かつては夫婦間における一方的な行為は性犯罪とは見なされない事が多く、先進国においても20世紀末近くまでそのようであった。

治療[編集]

強姦された場合の対処[編集]

被害直後には、身体の安全の確保を優先する。被害後、72時間以内に産婦人科を受診し、性病妊娠の検査をする。検査費用は警察へ被害を届け出た場合は、公費負担がある。産婦人科では妊娠の防止のための緊急避妊が行われる。また、この際に同意があれば強姦を証明するのに必要な加害者の体毛体液などの証拠収集が行われる。多くの地域で、性被害者を支援する機関があり、こうした機関からの紹介や、警察の紹介で産婦人科を選択する[7]

その後のカウンセリングなど精神的サポートも極めて重要である。被害者は、強姦時の強い恐怖から、被害後に、精神不安定や不眠心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの精神反応が多くみられ人間不信に陥ることも多いためである。サポートを1か所で提供しているワンストップ支援センターが全国各地に所在している[7]

周囲にいる者は、被害者にも責任の一端があったかのような言動は避ける。性被害にあった被害者に対し、周囲の人間がさらに傷つける言動を行うことは、「二次被害」、「セカンドレイプ」と呼ばれる。また、本人がすぐに病院や相談機関へ行きたがらない場合は、無理やり連れていくようなことは避ける[7]

予防[編集]

大阪府警察は性犯罪にあうリスクを減らす防犯対策を紹介している[8]

道路上

  • 帰宅途中に被害にあうケースが多いため、人通りの多い道、明るい道を選ぶ。やむを得ず、一人で人気の無い暗い道を歩かなければならないときは、周囲の状況に注意を向け、顔を上げて毅然とした態度で、早足で通り抜ける。また、防犯ブザーをいつでも使えるようにしておく。
  • スマートフォンを操作しながらや音楽プレーヤーを聴きながら歩くと、不審者が近づく音が聞こえなかったり、スマホや音楽に集中することで「上の空」状態になり、とっさの出来事に対する対応が遅れる。歩きスマホなどは避ける。
  • 見知らぬ人に声をかけられたら、相手との距離を開けて対応する。「一緒に連れって行ってほしい」「車に乗って案内してほしい」などと言われても、安全性が保障されない見知らぬ人間と行動することは避ける。

帰宅

  • マンション等の共同住宅内では、エントランス、階段、通路、エレベーター内で性犯罪が発生している。マンションがオートロックドアであっても、居住者が入る後ろからつけて行くなどの方法で侵入することが可能であるため、注意が必要である。
  • エレベーター内では、操作盤付近に同乗者に背を向けずに立つ。危険を感じたら、ボタンを全部押して止まった階で降りる。また、見知らぬ男性と自分だけの場合は、一旦降りてやりすごすのも対策の1つである。

自宅

  • ドアの鍵は家に入ったらすぐに締める。就寝中も必ず戸締まりをする。
  • 在宅中に人が尋ねて来たときは、相手の身分を確認できるまでドアを開けない。
  • ドアチェーンやU字ロックは施錠の代わりにはならない。ドアチェーンやU字ロックをしてドアを開けっぱなしという状態は危険である。

統計[編集]

日本
日本における2018年(平成30年)の強姦(強制性交等)事件の認知件数は1,307件である(被害者の内訳は、女性が1,251人、男性が56人)[9]。この認知件数は、1964年昭和39年)に6,857件と戦後最多を記録した後、長期減少傾向を経て横ばい傾向にあった[10]。近年では1997年平成9年)から2003年平成15年)にかけて増加傾向にあったが、2004年平成16年)から2016年平成28年)まで減少傾向に転じていたが、後述する法律定義にも書いてあるが、2017年(平成29年)7月13日以降は、強姦(強制性交等)の対象に被害者の性別を問わなくなり、かつ、性交(姦淫)に加え肛門性交及び口腔性交も加わったこと、そして監護者の立場に乗じて18歳未満の者にこれらの行為を働いた場合にも罰せられるようになった影響で、2017年以降、増加している[11][12]
日本の人口10万人あたりの強姦の発生件数は2018年で1.0[9][13]。アメリカ合衆国は42.6[14]で日本の約42.6倍である。ただし強姦罪の定義は国によって大きく異なる点もある。例えば、日本の強制わいせつを加えた場合、2018年は10万人当たり5.3件となり、アメリカ合衆国との差は約8.0倍となる。
日本では12歳以下との性行為は同意のうえでも強姦に定義されるためそれも考慮する必要がある。

