フェナム酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェナム酸
識別情報
CAS登録番号 91-40-7
PubChem 4386
特性
化学式 C13H11NO2
モル質量 213.23 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェナム酸: Fenamic acid)とは、芳香族アミノ酸の一つ。N-フェニルアントラニル酸フェナミン酸ともいう[1]メフェナム酸フルフェナム酸メクロフェナム酸トルフェナム酸などの非ステロイド性抗炎症薬はフェナム酸からの誘導体であり、フェナム酸系と称される。

2-クロロ安息香酸アニリンを、酸化銅(II)の存在下でウルマン縮合させて得られる[2]

GoldbergReaction.svg

フェナム酸が自己縮合すると、アクリドンになる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 日本化学物質辞書web:化学物質情報詳細”. 科学技術振興機構. 2010年9月22日閲覧。
  2. ^ a b C. F. H. Allen and G. H. W. McKee (1943). “Acridone”. Organic Syntheses. http://www.orgsyn.org/demo.aspx?prep=cv2p0015. ; Collective Volume, 2, pp. 15