慢性膵炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慢性膵炎
分類及び外部参照情報
ICD-10 K86.0-K86.1
ICD-9 577.1
OMIM 167800
DiseasesDB 9559
MedlinePlus 000221
eMedicine med/1721
MeSH D050500
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

慢性膵炎(まんせいすいえん、Chronic pancreatitis)は慢性的に膵臓に炎症をきたすことで生じる膵炎のこと。

要因[編集]

基本的にアルコールによるものが最も多いとされている。その他に関しては以下のものがある。欧米では「TIGAR-O Classification System(TIGAR-O分類)」による要因分類が広く用いられている。

臨床像[編集]

無症候性の場合も多いが、症状としては腹痛が主な症状であり、その他には下痢・脂肪便・食欲不振等もある。

検査[編集]

血液検査[編集]

膵臓が慢性炎症を受けて機能低下を生じてくる。

  • 外分泌機能低下
    • セクレチン負荷試験にて膵液量・重炭酸アミラーゼの分泌低下
    • BT-PABA試験にて尿中PABA低下
    • 便中エラスターゼ1測定
    • 13CBz-Tyr-Ala呼気試験
  • 内分泌機能低下

画像検査[編集]

画像検査で膵の石灰化像を認めることで確定される

膵の石灰化像
膵管内に結石像

治療[編集]

生活習慣改善[編集]

アルコールによるものが多く、禁酒禁煙が基本となる。

薬物療法[編集]

酵素に働きかけ膵臓を落ち着かせる

胃酸を抑え膵臓への負荷を減らすヒスタミンH2受容体拮抗薬

胃酸を抑え膵臓への負荷を減らすプロトンポンプ阻害薬

主に増悪期に用いる点滴剤

膵液の流れをよくする

酵素の代わりをする

痛み止め

痛み止め(その2)

関連項目[編集]