胃炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
胃炎, gastritis
Gastritis helicobacter - intermed mag.jpg
顕微鏡でみた胃炎の組織像。HE染色
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学
ICD-10 K29.0-K29.7
ICD-9-CM 535.0-535.5
MedlinePlus 001150
eMedicine emerg/820 med/852
MeSH D005756

胃炎(いえん、: gastritis)とは、に起きる炎症のことである[1]。そのエピソードは短期もあれば、長期にもなりえる[1]。自覚症状がないこともあるが、症状がある場合に最も一般的なのは、上腹部の痛みである[1]。ほか、悪心、嘔吐、鼓脹、食欲不振、胸やけなども起こりえる[1][2]。合併症には胃出血、胃潰瘍、胃腫瘍などがある[1]萎縮性胃炎のケースではビタミンB12不足により貧血が起こっており、これは悪性貧血をひきおこす[3]

最も一般的な原因は、ヘリコバクター・ピロリへの感染と、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)使用によるNSAID潰瘍である[1]。その他の原因には飲酒喫煙コカイン、深刻な病気、萎縮性胃炎放射線療法クローン病がある[1][4]。検査には内視鏡消化管造影検査、血液検査、便検査などが役立つ[1]。また胃炎の症状は心筋梗塞の症状でもありえる[2]。 ほか同様の症状を示すものには膵臓炎、胆嚢疾患、消化性潰瘍などがある[2]

胃炎の予防は原因となるものを避けることである[5]。治療には制酸剤H2ブロッカープロトンポンプ阻害薬などの薬が使われる[1]。急性発作の場合には粘性のあるリドカインの服用が助けになりえる[6]。胃炎がNSAIDsによる場合は、これを中止する[1]。ピロリ菌が存在する場合には、抗生物質の組み合わせで除菌する[1]悪性貧血であるときは、、ビタミンB12を経口または注射で摂取する[3]。一般的に患者には、胃を痛める食事を避けるよう助言されている[7]

胃炎は世界のおよそ半分の人々に発生しているとされている[5]。2013には約9000万人が新たに発症した[8]。加齢に従って胃炎はより一般的になる[5]。初期の経過は腸に起こる十二指腸炎と似ており、これにより2015年には5万人が死亡している[9]。ピロリ菌は1981年にバリー・マーシャルロビン・ウォレンにより初めて発見された[10]

原因[編集]

ピロリ菌[編集]

致命的な病気[編集]

食事[編集]

根拠によれば、辛い食べ物やコーヒーといった特定の食物が消化性潰瘍の原因であることは確認されていない[11]。しかし一般的に、人々は胃を痛める食事を避けるよう助言されている[7]

臨床分類[編集]

臨床的には一般に以下に分類される。

急性胃炎[編集]

胃粘膜の急性炎症で、臨床的には腹痛嘔吐消化管出血などの突発症状を呈し、飲酒、喫煙、薬物(NSAIDsコカイン等)、ストレスなどが原因として上げられる。

慢性胃炎[編集]

慢性胃炎は、胃粘膜の慢性炎症と固有胃腺の萎縮、腺の過形成あるいは腸上皮化生を主要所見とする。固有胃腺の萎縮は幽門前庭部から胃体部へと加齢とともに拡大していく。1983年に発見されたヘリコバクター・ピロリ( Helicobacter pylori )[12]1987年に発見されたヘリコバクター・ハイルマニイ( Helicobacter heilmannii )[13][14]の感染が慢性胃炎の一つの原因として注目されている。ヘリコバクター・ピロリ感染陰性の慢性胃腸炎患者の約半数がヘリコバクター・ハイルマニイに感染しているとの報告がある[14]

変遷[編集]

「胃炎」のメカニズムを、内科学外科学病理学消化器学者達が、解析しいくと共に以下のように分類されていった。

Schindler分類[編集]

1947年に、ドイツルドルフ・シンドラー(Rudolf Schindler)が提唱した分類。

  • 急性胃炎
    • 単純性胃炎‐腐食性胃炎‐出血性胃炎‐化膿性胃炎
  • 慢性胃炎
    • 原発性‐表層性‐萎縮性‐肥厚性(間質性‐増殖性‐腺性)
    • 随伴性‐腫瘍性‐消化性潰瘍‐手術後

木村・竹本分類[編集]

1969年に、東京大学医学部第三内科の竹本忠良(後に東京女子医科大学教授)と、木村健(後に自治医科大学教授)によって提唱された分類。

現在でも実臨床で広く用いられている分類。

Strickland & Mackay 分類[編集]

1973年に、自己抗体を組み入れて提唱された分類。

  • A型胃炎‐B型胃炎

Sydney system[編集]

1990年に、オーストラリアシドニーで開催された「World Congress of Gastroenterology(世界消化器学会議)」で提唱された分類。

内視鏡的と組織学的な評価を融合させた分類。欧米を中心に作成された分類。

Update Sydney system[編集]

1994年に、米国テキサス州ヒューストンでの消化器病理学者の会議で提唱され、1996年に「Sydney system」の改訂版として「 American Journal of Surgical Pathology」へ掲載された分類。

京都分類[編集]

