サリチル酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サリチル酸ナトリウム
識別情報
CAS登録番号 54-21-7 チェック
PubChem 16760658
ChemSpider 5689 チェック
UNII WIQ1H85SYP チェック
EC番号 200-198-0
DrugBank DB01398
KEGG D00566 ×
ChEMBL CHEMBL447868 チェック
RTECS番号 VO5075000
ATC分類 N02BA04
特性
化学式 C7H5NaO3
モル質量 160.11 g/mol
外観 白色の結晶
融点

200℃

への溶解度 ~ 660 g/l (20℃)
危険性
主な危険性 有害性
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
Rフレーズ R22, R36/37/38
Sフレーズ S24/25, S26, S36/37/39
発火点 > 250 ℃
無毒性量 NOAEL 80mg/kg bw/day (ラット、経口)[1]
半数致死量 LD50 900mg/kg(マウス、経口)
760mg/kg(マウス、筋注)[2]
関連する物質
関連物質 サリチル酸
アセチルサリチル酸
サリチル酸メチル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

サリチル酸ナトリウム(サリチルさんナトリウム、: Sodium salicylateサリチル酸ナトリウム。高温高圧下でナトリウムフェノキシド二酸化炭素から製造できる。歴史的には、サリチル酸メチル水酸化ナトリウムと加熱し還流することにより合成された[3]

用途[編集]

非ステロイド性抗炎症薬の一種で、アスピリン過敏症の代替品や動物用医薬品として解熱剤鎮痛剤注射剤[2]の成分として用いられる。ガン細胞のアポトーシス[4][5][6]壊死[7]を誘発する効果も持つ。妊娠中のラットに経口投与した動物実験では、催奇形性を示した[2]

また、真空紫外線検出のための蛍光体として使用することもできる[8]

脚注[編集]

  1. ^ (英語) (pdf) SALICYLIC ACID - OPINION OF THE SCIENTIFIC COMMITTEE ON COSMETIC PRODUCTS AND NON-FOOD PRODUCTS INTENDED FOR CONSUMERS (Report). SCCNFP opinions 1997-2004: European Commission / Public health / Scientific Committee / Consumer Safety. (4 June 2002). p. 18. http://ec.europa.eu/health/archive/ph_risk/committees/sccp/documents/out170_en.pdf 2018年1月2日閲覧。. 
  2. ^ a b c サリチル酸ナトリウム(農林水産省動物医薬品検査所)
  3. ^ Lehman, J.W., Operational Organich Chemistry, 4th ed., New Jersey, Prentice Hall, 2009
  4. ^ Klampfer, Lidija; Jörg Cammenga, Hans-Georg Wisniewski, Stephen D. Nimer (1999-04-01). “Sodium Salicylate Activates Caspases and Induces Apoptosis of Myeloid Leukemia Cell Lines”. Blood 93 (7): 2386–94. PMID 10090950. http://bloodjournal.hematologylibrary.org/cgi/content/full/93/7/2386 2011年2月21日閲覧。. 
  5. ^ Rae, Colin; Susana Langa, Steven J. Tucker, David J. MacEwan (2007-07-31). “Elevated NF-κB responses and FLIP levels in leukemic but not normal lymphocytes: reduction by salicylate allows TNF-induced apoptosis”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the USA 104 (31): 12790–5. doi:10.1073/pnas.0701437104. PMC: 1937545. PMID 17646662. http://www.pnas.org/content/104/31/12790 2011年2月21日閲覧。. 
  6. ^ Stark, Lesley A.; et al (2007-05). “Aspirin activates the NF-κB signalling pathway and induces apoptosis in intestinal neoplasia in two in vivo models of human colorectal cancer”. Carcinogenesis 28 (5): 968–76. doi:10.1093/carcin/bgl220. PMID 17132819. http://carcin.oxfordjournals.org/content/28/5/968 2011年2月21日閲覧。. 
  7. ^ Schwenger, Paul; Edward Y. Skolnik, Jan Vilcek (1996-04-05). “Inhibition of Tumor Necrosis Factor-induced p42/p44 Mitogen-Activated Protein Kinase Activation by Sodium Salicylate”. The Journal of Biological Chemistry 271 (14): 8089–94. doi:10.1074/jbc.271.14.8089. PMID 8626494. http://www.jbc.org/content/271/14/8089 2011年2月21日閲覧。. 
  8. ^ Samson, James. “Vacuum Ultraviolet Spectroscopy”. Pied Publications. 2012年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]