メサラジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メサラジン
Mesalazine structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: B
法的規制
投与方法 経口・坐剤
薬物動態データ
生物学的利用能 orally: 20-30% absorbed
rectally: 10-35%
代謝 Rapidly & extensively metabolised intestinal mucosal wall and the liver
半減期 5 hours after initial dose.
At steady state 7 hours
識別
CAS番号
(MeSH)
89-57-6
ATCコード A07EC02 (WHO)
PubChem CID: 4075
DrugBank APRD01098
ChemSpider 3933
KEGG D00377
化学的データ
化学式 C7H7NO3
分子量 153.135 g/mol

メサラジン(Mesalazine)とは抗炎症薬の一つで、潰瘍性大腸炎クローン病の炎症を治療するのに使用される。5-アミノサリチル酸(5-ASA)とも言われる。結核の治療薬パラアミノサリチル酸(4-アミノサリチル酸、PAS)の位置異性体

商品名はアサコール(Asacol、ゼリア新薬工業)、ペンタサ(Pentasa、杏林製薬)、リアルダ、(Lialda持田製薬)。(アサコールは錠剤、ペンタサは錠剤、顆粒剤、坐剤、注腸剤、リアルダはフィルムコーティング錠)

概要[編集]

元来使われていたサラゾスルファピリジンの副作用を解消するために開発された。サラゾスルファピリジンの成分のうち副作用の原因となっていたスルファピリジンを除き、有効成分5-アミノサリチル酸のみを取り出した治療薬。

大腸に届く前に小腸で吸収されてしまうことも多いため、ペンタサでは腸溶性の被膜コーティングを、アサコールではpH依存型の被膜コーティングを施行し、胃では溶けずに小腸から大腸にわたって徐々に溶けて、大腸に到達してから5-ASAが放出されるように工夫されている。

5-ニトロサリチル酸を水酸化カリウム/ラネーニッケル触媒と反応させる事によって合成。[1]

5-ASAの合成

副作用[編集]

一般的な副作用は、下痢、吐き気、痙攣、腹の張り[2]であるが、稀に頭痛、症状の悪化、超過敏反応(吹き出物、蕁麻疹等)、脱毛、急性膵炎肝炎ネフローゼ症候群、血液疾患(無顆粒球症再生不良性貧血白血球減少症好中球減少症血小板減少症等)が起こることもある。

サラゾスルファピリジンより副作用は少ないが、稀に以下の副作用が起こる。

重大な副作用は、

  • 骨髄抑制、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症、血小板減少症
  • 心筋炎、心膜炎、胸膜炎、間質性肺疾患、膵炎、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、肝炎、肝機能障害、黄疸

である(全て頻度不明)[3][4]

出典[編集]