2013年に、日本京都で開催された「第85回日本消化器内視鏡学会総会」で、「木村・竹本分類」を基本として「ヘリコバクター・ピロリ」の感染状態を付加して提唱された分類。

治療[編集]

制酸剤は軽度から中等度の胃炎に対しての一般的な治療法である[15]。制酸剤が十分な効果減をもたらさない場合、H2ブロッカープロトンポンプ阻害薬など、酸の効果を減らす薬が処方されることが多い[15][16]

細胞保護剤は、胃と小腸を覆う組織を保護するのを助けるものであり[17]スクラルファートミソプロストールが存在する。もしNSAIDsが常用されている場合には、これらの薬が併用されることが多い

ピロリ菌の除菌には、2種類の抗生物質とプロトンポンプ阻害薬のセットが使われている。ときどき保護剤としてビスマスが加えられる。

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Gastritis”. The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases (NIDDK) (2013年11月27日). 2015年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c Rosen & Barkin's 5-Minute Emergency Medicine Consult (4 ed.). Lippincott Williams & Wilkins. (2012). p. 447. ISBN 9781451160970. オリジナルの2015-04-02時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=3JNUG-m0650C&pg=PA447. 
  3. ^ a b Varbanova, M.; Frauenschläger, K.; Malfertheiner, P. (Dec 2014). “Chronic gastritis - an update.”. Best Pract Res Clin Gastroenterol 28 (6): 1031–42. doi:10.1016/j.bpg.2014.10.005. PMID 25439069. 
  4. ^ Hauser, Stephen (2014). Mayo Clinic Gastroenterology and Hepatology Board Review. Oxford University Press. pp. 49. ISBN 9780199373338. オリジナルの2016-03-05時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=1bITBAAAQBAJ&pg=PA49. 
  5. ^ a b c Fred F. Ferri (2012). Ferri's Clinical Advisor 2013,5 Books in 1, Expert Consult - Online and Print,1: Ferri's Clinical Advisor 2013. Elsevier Health Sciences. p. 417. ISBN 9780323083737. オリジナルの2016-03-05時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=OR3VERnvzzEC&pg=PA417. 
  6. ^ Adams, (2012). “32”. Emergency Medicine: Clinical Essentials. Elsevier Health Sciences. ISBN 9781455733941. オリジナルの2016-08-15時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=rpoH-KYE93IC&pg=PP1314. 
  7. ^ a b Oxford handbook of nutrition and dietetics (2nd ed.). Oxford: Oxford University Press, USA. (2012). p. 571. ISBN 9780199585823. オリジナルの2017-09-08時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=8DugwipyfHgC&pg=PA571. 
  8. ^ Global Burden of Disease Study 2013, Collaborators (22 August 2015). “Global, regional, and national incidence, prevalence, and years lived with disability for 301 acute and chronic diseases and injuries in 188 countries, 1990-2013: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2013.”. Lancet 386 (9995): 743–800. doi:10.1016/s0140-6736(15)60692-4. PMC 4561509. PMID 26063472. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4561509/. 
  9. ^ GBD 2015 Mortality and Causes of Death, Collaborators. (8 October 2016). “Global, regional, and national life expectancy, all-cause mortality, and cause-specific mortality for 249 causes of death, 1980-2015: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2015.”. Lancet 388 (10053): 1459–1544. doi:10.1016/s0140-6736(16)31012-1. PMC 5388903. PMID 27733281. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5388903/. 
  10. ^ Wang, AY; Peura, DA (October 2011). “The prevalence and incidence of Helicobacter pylori-associated peptic ulcer disease and upper gastrointestinal bleeding throughout the world.”. Gastrointestinal Endoscopy Clinics of North America 21 (4): 613–35. doi:10.1016/j.giec.2011.07.011. PMID 21944414. 
  11. ^ Rubin's pathology : clinicopathologic foundations of medicine (Sixth ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. (2012). p. 623. ISBN 9781605479682. オリジナルの2015-04-02時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=wb2TzY9AgJ0C&pg=PA623. 
  12. ^ Marshall BJ (1983). “Unidentified curved bacillus on gastric epithelium in active chronic gastritis”. Lancet 1 (8336): 1273–1275. PMID 6134060. 
  13. ^ 津田政広「[1]」『神戸大学医学部神緑会学術誌』第26巻、2010年8月、 65-67頁。
  14. ^ a b ピロリ陰性の胃疾患に関与の可能性 その胃炎、ハイルマニイの仕業かも? 日経メディカルオンライン 記事:2015年8月25日 閲覧:2015年9月10日
  15. ^ a b Zajac, P; Holbrook, A; Super, ME; Vogt, M (March–April 2013). “An overview: Current clinical guidelines for the evaluation, diagnosis, treatment, and management of dyspepsia”. Osteopathic Family Physician 5 (2): 79–85. doi:10.1016/j.osfp.2012.10.005. 
  16. ^ “Guide to the use of proton pump inhibitors in adult patients”. Drugs 68 (7): 925–47. (2008). doi:10.2165/00003495-200868070-00004. PMID 18457460. 
  17. ^ Fashner, J; Gitu, AC (15 February 2015). “Diagnosis and Treatment of Peptic Ulcer Disease and H. pylori Infection.”. American Family Physician 91 (4): 236–42. PMID 25955624. 

外部リンク[編集]