サリチル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サリチル酸
識別情報
CAS登録番号 69-72-7
PubChem 338
ChemSpider 331
UNII O414PZ4LPZ
日化辞番号 J2.370A
EC番号 200-712-3
DrugBank DB00936
KEGG D00097
ChEBI
ChEMBL CHEMBL424
ATC分類 A01AD05,B01AC06 (WHO)
D01AE12 (WHO)
N02BA01 (WHO)
S01BC08 (WHO)
特性
化学式 C7H6O3
モル質量 138.12 g mol−1
外観 無色の針状結晶
密度 1.443 g/cm3
相対蒸気密度 4.8
融点

159.0 °C, 432 K, 318 °F

沸点

211 °C, 484 K, 412 °F (20 mmHg)

への溶解度 2 g/L (20 °C)
酸解離定数 pKa 2.97[1]
屈折率 (nD) 1.565
危険性
安全データシート(外部リンク) Oxford MSDS
EU分類 有害 Xn
EU Index 200-712-3
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
2
0
Rフレーズ R22 R36 R38 R61
Sフレーズ S22 S26 S36 S37 S39
引火点 157 °C
発火点 545 °C
関連する物質
関連物質
出典
ICSC 0563
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サリチル酸(サリチルさん、: salicylic acid)は、ベンゼン環上のオルト位にカルボキシル基ヒドロキシル基を併せ持つ物質。酸性度が強い。消炎鎮痛作用がある。

天然にも広く存在し植物ホルモンのひとつ。皮膚の角質軟化作用があり医薬品としてはイボコロリやウオノメコロリで知られ[2]、洗顔料などにも配合される。酸性度を弱め、胃を通過できるようにしたものがアセチルサリチル酸(アスピリン)である。

性質[編集]

無色の針状結晶である。隣接するヒドロキシル基の影響でカルボン酸としては比較的強い (pKa = 2.97) である。そのまま飲むと胃穿孔を起こし腹膜炎の原因となる。

示性式は C6H4(OH)COOH

発見[編集]

(ヤナギ)の薬理作用については、ヒポクラテスの書物に登場するほかにシュメールレバノンアッシリアの文書にも登場する[3][4]。また、チェロキー族などのアメリカ原住民もヤナギの仲間を解熱・鎮痛に用いていた。日本でも「歯痛には柳楊枝」として知られていた[5]。しかし、これらの記録はヨーロッパでは知られていなかった。

1763年、イギリスの司祭エドマンド・ストーンがヤナギの解熱作用を再発見[6]。その後、1830年にフランスの薬剤師アンリ・ルルー (Henri Leroux) とイタリアの科学者ラファエレ・ピリアイタリア語版 (Raffaele Piria) が解熱成分(サリチル酸の配糖体)を分離してサリシンと命名(柳はラテン語で salix)[7]。その後ピリアはサリシンを分解して新物質を発見、サリチル酸と命名した[8][9]

合成[編集]

1852年に、ドイツ人化学者ガーランドによって初めてサリチル酸が合成された[10]

1853年に、マールブルク大学ヘルマン・コルベはサリチル酸の構造を解明し、その合成法を確立した[11]フェノール水酸化ナトリウムを反応させてナトリウムフェノキシドを得、それに高温、高圧(5–6 気圧、125 ℃)の下で二酸化炭素を反応させると、オルト位にカルボキシル基が導入されたサリチル酸ナトリウムが合成される。このサリチル酸ナトリウムに硫酸を作用させると、サリチル酸が遊離する。これをコルベ・シュミット反応という。

コルベ・シュミット反応によるサリチル酸合成

一方、カリウムフェノキシドに同条件で二酸化炭素を反応させるとパラ位にカルボキシル基が導入されたパラヒドロキシ安息香酸が 90% 程度生じる。これのメチルからブチルエステルはパラベンとして防腐剤に用いる。

存在[編集]

サリチル酸は天然にも広く認められる。植物内(特に果実)にエステル体であるサリチル酸メチルサリシンの状態で存在しており、これは消炎剤に用いられる。その他、一部の食品やハーブ系植物などにも含まれカレー粉やスパイス類に多く含まれるとの報告[12][13]もある。植物では、サリチル酸がウイルスバクテリアなど様々な病原微生物に対する抵抗性(全身獲得抵抗性)を誘導する鍵となる物質として働くことが知られ、この働きにおいてはジャスモン酸と拮抗的に作用すると考えられている。一種の植物ホルモンとされることもあり、分子生物学による植物免疫研究の対象である。

防腐作用[編集]

日本では、明治12年(1879年)から飲食物の、明治36年(1903年)以降は防腐剤として用いられていたが、WHO の勧告や世論の反対運動などによって昭和44年(1969年)に全面禁止となった。

鎮痛剤[編集]

19世紀には、苦味が強い柳エキスに代わって鎮痛剤に使われたが、強い胃痛という副作用があった。その後、副作用がより少ないアセチルサリチル酸(アスピリン)に取って代わられることになる。

誘導体パラアミノサリチル酸 (PAS) は、結核の治療薬として用いられている。

作用機序[編集]

サリチル酸の作用の1つはAMP活性化プロテインキナーゼ英語版の活性化であり、これがサリチル酸とアスピリンの効果の一部を説明できることが示唆されている[14][15]

皮膚[編集]

2014年のイギリスのガイドラインでは、尋常性疣贅(イボ)の治療にサリチル酸が最も推奨される[16]。1919年には、日本で液状のイボコロリとして発売、1989年に絆創膏タイプが発売[2]。患部に塗ることでコロジオンが被膜となり、サリチル酸が皮膚に浸透し皮膚を柔らかくする[2]。1996年には皮膚を軟化させる乳酸を加えたウオノメコロリも発売されている[2]

