膀胱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
膀胱
Illu urinary system-ja.jpg
腎臓と膀胱
Illu bladder.jpg
膀胱の断面図
ラテン語 vesica urinaria
英語 Urinary bladder
器官 泌尿器

膀胱(ぼうこう)は、腎臓から送られてくる尿を一時的に溜める袋状の器官。尿を作る動物一般において、それを一時蓄える構造に対してもこの名を与える。

脊椎動物一般[編集]

腎臓からの排出物は本来は消化管に放出される。その部分に発達した袋状の構造が膀胱である。したがって内胚葉起源である。哺乳類では肛門と独立して新たに尿道が直接に体外に口を開くので、膀胱は消化管と独立する。

陸上生活をする哺乳類においては、尿や便を魚類のごとく垂れ流しにするのは甚だ生存に不利である。尿や便を垂れ流しにすれば、それを辿って捕食者に容易に発見されてしまう為である。従って、哺乳類では便を保持する直腸や尿を保持する膀胱が発達したと考えられている[1]

ヒトの場合[編集]

下腹部中央に位置。左右の腎臓からの尿管でつながり、尿が送られてくる。また、尿を外部に排出するために尿道がつながる。尿道への入口は膀胱頸部筋で閉じられる。

通常時は1時間あたり60mlの尿が腎臓から送られる。膀胱総容積の4/5程度蓄積されると大脳に信号が送られ、尿意を感じる。排尿時は腹圧を加えることで膀胱の筋肉が働いて内圧がかかり、膀胱頸部筋が開放、排尿に至る。

通常の膀胱の厚さは1.5cm程度だが、尿が蓄積されるにつれて薄くなる。満タン時には3mmまで薄くなり、この場合まれに衝撃で破裂する事がある。 なので限界まで我慢するのは身体面を考えるとかなり危険である。従って尿意を感じたら早めにトイレに行くよう心がける事が必要である。またすぐにトイレに行けない場合は限界を向かえるまで我慢せずおもらし(失禁)してでも良いのでしっかり体外に排出した方が良い。おしっこの我慢は膀胱や腎臓にかなり負担がかかって膀胱炎等といった様々な病気になりやすくなる。なので意地やプライドでおしっこを我慢する行為は絶対にやめるべきである。

容量[編集]

膀胱の最大容量は、成人で平均して400ml~500ml程度であるが、人によって、約250 - 600ml程度と、個人差が大きい。また病気で自発的に排尿出来ない(尿閉)があった場合は1000ml近くになる。

子供の夜尿症で、膀胱が小さいことが原因の場合、排尿をなるべく我慢させることで、成長とともに膀胱の容量が大きくなり、夜尿が治るケースがある。ただ成人になっても1%程度の人が夜尿症が続くと言われている。

利用[編集]

  • ラグビーボールとサッカーボールは昔、の膀胱を膨らませた物を用いて球技のボールとしていた。
  • 耐水性を持たせやすく、もともと袋としての形状を持っていることから、古来より動物の膀胱は水筒の材料として利用されてきた。
  • 豚の膀胱は細胞外マトリックスとなり、身体の切断された部位に塗ることでそこが復元する。詳しい原理はわかっていないが、米国では再生医療の1つとして実用化されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]