児童福祉法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
児童福祉法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 児福法
法令番号 昭和22年法律第164号
種類 社会保障法
効力 現行法
成立 1947年11月21日
公布 1947年12月12日
施行 1948年1月1日
主な内容 児童福祉
関連法令 社会福祉法成育基本法子どもの権利条約児童ポルノ禁止法
条文リンク 児童福祉法 - e-Gov法令検索
テンプレートを表示

児童福祉法(じどうふくしほう)は、児童福祉を担当する公的機関の組織や、各種施設および事業に関する基本原則を定める日本法律である。社会福祉六法の1つ。法令番号は昭和22年法律第164号、1947年(昭和22年)12月12日に公布された。

施行に伴い、既存の児童福祉目的の法律である児童虐待防止法(昭和8年法律第40号)および少年教護法(昭和8年法律第55号)は廃止され、その趣旨は本法に吸収された。

「児童福祉」という用語は、児童福祉法成立過程の「児童福祉法要網案」(1947年1月)において初めて、公式に使用された。当時あえて「児童福祉」法という名称を使おうとしたのは、それまで使われていた「児童保護」用保護児童の保護という狭い意味しか持っていないのに対し、すべての児童を対象とし、「次代の我が国の命運をその双肩に担う児童の福祉を積極的に助長する」という意味が込められていたからである。

1979年の国際児童年以降10年にわたる国連人権委員会での審議の結果、1989年11月に「児童の権利に関する条約」が採択された。日本政府は1994年4月に批准の手続きを取り、同5月から日本でもその効力が発生した。

児童福祉法は1997年に制定50周年を迎えた。この50年の間に、児童福祉をめぐる状況は大きく変化した。その中で生まれたもっとも根本的な問題点は、戦後の児童福祉が一貫して「要保護児童の保護」に終始してきたということである。その上、児童福祉は劣等処遇の考え方を克服することができていない。それは「児童福祉施設最低基準」を見れば直ちに明らかとなる。

このような問題点が生まれた理由は、特別の保護を必要としている子供を、国や地方自治体が親に変わって保護する、という考え方から脱却することができなかったからである。

上記の問題に加え、出生率の大幅な低下により、高齢社会を支えるべき子供達の数の急激な現象が起き、日本の児童福祉政策は、これにより方向転換を余儀なくされた。

その後、2017年4月施行「児童福祉法等の一部改正」児童の健全な育成に向けて虐待の発生予防から自立支援対策の強化等を図る)、2018年4月施行「児童福祉法及び児童虐待防止法の一部改正」(虐待を受けている児童などの保護のために里司法関与を強化する等の措置が行われる)、2020年4月施行「児童福祉法等の一部改正」(児童虐待防止対策の強化を図る上で児童の権利擁護や児童相談所の体制強化、児童相談所の設置促進等の所要の措置が行われる)がおこなわれた。[1]

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(1~18条の24)
  • 第2章 - 福祉の保障(19~34条の2)
  • 第3章 - 事業および施設(34条の3~49条)
  • 第4章 - 費用(49条の2~56条の5)
  • 第5章 - 国民健康保険団体連合会の児童福祉法関係業務(第56条の5の2~第56条の5の4)
  • 第6章 - 審査請求(第56条の5の5)
  • 第7章 - 雑則(56条の6~59条の8)
  • 第8章 - 罰則(第60条~第62条の7)

目的[編集]

児童が良好な環境において生まれ、且つ、心身ともに健やかに育成されるよう、保育、母子保護、児童虐待防止政策を含むすべての児童の福祉を支援すること。[2]

根拠とする事業[編集]

関連項目[編集]

資格等
法令

参考文献[編集]

・許斐有『子どもの権利と児童福祉法:社会的子育てシステムを考える』信山社(1996年、ISBN 4797250070)

・佐藤進、高沢武司『児童福祉法50講』有斐閣(1976年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]