出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Stomach002.svg
Illu stomach.jpg
表記・識別
MeSH A03.556.875.875
ドーランド
/エルゼビア
f_17/12380862
TA A05.5.01.001
FMA 7148
解剖学用語英語版
1. 食道 2. 3. 十二指腸 4. 小腸 5. 盲腸 6. 虫垂 7. 大腸 8. 直腸 9. 肛門

(い、ラテン語: Stomachus:ストマクス、ドイツ語: Magen:マーゲン)は、消化器を構成する器官

ヒトの胃[編集]

位置[編集]

ただし大きさ・位置に関しては個人差があり、胃が垂れ下がった胃下垂の状態になることもある。

構造[編集]

胃は消化管を成す管状の器官であり、入口と出口が狭く、途中がふくらんで袋状の構造になっている。全体の形状は死体と生体で大きく異なり、生体では多くの場合、鈎形である。

食道につながる部分を噴門部、十二指腸につながる部分を幽門部、それ以外の部位を胃体部と言う[1]。全体が左側に弧状に湾曲しており、噴門から幽門までが大きくふくらんでいる左側を大彎(だいわん)、ふくらみが小さく逆に反った形になっている右側を小彎(しょうわん)と呼ぶ。なお、胃底部と呼ばれるのは、胃の上部で噴門に近い部分のことで、この名は、胃の外科手術を行うとき、胃よりも下の部位から開腹するため、そこから見ると胃の中では一番奥に位置することから付けられた。胃底部は横隔膜に接する。中身がない状態では、内側の壁はひだを作り縮んでいる(容積は約50ミリリットル)が、食後に食べ物でふくらんだ状態のときは、腹部前面に張り出したのが感じられるぐらいに膨らむ(いわゆる「満腹」の状態では、容積は1.5から1.8リットル)。幽門は第1腰椎右側に位置する。

粘膜の微細構造と胃腺[編集]

胃の壁は、3層構造をしている。胃の壁を胃壁と言う。胃壁は内側から粘膜層、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜から成る。筋層の外側は腹膜で覆われている。なお、胃癌は胃壁のどの部位まで浸潤したかで進行度が判断される。

粘膜には、胃小窩(いしょうか)と呼ばれる微細な穴が無数に並んでいる。胃小窩の底には、胃腺(胃底腺)とよばれる管状の分泌腺が開口し、この腺が粘膜の最下層までのびている[2]。この分泌からは、主に、塩酸消化酵素ペプシノゲン分泌される(胃液)。胃腺の細胞のうち、壁細胞(傍細胞)は胃酸塩酸[3]および内因子を分泌し、主細胞はペプシンの前駆体であるペプシノゲンを分泌する[4]。ペプシノゲンは生理活性が無いが、塩酸に反応することで活性型のペプシンに変化する[4]

なお、壁細胞から分泌される塩酸(胃酸)は胃の幽門前庭部に存在するG細胞から産生されるガストリン副交感神経末端から分泌されるアセチルコリン肥満細胞などから分泌されるヒスタミンによる刺激で内分泌される[5][6]。胃の粘膜の表面をおおう副細胞は、塩酸の酸性とペプシンによる消化から細胞自身を守るため、粘液を分泌している。

機能[編集]

  • 蛋白質はペプシンによって、ポリペプチド(ペプトン)と呼ばれる水溶性の分解産物に消化される。
  • 食べ物が入ってくるとガストリンを血管内へ分泌してペプシノゲンの分泌を促進し、胃壁細胞からの胃酸分泌を促進し、胃壁細胞を増殖させる、等の消化活動を活発化する。
  • 食べ物が十二指腸へ出てゆくと、十二指腸から内分泌されるセクレチンによってガストリン分泌が抑制され、消化活動を停止する。
  • 内因子を分泌してビタミンB12の吸収に関与する。

などの機能を持つ。

胃と胃液[編集]

強酸性の胃液が胃を自ら消化してしまわないのは、胃の副細胞から分泌される粘液で胃が覆われているからであるが、それだけではない。胃液を中和する重曹も生成されている。また常にプロスタグランジンという活性物質の働きで細胞増殖を活発にして胃壁の損傷を最小限に抑えている。しかしストレスなどで副交感神経のバランスが崩れたりすると、胃液や消化酵素のコントロールが効かず自分自身を消化してしまう、つまり胃に穴が開く状態である「胃潰瘍」を引き起こす。

胃の疾患[編集]

動物の胃[編集]

多くの動物も人間と同じ単胃を持つが、ヤギなどの反芻類では複胃を持つ。反芻類の複胃は前胃(第一胃、第二胃、第三胃)と腺胃(第四胃)に分けられ、第一胃と第二胃はあわせて反芻胃とも呼ばれる。これら家畜の胃は幅広い地域で食材としても用いられる。特にその空洞性から詰め物料理として用いられることも多い。

また、無脊椎動物の食物などが滞留する消化管を「胃」と称することもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤田ら, p.115
  2. ^ 藤田ら, pp.116-117
  3. ^ 藤田ら, p.119
  4. ^ a b 藤田ら, p.117
  5. ^ 藤田ら, p.123
  6. ^ 藤田ら, p.125

参考文献[編集]

関連項目[編集]