ミネラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミネラル (mineral) は、一般的な有機物に含まれる4元素炭素水素窒素酸素)以外に、生体にとって欠かせない元素である[疑問点 ]無機質灰分(かいぶん)ともいう。糖質脂質蛋白質ビタミンと並び五大栄養素の1つとして数えられる。

日本では13元素(亜鉛カリウムカルシウムクロムセレンナトリウムマグネシウムマンガンモリブデンヨウ素リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められている[1]。 生物の種類や性別、成長段階によって必要な種類や量は異なる。すべての要素は適度な量を摂る事が良く、欠乏症だけでなく過剰摂取も病気の原因ともなる。 ミネラルは人の体内で作ることは出来ないため、毎日の食事からとる必要がある。

必須ミネラル[編集]

以下の元素がヒトにとっての必須ミネラルである。

脚注[編集]

  1. ^ 健康増進法施行規則(平成十五年四月三十日厚生労働省令第八十六号)第十一条 [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]