出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(かん、きも)は、

臓器

  • 「かん」。現代医学における臓器のひとつ。肝臓
  • 「かん」。東洋医学における五臓のひとつ。肝 (五臓)
  • 「きも」。人間または動物の肝臓。しかし、「心臓」を指すと思われる使い方や、内臓全体を指すこともある。

肝心

  • 肝心(かんじん)や肝心要(かんじんかなめ)の意。
  • 上記から肝心と言わず、単に肝といい、物事における重要なことや、主題や主体を引きたてるための要因を喩える言葉としても使われる。例として「この物語の肝は(彼女・トリック)だ」、「この機械の肝は(伸縮機講・遊星歯車)だ」のように使われる。