炎症性腸疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
炎症性腸疾患
分類および外部参照情報
DiseasesDB 31127
eMedicine med/1169 emerg/106 oph/520
MeSH D015212

炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん、inflammatory bowel disease:IBD)とは、主として消化管に炎症をおこす慢性疾患の総称で、潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD) の2疾患からなる。

感染腸炎とは違い、この二疾患は主に自己免疫的な機序による慢性疾患である。治療もメサラジンに代表されるサリチル酸製剤、インフリキシマブに代表される抗TNF-α抗体、副腎皮質ステロイドなどを用いて寛解を得、刺激の多い食事を控えて寛解を維持するという点で共通している。

それぞれの疾患の詳細は各項目を参照。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]