自己抗体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自己抗体(じここうたい、Autoantibody)とは、自己の細胞ないし組織に対して産生される抗体のこと。

自己抗体 対象抗原 疾患
抗核抗体
抗dsDNA抗体 double stranded-DNA 全身性エリテマトーデス(SLE)
抗sm抗体 Smith SLE
可溶性核抗原(ENA) Ro/SS-A, La/SS-B SLA[要曖昧さ回避]
シェーグレン症候群
抗セントロメア抗体 centromere 限局皮膚硬化型全身性強皮症(旧称CREST症候群)
抗神経細胞核抗体-2 Ri オプソクローヌス
抗トポイソメラーゼ-1抗体(抗Scl-70抗体 トポイソメラーゼ-1 強皮症
抗ヒストン抗体 ヒストン SLE
抗p62抗体 ヌクレオポリン62 原発性胆汁性胆管炎
抗sp100抗体 Sp100核抗原
抗糖蛋白210抗体 ヌクレオポリン210kDa
トランスグルタミナーゼ抗体 tTG セリアック病
eTG 疱疹状皮膚炎
抗ガングリオシド抗体 ガングリオシドGQ1B ミラー・フィッシャー症候群
ガングリオシド GD3 急性運動性軸索性ニューロパチー(AMAN)
ガングリオシド GM1 多巣性運動ニューロパチー(MMN)
抗アクチン抗体 アクチン セリアック病
肝腎ミクロソーム抗体1型 自己免疫性肝炎
ループス性抗凝固因子 抗トロンビン抗体 トロンビン SLE
抗リン脂質抗体 リン脂質 抗リン脂質抗体症候群
抗好中球細胞質抗体(ANCA) PR3-ANCA(c-ANCA) 好中球細胞質 多発血管炎性肉芽腫症
MPO-ANCA(p-ANCA) 好中球核周囲 顕微鏡的多発血管炎
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症
抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体(抗ARS抗体) 抗Jo-1抗体 細胞内酵素 多発筋炎/皮膚筋炎
抗PL-7抗体
抗PL-12抗体
抗EJ抗体
抗OJ抗体
抗KL抗体
抗Zo抗体
リウマトイド因子 IgG 関節リウマチ
抗平滑筋抗体 平滑筋 自己免疫性肝炎
抗ミトコンドリア抗体 ミトコンドリア 原発性胆汁性胆管炎
抗アセチルコリン受容体抗体 アセチルコリン受容体 重症筋無力症
抗MuSK抗体 muscle-specific kinase(MUSK) 重症筋無力症
抗VGCC抗体 voltage-gated calcium channel (P/Q-type) ランバート・イートン症候群
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体 ヨウ化物ペルオキシダーゼ (microsomal) 橋本病
抗TSHレセプター抗体 TSH受容体 バセドウ病
抗Hu抗体 Hu 腫瘍随伴小脳変性症
抗Yo抗体 小脳プルキンエ細胞 腫瘍随伴小脳変性症
抗アミノフィリン抗体 アミノフィリン 腫瘍随伴小脳変性症
抗VGKC抗体 voltage-gated potassium channel (VGKC) 辺縁系脳炎
抗基底核抗体 基底核 シデナム舞踏病
溶連鎖球菌関連小児自己免疫神経精神疾患 (PANDAS)
抗NMDA抗体 N-methyl-D-aspartate receptor (NMDA) 脳炎
抗GAD抗体 グルタミン酸デカルボキシラーゼ(GAD65) 1型糖尿病
スティッフパーソン症候群
抗アンフィフィシン抗体 アンフィフィシン スティッフパーソン症候群
aquaporin-4 デーヴィック症候群

病原性自己抗体[ソースを編集]

自己抗体は臨床的に重要なバイオマーカーであるが、病因にどのように関わっているのかも重要である。病因に関与する自己抗体を病原性自己抗体という。病原性自己抗体であることを証明するには以下の5つの条件をみたすことが求められる[1]

  • 対象となる自己抗体が患者で検出される
  • 自己抗体がターゲットとなる抗原と反応する
  • 自己抗体の投与によって病態が再現される
  • 対応する抗原の免疫により疾患モデルが発現される
  • 自己抗体の力価低下によって病態が改善する

自己抗体の産生機構[ソースを編集]

鳥取大学医学部医学科分子病理学分野の長田佳子らの研究グループは2017年、9割以上の人間が感染しているヘルペスウイルスの一種、エプスタイン・バール・ウイルスEBウイルス)に感染したB細胞からバセドウ病の自己抗体である抗TSHレセプター抗体(TRAb)が産生されることを分子生物学的に示した[2]

EBウイルスに感染したB細胞は自己反応性か否かによらず、EBウイルスの潜伏感染Ⅲ型遺伝子のLMP1によるT細胞非依存性のCD40共刺激シグナルの模倣によるNF-κBの活性化で、活性化誘導シチジンデアミナーゼ(AID)の発現が促進されT細胞非依存性のクラススイッチが可能となり、多クローン性にあらゆるアイソタイプの抗体の産生をし得る。

EBウイルスに感染したB細胞が自己反応性の抗体の可変部を持っていた時、自己抗体を産生し得るということである。

長田佳子らの研究グループはその2017年の論文[2]の結論中で、あらゆる自己免疫疾患の自己抗体の産生にEBウイルスが関与し得ると示唆している。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Official Journal of Japanese Society for Neuroimmunology VOL.21 NO.1 69 2016 ISSN 0918-936X
  2. ^ a b Nagata K, Kumata K, Nakayama Y, Satoh Y, Sugihara H, Hara S, Matsushita M, Kuwamoto S, Kato M, Murakami I, Hayashi K (2017). "Epstein-Barr Virus Lytic Reactivation Activates B Cells Polyclonally and Induces Activation-Induced Cytidine Deaminase Expression: A Mechanism Underlying Autoimmunity and Its Contribution to Graves' Disease"Viral Immunology30 (3): 240-249. PMC 5393416 PMID 2833576 doi10.1089/vim.2016.0179.