セリアック病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セリアック病
Coeliac path.jpg
セリアック病によって絨毛などに異常を来たした小腸の生検画像
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学
ICD-10 K90.0
ICD-9-CM 579.0
OMIM 212750
DiseasesDB 2922
MedlinePlus 000233
eMedicine med/308 ped/2146 radio/652
Patient UK セリアック病
MeSH D002446
GeneReviews
テンプレートを表示

セリアック病(セリアックびょう、: coeliac disease: celiac disease)またはシリアック病(シリアックびょう)は、遺伝的素因のある子供や大人の小腸に影響を与える慢性の多臓器自己免疫疾患であり[1]グルテンを含む食品を摂取すると発症する[1]。この疾患はまた「グルテン過敏性腸症」[1][2]「グルテン性腸症」「セリアックスプルー(: celiac sprue)」とも呼ばれる。英語圏では他にも「グルテン拒否症」「非熱帯性腸症」という意味の表現も用いられている。

概要[編集]

第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった[3]

遺伝性疾患である。患者の近親者にはセリアック病患者が見られることから遺伝的要因が大きいとされており、セリアック病の人のほとんどが、(ヒト白血球型抗原の)HLA-DQ2またはHLA-DQ8が陽性である[4]欧米での罹患率は1 %程度と報告されている。だが日本での羅患率は不明である[5]

機序(メカニズム)

小腸内の上皮細胞には絨毛微絨毛と呼ばれる小突起が存在して栄養素の吸収を行なっている。遺伝的にセリアック病にかかっている患者がグルテンを含有する食物などを摂取すると、ヒト消化酵素では分解できないグルテン分子の一部が小腸上皮組織内にペプチド鎖のまま取り込まれ、これに対する免疫反応がきっかけとなって自己の免疫系が小腸の上皮組織を攻撃して炎症を起こすことで絨毛などを損傷し、また上皮細胞そのものの破壊にまで至ってしまう[6]。この結果、小腸から栄養を吸収出来なくなり、患者は食事の量などに関らず栄養失調の状態に陥る。

症状[編集]

セリアック病の症状は消化器官の損傷が直接的に影響するものと、損傷が副次的に影響する物に分けられ、過敏性腸症候群クローン病憩室炎慢性疲労症候群などと似ている。

消化器症状の例[3]
  • 腹部膨満感と痛み、慢性の下痢、悪臭を放つ便(脂肪便
消化管外症状の例[3]

検査[編集]

治療[編集]

薬物療法
コルチコステロイド投与[10]
セリンプロテアーゼ消化酵素を使った治療法は、試験段階で認可された医薬品はない[11]
対症療法
大部分の患者は、グルテンを含まないグルテン除去食が唯一の認められた治療法となる[11]

病名の語源[編集]

「coeliac」という単語は、ギリシア語ギリシャ語: κοιλιακος, koiliakos(腹部の)に由来しており、古代ギリシャにて本疾患を記述したとされるカッパドキアのアレタイオス英語版の著作の翻訳に基づき、19世紀に導入された[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c World Gastroenterology Organisation, Global Guidelines, Celiac disease
  2. ^ 渡辺知佳子, 三浦総一郎, 穂苅量太「セリアック病とグルテン過敏性腸症」『診断と治療』第105巻第5号、診断と治療社、2017年5月、656-660頁、ISSN 0370999XNAID 40021215157 
  3. ^ a b c 中澤英之、セリアック病と「氷山モデル」 『信州医学雑誌』 2008年 56巻 4号 p.212, doi:10.11441/shinshumedj.56.212
  4. ^ van Heel D, West J (2006). “Recent advances in coeliac disease”. Gut 55 (7): 1037-1046. doi:10.1136/gut.2005.075119. PMC 1856316. PMID 16766754. https://doi.org/10.1136/gut.2005.075119. 
  5. ^ 中澤英之、牧島秀樹、石田文宏 ほか、「セリアック病」『胃と腸』 43巻 4号, 2008/4/24, doi:10.11477/mf.1403101344
  6. ^ 星野浩子, 田所忠弘「セリアック病とグルテンフリー食品」『紀要』VOLN6、東京聖栄大学、2014年3月、35-47頁、ISSN 18832911NAID 110009780443 
  7. ^ Kasirer Y, et al. Dig Endosc. 2014 Mar;26(2):232-5.
  8. ^ Ivor D. Hill (2005). “What are the sensitivity and specificity of serologic tests for celiac disease? Do sensitivity and specificity vary in different populations?”. Gastroenterology 128 (4, Supplement 1): S25-S32. doi:10.1053/j.gastro.2005.02.012. ISSN 0016-5085. https://doi.org/10.1053/j.gastro.2005.02.012. 
  9. ^ Christophe Cellier and Eric Delabesse and Christine Helmer and Natacha Patey and Claude Matuchansky and Bana Jabri and Elizabeth Macintyre and Nadine Cerf-Bensussan and Nicole Brousse (2000). “Refractory sprue, coeliac disease, and enteropathy-associated T-cell lymphoma”. The Lancet 356 (9225): 203-208. doi:10.1016/S0140-6736(00)02481-8. ISSN 0140-6736. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(00)02481-8. 
  10. ^ セリアック病 - 03. 消化器系の病気 MSDマニュアル家庭版
  11. ^ a b Ianiro G, Pecere S, Giorgio V, Gasbarrini A, Cammarota G (2016). “Digestive Enzyme Supplementation in Gastrointestinal Diseases”. Curr. Drug Metab. 17 (2): 187-193. doi:10.2174/138920021702160114150137. PMC 4923703. PMID 26806042. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4923703/. 
  12. ^ Adams F, translator (1856). “On The Cœliac Affection”. The extant works of Aretaeus, The Cappadocian. London: Sydenham Society. オリジナルの2007年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070311164628/http://www.chlt.org/sandbox/dh/aretaeusEnglish/page.102.a.php 2006年9月4日閲覧。  Google Books entry も参照のこと

関連項目[編集]

外部リンク[編集]