抗体依存性細胞傷害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

抗体依存性細胞傷害、又は、 抗体依存性細胞介在性細胞傷害(antibody-dependent cell-mediated cytotoxicity; ADCC)とは標的細胞の表面抗原に結合した抗体のFc部位がナチュラルキラー細胞マクロファージ好中球好酸球などのエフェクター細胞のFc受容体と結合することで、抗体依存的に誘導される細胞傷害活性である。この機構は獲得免疫後の細胞性免疫機構の一つであり、主にII型アレルギーに関与している。

参考文献[編集]


外部リンク[編集]