歴史[編集]

『ブルガリアの致命女達』 - オスマン帝国の兵士による、ブルガリア人女性に対する強姦を描いた絵画(1877年作)。背景に描かれたイコノスタス・床に転がった振り香炉・破壊された燭台から、ここがブルガリア正教会聖堂の中であり、聖堂に逃げていた女性がレイプされるシーンであることが分かる。敵国に攻め込まれた市民が最後に聖堂に立て篭もることは大陸ではよく行われたが、侵略軍が規律の薄いものだった場合、現地の宗教心も踏みにじり、宗教施設でまでこのような残虐行為を行うことも珍しく無かった。なおこの絵画の作者コンスタンチン・マコフスキー(Konstantin Makovsky)はロシアの移動派の一人である。

性的暴力は、少数民族奴隷先住民難民貧困層また大規模災害などによって生まれた社会的弱者に対して行われたり、刑務所収容所内、そして戦時下においてしばしば行われたりしてきた。内乱や戦時下では大規模な集団レイプもしばしば発生する。

古来、征服された民族の女性の運命は過酷であった。最も有名なのはモンゴル帝国の創始者チンギス・ハーンとその係累・後裔であろう。モンゴル帝国による降伏勧告を受け入れず抵抗の後征服された都市はことごとく破壊・略奪・殺戮され、女性も戦利品として王侯・軍隊などの権力者以下にあてがわれた。また、これに先立つ遊牧騎馬民族王朝のは、北宋を滅ぼした際、北宋の皇族女性全てと、多くの貴族女性を捕え、これを金皇族・貴族のまたは彼らを客とする官設妓楼娼婦にした。世界各地の男性のY染色体を調べた結果、かつてのモンゴル帝国の版図に高率で共通の染色体が検出されたという話さえある。もっとも、歴史上このような事は金やモンゴル帝国に限った事ではない。

近代から現代も、戦時下において各国軍隊に属する複数の兵士による敵国女性へのレイプが少なからず発生した。第一次世界大戦以降では米軍ソ連軍ドイツ軍の男性兵士による女性民間人・一般市民への大規模な強姦事件が起こった。

現在の南アフリカ共和国では、「男性の27.6%が女性をレイプした経験がある」とする調査結果を同国の医学研究評議会が明らかにしている[15][16]。調査は全国9州のうちクワズールー・ナタール、東ケープの2州で行われたものである[15]

社会学[編集]

社会学的見地[編集]

アメリカでは強姦する加害者側の半数以上が若年層であるという統計もある[17]し、強姦する側が貧民層であるというのは、ある種の差別的な幻想である。社会的地位の低さによって満足な性生活が送れない、あるいは失う物が少ないなどの理由で犯行に及ぶ場合もないわけではない。貧困と強姦を特に結びつける根拠としては説得力に欠ける。富裕層の強姦事件も決して少なくなく、社会的地位と強姦についての因果関係に結論は出ていない。

強姦は一般に見知らぬ他人が加害者であるイメージがある。犯罪白書によれば70%が見知らぬ人による犯罪で、知人による犯行は20%程度である。これをもとに判断すれば他人が加害者であるというイメージは、ある程度の妥当性を持っていることとなる。一方、香港における女性への性的暴行においては約8割のケースで親族や知り合いが加害者になっているとの報告もある[18]。相手が旧知の間柄である場合、「強姦」として報告されない事例があるためにこのような差が生まれるとも考えられる。

ラディカル・フェミニズムでは、男性による女性に対する性的な支配が、男性社会を維持する仕組みとして使われてきた側面があるとする社会学的見方が主張されている。

スーザン・ブラウンミラーは、強姦は、社会的に抑圧された男性が、その弱さを糊塗するため、女性を支配することによって力を誇示して満足感を得ようとする権力作用であり、男女間の力関係を支配・征服により確認する行為であるとしている。

レイプが男性の性欲に強く依存することに基づいて、抗アンドロゲン剤を投薬、あるいは注射することにより、性犯罪者の更生を図る試みも、アメリカなど一部の国で行われている。しかし、これはまた別の人権論争を巻き起こしている。

強制断種[編集]

20世紀以降、北欧などの民主主義的国家において性犯罪者に対し、強制断種が合法的に実施された。1907年から1963年の間に米国において優生学を根拠とする優生法のもと6万4千人が強制的に断種手術を受けさせられた。

