アンピロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンピロン
識別情報
CAS登録番号 83-07-8 チェック
PubChem 2151
ChemSpider 2066 チェック
ChEMBL CHEMBL1165011 チェック
特性
化学式 C11H13N3O
モル質量 203.24 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アンピロン:Ampyrone)は、抗炎症剤解熱鎮痛剤解熱剤の特性を有するアミノピリン代謝産物である。顆粒球減少症の危険性のために薬剤としての使用は推奨されていない[1]。その代わりに、過酸化物またはフェノールを生成する生化学反応の試薬として使用されている。アンピロンは、ミクロソームを刺激し、また、細胞外液を測定するために使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ On-line encyklopedia PWN (in Polish)

関連項目[編集]