一酸化窒素供与型COX阻害薬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一酸化窒素供与型COX阻害薬: COX-inhibiting nitric oxide donatorsCINODs)はNO-NSAIDsとも呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一群で、NSAIDsの安全性向上を目標に開発されている医薬品である[1][2][3][4]

CINODは既存のNSAID分子に一酸化窒素(NO)供与を結合した化合物であり、通常両者はエステル結合で結ばれる。CINODsはシクロオキシゲナーゼ(COX)阻害に基づくNSAIDsの抗炎症作用を維持する一方で、一酸化窒素に基づく血管拡張作用白血球接着阻害作用、カスパーゼ阻害作用により消化器系および血管系の副作用を軽減している。

最初のCINODは1990年代に開発され始めたが、上市された化合物はない。COX-2選択的NSAIDs英語版であるロフェコキシブ英語版ルミラコキシブ英語版が2000年代中盤に血管系の副作用で市場から撤退した事でCINODsの重要性は高まっている。さらに、既存のNSAIDsは血圧を上昇させ、高血圧治療薬の作用に拮抗する。CINODsのいくつかは治験の段階にある。その内ではナプロキシノド英語版(NO-ナプロキセン)が最も先行していたが、2010年に米国FDAがさらなる臨床試験の必要性を指摘し不承認を決定した[5]。他のCINODsも炎症関連疾患の治療薬として開発中である[6]

出典[編集]

  1. ^ Wallace JL, Reuter BK, Cicala C, McKnight W, Grisham MB, Cirino G (1994). “Novel nonsteroidal anti-inflammatory drug derivatives with markedly reduced ulcerogenic properties in the rat”. Gastroenterology 107 (1): 172-179. PMID 8020659. 
  2. ^ Wallace JL, Cirino G (1994). “The development of gastrointestinal-sparing anti-inflammatory drugs”. Trends Pharmacol Sci 15 (11): 405–406. doi:10.1016/0165-6147(94)90083-3. PMID 7855901. 
  3. ^ Keeble JE, Moore PK (2002). “Pharmacology and potential therapeutic applications of nitric oxide-releasing non-steroidal anti-inflammatory and related nitric oxide-donating drugs”. Br J Pharmacol 137 (3): 295-310. doi:10.1038/sj.bjp.0704876. PMC: 1573498. PMID 12237248. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1573498/. 
  4. ^ White, WB (2007). “Cardiovascular effects of the cyclooxygenase inhibitors”. Hypertension 49 (3): 408-418. doi:10.1161/01.HYP.0000258106.74139.25. PMID 17261646. http://hyper.ahajournals.org/cgi/reprint/49/3/408. 
  5. ^ NicOx Shares Plummet as FDA Says Osteoarthritis Drug Not Ready for Approval
  6. ^ NicOx pipeline: product portfolio Archived 2007年12月14日, at the Wayback Machine.