2008年の日本皮膚科学会のケミカルピーリングのガイドラインでは、ざ瘡の皮疹、小斑の日光黒子、小じわに対する、角質のみに作用するサリチル酸マクロゴールの使用は、良質な証拠はないが選択肢のひとつとされており、サリチル酸エタノールの使用は推奨できない[17]尋常性ざ瘡(ニキビ)では日本のニキビの治療ガイドラインでの推奨度は低く、日本での保険適応外である[18]。サリチル酸マクロゴールでは角質のみに作用し、安全性も高いが、サリチル酸エタノールでは浸透性が強く毒性の問題(経皮吸収されてサリチル酸中毒となる)も起こりうる[18]

代謝[編集]

サリチル酸は、ヒトで未変化のままで(代謝されることなく)腎臓から尿中に排泄されることもある。このため、例えばアセチルサリチル酸の大量服用による中毒時などのように、ヒトの血中に大量のサリチル酸が存在する状態になると、尿中に大量のサリチル酸が排泄されてくる場合がある。特に、尿のpHがアルカリ側に傾くと、尿中へのサリチル酸のままでの排泄量が増える。そのような時の尿に塩化第二鉄の水溶液を加えると、サリチル酸はフェノール性の水酸基を持っているために呈色反応を起こし、尿が変色する場合がある。尿中にサリチル酸が50 (μg/ml)以上の濃度で含まれていると、塩化第二鉄水溶液による呈色反応が起こる[19]

薬物相互作用[編集]

併用中にステロイドを減薬すると、サリチル酸誘導体の濃度が上昇しサリチル酸中毒をおこす薬物相互作用が報告されている[20]。おもな症状は、頭痛、目眩、耳鳴り、吐き気、意識障害など[20]

出典[編集]

  1. ^ Salicyclic acid. Drugbank.ca. Retrieved on 2012-06-03.
  2. ^ a b c d 井上雅文「第17回 イボコロリ」、『ファルマシア』第51巻第3号、2015年、 242-243頁、 doi:10.14894/faruawpsj.51.3_242NAID 130007448107
  3. ^ Vane JR, Botting RM (1998年). “Mechanism of action of nonsteroidal anti-inflammatory drugs”. Am. J. Med. 104 (suppl): 2S-8S. PMID 9572314. 
  4. ^ Jack DB (1997年). “One hundred years of aspirin”. Lancet 350 (9075): 437-439. doi:10.1016/S0140-6736(97)07087-6. PMID 9259670. 
  5. ^ 塩沢俊一 『膠原病学』 丸善出版、2012年、第5版、110頁。ISBN 9784621084687
  6. ^ Cooper KE (1995). Fever and Antipyresis: The Role of the Nervous System. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 100-105. ISBN 978-0521072038. 
  7. ^ Leroux M (1830年). “Découverte de la salicine”. J. Chim. Méd. 6: 34. 
  8. ^ Piria R (1838年). “Sur des nouveaux produits extraits de la salicin et quelques-unes de ses réactions”. C. R. Acad. Sci. Paris 6: 620-624. 
  9. ^ Piria R (1838年). “Recherches sur la salicine et les produits qui en dérivent”. Ann. Chim. Phys. 69: 281-325. 
  10. ^ Gerland H (1853年). “XII.—New formation of salicylic acid”. Q. J. Chem. Soc. 5: 133-136. doi:10.1039/QJ8530500133. 
  11. ^ Kolbe H, Lautemann E (1860年). “Ueber die Constitution und Basicität der Salicylsäure”. Justus Liebigs Annals Chem 115 (2): 157-206. doi:10.1002/jlac.18601150207. 
  12. ^ “Salicylates in foods”. Journal of The American Dietetic Association 85 (8). (1985年). PMID 4019987. http://www.sswahs.nsw.gov.au/rpa/allergy/research/salicylatesinfoods.pdf. 
  13. ^ “A systematic review of salicylates in foods: Estimated daily intake of a Scottish population”. Molecular nutrition & food research 55: Supplement S7-S14. (2011年). doi:10.1002/mnfr.201000408. PMID 21351247. 
  14. ^ Hawley, S. A.; Fullerton, M. D.; Ross, F. A.; Schertzer, J. D.; Chevtzoff, C.; Walker, K. J.; Peggie, M. W.; Zibrova, D. et al. (2012年). “The Ancient Drug Salicylate Directly Activates AMP-Activated Protein Kinase”. Science 336 (6083): 918–22. doi:10.1126/science.1215327. PMID 22517326. 
  15. ^ Raffensperger, Lisa. "Clues to aspirin's anti-cancer effects revealed". New Scientist (2012-04-19)
  16. ^ 村尾和俊「疣贅の英国治療ガイドライン」、『臨床皮膚科』第70巻第5号、2016年4月、 155-157頁。
  17. ^ 古川福実、船坂陽子、師井洋一ほか「日本皮膚科学会ケミカルピーリングガイドライン 改訂第3版」、『日本皮膚科学会雑誌』第118巻第3号、2008年、 347-356頁、 doi:10.14924/dermatol.118.347NAID 130004708588
  18. ^ a b 関口知佐子、千見寺ひろみ、戸佐眞弓「当院で行った痤瘡に対する ケミカルピーリングの臨床経験165例の検討」、『日本臨床皮膚科医会雑誌』第34巻第3号、2017年、 355-360頁、 doi:10.3812/jocd.34.355NAID 130007396820
  19. ^ 薬毒物迅速検査法(塩化第二鉄反応)
  20. ^ a b 林瑶子、名和秀起、北村佳久 ほか、薬物相互作用(29―ステロイドの薬物相互作用) 岡山医学会雑誌 2014年 126巻 1号 p.59-63, doi:10.4044/joma.126.59

関連項目[編集]