げっぷ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

げっぷ(擬声語)とは、の中にたまった空気ガスから排出される現象を指す。 雅語ではおくびあいき(噯、噯気)ともいう。

げっぷが出やすくなる時[編集]

  • 炭酸飲料ビールを飲んだ後(飲料の炭酸が胃液化学反応を起こし炭酸ガスの遊離が促進され胃に充満するため)。
  • 満腹になるまで食事を摂る(食事と一緒に空気も飲み込むため)。
  • 胃腸の調子が悪い(悪玉菌などの影響で、有害なガスが発生するため)。
  • 緊張状態(頻繁にを飲み込むため)。空気嚥下症を参照。
  • 健康診断などで胃を膨らませるために発泡剤を飲む(出してしまったらもう一回飲まなければいけない)。
  • 水泳の後(息継ぎのときや、潜る瞬間の息止めで空気を飲み込むため)。

その他[編集]

  • などの家畜のげっぷは、地球温暖化の一因になっているという説がある。そのため、げっぷに含まれるメタンガスを少なくするためのが開発されている。
  • 多くの国で人前でのげっぷはマナー違反となる。

関連項目[編集]