前立腺肥大症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前立腺肥大症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
泌尿器科学
ICD-10 N40
ICD-9-CM 600
MedlinePlus 000381
eMedicine med/1919
Patient UK 前立腺肥大症
MeSH D011470
テンプレートを表示

前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう、英語: Benign prostatic hyperplasia)とは、加齢とともに前立腺の内腺の細胞数が増加し肥大化する疾患である。

概要[編集]

前立腺は尿道を取り囲むように存在する。ここが肥大化(右)すると尿道が狭まり排尿困難に陥り易い。

前立腺は解剖学的に膀胱の下で尿道を取り囲む臓器である。前立腺から分泌される前立腺液は精液の構成成分で、体外に射精された精液中の精子を保護しエネルギーを補充する働きがある。年齢とともに生殖能力の要求値は低下し、前立腺は萎縮と肥大の二者択一となる。昭和30年代ごろの日本人男性は、ほとんどが前立腺は萎縮していた。食生活の変化などにより、現在の日本人男性は80パーセント (%) が80歳までに前立腺肥大症を呈する。罹患率は加齢に比例増加して50歳代で急速に増加する。組織学的な前立腺肥大は30歳頃から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%に見られる。前立腺の肥大に排尿症状を伴う治療を要する臨床例は、本症状の14程度である。

原因[編集]

加齢、肝硬変、家族歴(遺伝)、高血圧高血糖肥満、脂質異常症、メタボリック症候群喫煙飲酒、性交渉、など多様な要因が疑義されるが判明していない。

発症は未解明だが、中高年以降に男性ホルモンを含む性ホルモン環境変化に起因すると考えられる[1]

野菜、穀物大豆などのイソフラボノイドに発症抑制効果があるとする説もみられる。[要出典]

疫学[編集]

人種や地理的要因が有意で、東洋人が低く、次いで白人、黒人の順序で発症頻度が高まる。緑黄色野菜の摂取量に起因するビタミン類、脂質タンパク質などの過不足と発症率の相関、「社会的環境」や「肉体的特徴」による発症傾向、既往症や合併疾患の関連、血液型、食事内容、などそれぞれに肯定と否定の諸説がある。

症状[編集]

尿道の狭小化や尿勢の低下により、排尿遅延および排尿中断をもたらす。その結果、下記の症候を示す[2]

  • 頻尿
  • 尿意切迫
  • 夜間頻尿
  • 排尿遅延
  • 排尿中断

前立腺肥大症は溢流性尿失禁英語版(奇異性尿失禁)排尿障害による尿漏出の原因疾患でもある。

検査[編集]

確定診断のためには、排尿障害の程度、前立腺の大きさ、前立腺癌との区別が必要になる[2]

治療[編集]

症状を自覚しても日常で不便がなければ治療を要しない。日常生活に支障する場合は、体力や社会生活などに応じて日帰り手術など様々な治療法が選択される。外科的治療で尿道閉塞を解消した後も、約3割の症例で症状は解消しない。

対症療法

獣医学領域での前立腺肥大症[編集]

5歳以上のイヌで見られることが多い。原因として加齢に伴うアンドロゲンとエストロゲン分泌の不均衡が考えられ、食欲不振、体重減少、血尿、排便困難を示す。治療には精巣摘出術や抗アンドロゲン製剤の投与が行われる。

参考画像[編集]

Prostate normal 1.jpg Nodular hyperplasia of the prostate.jpg
正常な前立腺の内腺(左)と肥大化した内腺の結節(右)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 旭化成ファーマHP(名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 後藤百万教授)
  2. ^ a b c d e MSD.pro.
  3. ^ a b ガイドライン2017.
  4. ^ 藤野(隠岐)知美、鈴木真由美、山田静雄「ノコギリヤシ果実抽出液の排尿機能及び下部尿路受容体に対する作用」『日本補完代替医療学会誌』第4巻第2号、2007年、 41-50頁、 doi:10.1625/jcam.4.41NAID 130000079381

参考文献[編集]

外部リンク[編集]