メフェナム酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メフェナム酸
Mefenamic acid Structural Formulae V.1.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 90%
血漿タンパク結合 90%
代謝 肝臓 (CYP2C9)
半減期 2 時間
排泄 腎臓および大便
識別
CAS番号
61-68-7
ATCコード M01AG01 (WHO)
PubChem CID: 4044
DrugBank APRD0073
ChemSpider 3904
KEGG D00151
化学的データ
化学式 C15H15NO2
分子量 241.285 g/mol

メフェナム酸(メフェナムさん、: Mefenamic acid)は非ステロイド性抗炎症薬の一種。ポンタールなどの商品名で、頭痛歯痛生理痛の緩和などのために経口で使用される。メフェナム酸が減少すると炎症や子宮収縮などが生じるが、プロスタグランジン合成が阻害されることによるものだと考えられている。肝臓で代謝され、腎臓により体外への排出が行われる。このため、重度の肝・腎疾患の患者には処方されない。

副作用[編集]

に負担がかかるため、空腹時を避けて服用する。眠気が生じることがあるため、服用後は自動車の運転等は避ける。他に頭痛や胃痛、嘔吐下痢発疹血小板減少などの副作用が生じることがある。まれにアナフィラキシー溶血性貧血急性腎不全消化性潰瘍肝機能障害などの重篤な副作用が生じる場合がある[1]インフルエンザ脳症を重症化させると考えられるため、15歳未満のインフルエンザ患者への投与は原則として禁止されている[2]。過剰に摂取すると嘔吐、吐血、痙攣、昏睡などの症状があらわれる。症状は服用後30分~4時間ほどで現れるが、腎不全などは発症までに数日かかる場合がある。致死量は約2.5グラムである。

合成[編集]

フェナム酸に類似し、2-クロロ安息香酸 (2-Chlorobenzoic acidと2,3-ジメチルアニリンから合成される。

脚注[編集]