尿管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尿管
Kidney PioM.png
腎臓の模式図。
1.腎錐体 2.輸入細動脈 3.腎動脈 4.腎静脈 5.腎門 6.腎盤 7.尿管 8.腎杯 9.腎被膜 10.下端 11.上端 12.輸出細動脈 13.ネフロン 14.小腎杯 15.大腎杯 16.腎乳頭 17.腎柱
英語 Ureter
動脈 上膀胱動脈
腟動脈

尿管(にょうかん、ureter)とはで作った尿を膀胱に運ぶ管腔臓器である。長さは約28㎝、直径4~7㎝。輸尿管(ゆにょうかん)ともいう。左右に1本ずつある。粘膜・筋層および線維性の外膜からなる。筋層は2層からなり(内縦・外輪であるが、下部では外輪層の外側に縦走筋がある)、1分間に1~4回の蠕動運動をしており、これにより尿を膀胱に効率よく運ぶ。膀胱までに尿を運ぶ際に狭窄する場所として腎盂から尿管へ移行する尿管起始部、総腸骨動脈総腸骨静脈との交叉部、膀胱壁を貫く膀胱への移行部がある。

腎結石が尿管につかえて痛みの発作をおこすことがある(尿路結石)

関連項目[編集]