1933年ドイツにおいて、遺伝的かつ矯正不能のアルコール依存症患者、性犯罪者、精神障害者、そして子孫に遺伝する治療不能の疾病に苦しむ患者に対する強制断種を可能とする法律が立法され、ナチス・ドイツは、精神的または肉体的に「不適格」と判断された数十万の人々に対して強制断種を行い、また、強制的安楽死計画によって施設に収容されていた数万の人々を殺害した。

同様に、優生学にもとづき、カナダオーストラリアノルウェーフィンランドデンマークエストニアスイスアイスランドで、政府が知的障害者であると認定した人々に対して強制断種が行われ、スウェーデン政府は40年の間に優生計画の一環として6万2千人の「不適格者」に対する強制断種を実行している。デンマークの「全国女性会議」は1920年代に男性の性犯罪者から女性を守るために性犯罪者に対する去勢手術を合法化する必要があると運動を展開し、フェミニスト達の解釈による政治的運動が法的に反映された[注 2]

法的執行による強制断種はこのように先進各国においても20世紀末まで堂々と行われたが、1997年には北欧での執行がセンセーショナルに報道され国際的に問題視される。1998年の国際刑事裁判所ローマ規程において断種の強制は「人道に対する罪」と定義され、平時、戦時や理由を問わず違法であるとの国際的コンセンサスが形成された。

21世紀に入った今日では、人権意識の低い国では、女性保護の観点からの断種は主張も実施もされない場合と、中途半端な人権意識や、誤った優生学的思想により強制断種が合法とされている場合とがある。また、先進国を含めて、女性保護の観点からの断種が一部女性団体などから主張される事がしばしばある(前述の通り、人道に対する罪であるにも関わらず)。[要出典]

法的定義[編集]

日本[編集]

長らく強姦罪として、暴行または脅迫を用い、または13歳未満の女子に対して、男性器により女子の抵抗を著しく困難な状態に追い込み女性器を姦淫した場合に限り強姦罪が適用されていた。 強姦罪の制定目的は女性の保護では無く、血統の紊乱や嫡出関係の崩壊を防ぐことが想定されていたと考えられており[19]、旧法では実質的に関係が破綻していたと認められない限り夫婦間での強姦罪は成立しないというのが通説であった[19]。 法定刑も2年以上の懲役と低いままであったが、2004年に漸く3年以上に引き上げられる。2017年7月13日には法改正により強制性交等罪が新設され、被害者が男性の場合や、肛門や口腔を犯し、または犯させた場合を適用対象に加え、法定刑も5年以上の懲役となった。更に監護者の立場に乗じて18歳未満の者にこれらの行為を働いた場合(同意を問わない)にも同じく処罰されるようになった(監護者性交等罪)。

アメリカ合衆国[編集]

強姦の定義は国などによって異なる。アメリカでは、互いの合意のない性行為の強要は恋人間(デートレイプ)や夫婦間(マリタル・レイプ)でも強姦と見なされ、刑事罰の対象となるという判例が定着している[20][21]。さらに司法省は2012年1月7日にFBIの「強姦」の定義を拡大することを明らかにした[22]

司法省によれば、2010年に発生した強姦件数は18万8380人となっているが、これは氷山の一角との指摘もある。「疾病予防管理センター」によれば、全米で無作為抽出した約1万人の女性に電話アンケートを行ったところ、18.3%が「強姦されたことがある」または「強姦されそうになったことがある」と回答し、また加害者との間柄については、被害を受けたと回答した女性の過半数を占める51.1%が、「親密な現在・過去の恋人や配偶者」と回答した。次いで多かったのが「知人」だった。

2014年保健福祉省に属する「疾病予防管理センター」が実施した調査結果によれば、「アメリカに在住する女性のうち、ほぼ5人に1人(全体の2割)がレイプ被害者であり、その数は2300万人超」だという。[23]

米産婦人科学会誌の1996年の研究によれば、こうしてレイプされた女性が妊娠してしまう確率は5%に上り、毎年、推定3万2101件のレイプによる妊娠があるという。また、キリスト教国であるという性格を持ち、社会・政治への宗教的影響が強いアメリカでは、「人工妊娠中絶」が選挙の争点の一つになるなど、多大な関心がある。それゆえ、アメリカ国民の中には「レイプ被害者の人工妊娠中絶も絶対禁止すべきと主張する"中絶反対派"」が、とりわけキリスト教原理主義者たちが支持基盤にある共和党党員・支持者に数多く存在し、問題が複雑化している[24]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本報道などでは、当用漢字による漢字制限で「強かん」と表記されることもあるが、2010年代(※記述時)では「強」とそのまま表記するようになってきている(※『NEWS23』などでは『強姦』の字を採用している)。
  2. ^ デンマークの「全国女性会議」は1920年代に男性の性犯罪者から女性を守るために性犯罪者に対する去勢手術を合法化する必要があると運動を展開した。

