尿道狭窄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尿道狭窄
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
泌尿器科学
ICD-10 N35
ICD-9-CM 598
DiseasesDB 13562
MedlinePlus 001271
eMedicine med/3075

尿道狭窄(にょうどうきょうさく)とは、尿出口である尿道口や尿道内部が狭窄した状態を言う[1]

症状[編集]

この病気は男性の多くに見られ、女性には稀な病気である[1]

症状としては尿の出方が弱くなり、尿線が細くなる。ひどくなると尿を出そうといくら力んでも、滴るようにしか出ない。また残尿のために排尿回数が多くなる。腎臓に尿が逆流し、水腎症から腎機能の低下を引き起こす事もある[1]

治療[編集]

尿道に尿道鏡を挿入して尿道内腔を広げる治療が行なわれる[1]

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『最新版、図解、症状でわかる医学百科』主婦と生活社、2007年、2014年、p.169

参考文献[編集]