消化酵素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

消化酵素(しょうかこうそ)は、消化に使われる酵素のことで、消化の後に栄養の吸収につながる[1]。分解される栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられる[1]。生物が食物を分解するために産生するほかは、食品加工、胃腸薬、洗剤として使用される。また、海外ではサプリメントとしての利用も一般化している。

炭水化物分解酵素[編集]

唾液

膵液

  • アミラーゼ(アミロプシン) – 多糖であるデンプンを主に二糖であるマルトースに変える。

腸液

タンパク質分解酵素[編集]

一般にプロテアーゼ(広義のペプチダーゼ)と呼ばれる。また、腸液に含まれるプロテアーゼの混合物はエレプシンと呼ばれる。

胃液

膵液

腸液

脂肪分解酵素[編集]

胃液、膵液、(腸液、唾液)

※唾液には少量含まれる。リパーゼが腸液に含まれるとするかは解釈が分かれている。

使用[編集]

慢性膵炎、膵臓癌、嚢胞性線維症、糖尿病の膵外分泌機能不全では、膵臓酵素製剤が治療法となり、医薬品が承認されている[1][2][3]。消化されないよう脂溶性の加工が施されることもあるが、膵外分泌機能不全や脂肪便症では腸溶性の加工をしなくても、量を増やすことで効果は増す[4]乳糖不耐症でもラクターゼ製剤が市販されている[1]セリアック病では研究段階である[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “Digestive Enzyme Supplementation in Gastrointestinal Diseases”. Curr. Drug Metab. 17 (2): 187–93. (2016). PMC 4923703. PMID 26806042. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4923703/. 
  2. ^ 北川裕久、田島秀浩 、中川原寿俊ら「膵頭部癌術後の消化吸収障害に対する高力価・腸溶性膵消化酵素剤投与の有用性についての検討」、『膵臓』第28巻第2号、2013年4月25日、 178-184頁、 doi:10.2958/suizo.28.178NAID 10031178027
  3. ^ 伊藤鉄英、安田幹彦、河辺顕ら「慢性膵炎の栄養療法」、『日本消化器病學會雜誌』第104巻第12号、2007年12月5日、 1722-1727頁、 doi:10.11405/nisshoshi.104.1722
  4. ^ “The role of enzyme supplementation in digestive disorders” (pef). Altern Med Rev 13 (4): 307–14. (December 2008). PMID 19152478. http://archive.foundationalmedicinereview.com/publications/13/4/307.pdf.