出典[編集]

  1. ^ 小学館『デジタル大辞泉』、三省堂大辞林』第3版. “強姦”. コトバンク. 2019年10月23日閲覧。
  2. ^ 平凡社世界大百科事典』第2版、. “強姦”. コトバンク. 2019年10月23日閲覧。
  3. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “強姦”. コトバンク. 2019年10月23日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』、平凡社『百科事典マイペディア』、ほか. “性暴力”. コトバンク. 2019年10月23日閲覧。
  5. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “性的暴力”. コトバンク. 2019年10月23日閲覧。
  6. ^ 広辞苑
  7. ^ a b c ケイヒルエミ (2014年7月24日). “もしもレイプ被害に遭ってしまったら? 専門家に聞く正しい相談先、届け出、ケア対応など”. 公式ウェブサイト. wotopi(ウートピ). 2019年10月23日閲覧。
  8. ^ 性犯罪の被害にあわないために”. 公式ウェブサイト. 大阪府警察 (2018年). 2019年8月19日閲覧。
  9. ^ a b 平成30年1~12月犯罪統計【確定値】 訂正版”. e-Stat 統計で見る日本(公式ウェブサイト). e-Stat(cf. 政府統計共同利用システム) (2019年3月8日). 2019年10月23日閲覧。
  10. ^ 大塲 2006, pp. 28-34.
  11. ^ 安藤 2010.
  12. ^ 2 強制性交等・強制わいせつ - 平成30年版 犯罪白書 第1編/第1章/第2節/2”. 犯罪白書(公式ウェブサイト). 法務省 (2018年). 2019年1月31日閲覧。
  13. ^ 総務省 統計局統計調査部 国勢統計課 (2019年3月20日). “人口推計 各月1日現在人口 「全国:年齢(5歳階級),男女別人口」及び「(参考表)全国人口の推移」平成30年10月確定値、平成31年3月概算値”. e-Stat 統計で見る日本(公式ウェブサイト). e-Stat. 2019年3月22日閲覧。
  14. ^ FBI. “Uniform Crime Reports>2018 Crime in The United States>Violent Crime>Table1”. 2019年10月3日閲覧。
  15. ^ a b 南ア男性の4人に1人がレイプ経験者!? 研究機関調査」『産経新聞産業経済新聞社、2009年6月19日。2019年10月23日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ Zieminski, Anna「南ア男性の4人に1人がレイプ経験者!? 研究機関調査」『AFPBB News』フランス通信社 (AFP)、2009年6月19日。2019年10月23日閲覧。
  17. ^ ダイヤグラムグループ 1992, p. 288 (M. Amir, "Patterns of Forcible Rape")
  18. ^ 「性的暴行、8割は知り合い・親族による犯行」『Record China』2008年9月9日付配信
  19. ^ a b 関 2017, pp. 38-41.
  20. ^ About USA. “アメリカ合衆国におけるレイプ 婦女暴行”. 2012年12月16日閲覧。
  21. ^ 強姦神話という偏見[リンク切れ]
  22. ^ アメリカ:FBI「レイプ」定義を拡大”. 公式ウェブサイト. アジア女性資料センター (2012年1月12日). 2019年10月23日閲覧。
  23. ^ “レイプ被害、アメリカ人女性の5人に1人(調査結果)”. The Huffington Post. (2014年9月14日). http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/13/rape-in-america-study_n_5816762.html 
  24. ^ “「まともなレイプ」発言にパニクる共和党”. ニューズウィーク. (2012年8月22日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/08/post-2655.php 

参考文献[編集]

書籍
  • 松永榮治・ほか著「第44巻 第1号 平成18年12月」『罪と罰』第44巻第1号、日本刑事政策研究会、2006年12月、 NAID 40015243368
  • 大塲玲子「性犯罪の現状と対策 (平成18年版犯罪白書)」 pp. 28-34
  • 石田仁・ほか著『セクシュアリティと法─身体・社会・言説との交錯』谷口洋幸・綾部六郎・池田弘乃 編、法律文化社、2017年10月17日。ISBN 978-4-589-03872-2
ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]