解剖治療化学分類法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

解剖治療化学分類法(かいぼうちりょうかがくぶんるいほう、Anatomical Therapeutic Chemical Classification System)は医薬品の分類に用いられる。普通はATC分類またはATCコードと呼ばれる。

WHOの医薬品統計法共同研究センター (Collaborating Centre for Drug Statistics Methodology) によって管理されており、1976年に発行が開始された[1]。この分類法では、医薬品は効果をもたらす部位・器官、および作用能・化学的特徴によって5つのレベルでグループ分けされる。

分類[編集]

以下の5つのレベルによる分類法が適用される。

第1レベル
解剖学的部位に基づいた分類で、アルファベット1文字で表される。14のメイングループからなる。
第2レベル 
治療法メイングループによる分類。2個の数字で示される。
第3レベル 
治療法・薬学サブグループによる分類。1個のアルファベットで示される。
第4レベル 
化学・治療法・薬学サブグループによる分類。1個のアルファベットで示される。
第5レベル 
化学構造サブグループによる分類。2個の数字で示される。

用例[編集]

アスピリン(アセチルサリチル酸)を例にとって説明する。ATCコード B01AC06 は解熱薬としての番号である。

  1. アルファベット B — 血液、および血液を生成する器官に作用することを示す
  2. 数字 01 — 抗血栓剤サブグループに属すことを示す
  3. アルファベット A — 抗血栓剤サブグループに属すことを示す。このサブサブグループ名は1つ上位のサブグループ(第2レベル)の名称と同一だが、これは上位グループの全て範囲を包含することを意味するわけではない。抗血栓剤はこれ以上細分化できないためである
  4. アルファベット C — ヘパリンを除く解熱剤のグループに属すことを示す
  5. 数字 06 — 活性を持つ基質がアスピリンであることを示す。つまり、ATCコード B01AC06 を持つ全ての医薬品にはアスピリンが含まれることを意味する

アスピリンは鎮痛薬としての機能も持つため、もう1つのATCコード N02BA01 も与えられている。

  1. アルファベット N — 神経系に作用することを示す
  2. 数字02 — 鎮痛薬であることを示す
  3. アルファベット B — 「その他の鎮痛剤および解熱薬」サブグループに属すことを示す
  4. アルファベット A — サリチル酸またはその誘導体であることを示す
  5. 数字01 — アセチルサリチル酸であることを示す

ATCvet[編集]

ATCvet(Anatomical Therapeutic Chemical Classification System for veterinary medicinal products)は、獣医学のためのATCコードである。

ATCvetコードは主に人間向け医薬品の分類に使われるATCコードの頭にQを付けて表される。例えば、フロセミドはATCコードでC03CA01、ATCvetコードでQC03CA01となる。また、QIは免疫学薬、QJ51は乳房内で使用する抗菌薬、QN05AX90はアムペロジド英語版、など幾つかのコードは独占的に使用されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ ATC/DDD Methodology: History”. WHO Collaborating Centre for Drug Statistics Methodology. 2018年6月19日閲覧。
  2. ^ ATCvet”. WHO Collaborating Centre for Drug Statistics Methodology. 2015年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]