膵炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pancreatitis
分類および外部参照情報
ICD-10 K85, K86.0-K86.1
ICD-9-CM 577.0-577.1
OMIM 167800
DiseasesDB 24092
eMedicine emerg/354
MeSH D010195

膵炎(すいえん、: Pancreatitis)とは、何らかの要因により膵臓が炎症を起こした状態の総称。炎症の原因は、ウイルス感染症、胆石、アルコール摂取、薬の副作用、消化酵素などである。急な発症の急性膵炎と徐々に膵臓の機能不全に陥る慢性膵炎がある。

分類[編集]

臨床の発症状態において以下に分類される。詳細は各項目の記述を参照。

要因[編集]

要因として以下の疾患が原因となりうる。詳細は各項目の記述を参照。

検査[編集]

鑑別[編集]

マクロアミラーゼ血症
アミラーゼが複合体を形成し、腎臓から排出されなくなるため血中アミラーゼ値が高くなることが知られている。臨床症状は存在しない。尿中アミラーゼは低く、アミラーゼクリアランス/クレアチニンクリアランスは1%未満となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]