スプロフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Suprofen.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
  • 使用中止
投与方法 経口, 目薬
薬物動態データ
血漿タンパク結合 20%
識別
CAS番号
40828-46-4 チェック
ATCコード M01AE07 (WHO)
PubChem CID: 5359
DrugBank DB00870 チェック
ChemSpider 5166 ×
UNII 988GU2F9PE チェック
KEGG D00452  チェック
ChEBI CHEBI:9362 ×
ChEMBL CHEMBL956 ×
化学的データ
化学式 C14H12O3S
分子量 260.309 g/mol

スプロフェン(Suprofen)は、ヤンセン ファーマが開発した[1]非ステロイド性抗炎症薬である。1%溶液が目薬として、Profenalの商標名で販売されている。

使用[編集]

スプロフェンは、当初錠剤として用いられていたが、腎臓への影響のため、経口摂取は中止された[2]。その後、眼科用の溶液として、通常は外科手術中及び後の縮瞳の防止のために用いられた[3]。しかし、この用途としても、少なくともアメリカ合衆国では使用が中止された[4]

出典[編集]

  1. ^ Janssen, Paul A.; Van Daele, Georges H. P.; Boey, Jozef M. "Antiphlogistic aroyl-substituted phenylacetic acid derivatives" (1974) DE 2353357 
  2. ^ Nies A S (1988). “Renal effects of nonsteroidal anti-inflammatory drugs”. Agents and actions 24: 95-106. doi:10.1007/978-3-0348-9160-8_9. 
  3. ^ Guidance for FDA Staff and Industry Compliance Policy Guides Manual, Sec. 460.200
  4. ^ Drugs.com: suprofen ophthalmic