スリンダク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スリンダク
Sulindac structure.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Clinoril
Drugs.com monograph
MedlinePlus a681037
胎児危険度分類
  • AU: C
  • US: C
法的規制
投与方法 Oral
薬物動態データ
生物学的利用能 Approximately 90% (Oral)
代謝 ?
半減期 7.8 hours, metabolites up to 16.4 hours
排泄 Renal (50%) and fecal (25%)
識別
CAS番号
38194-50-2 チェック
ATCコード M01AB02 (WHO)
PubChem CID: 1548887
IUPHAR/BPS 5425
DrugBank DB00605 チェック
ChemSpider 1265915 チェック
UNII 184SNS8VUH チェック
KEGG D00120  チェック
ChEBI CHEBI:9352 チェック
ChEMBL CHEMBL15770 ×
PDB ligand ID SUZ (PDBe, RCSB PDB)
化学的データ
化学式 C20H17FO3S
分子量 356.412 g/mol
物理的データ
融点 182 - 185 °C (360 - 365 °F) (decomp.)

スリンダク(Sulindac)は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に属する抗炎症薬である。プロスタグランジンの合成を阻害して抗炎症作用を示す。プロドラッグであり、消化器関係の副作用が少ない他、比較的半減期が長い[1]:1。商品名クリノリル

効能・効果[編集]

日本では、関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、腱・腱鞘炎の消炎・鎮痛について承認されている[2]。急性・慢性いずれの炎症に対しても有効性を示すが、その効果はインドメタシンに較べると弱い[1]:10

スルホキシド体はプロドラッグであり、体内のMsrAで還元されてスルフィド体となり活性化する。体内ではスルホキシド体とスルフィド体が共存しており[1]:14、両者の血中動態は類似している[1]:11スルホン体に酸化されると失活する。正確な機序は不明であるが、スルフィド体がCOX-1およびCOX-2を阻害してプロスタグランジン生成を妨げる。

禁忌[編集]

他のNSAIDs同様、下記の患者にはスリンダクは禁忌である。

  1. 消化性潰瘍または胃腸出血のある患者
  2. 重篤な血液の異常のある患者
  3. 重篤な肝障害のある患者
  4. 重篤な腎障害のある患者
  5. 重篤な心機能不全のある患者
  6. アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)またはその既往歴のある患者
  7. 製剤成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  8. 妊婦または妊娠している可能性のある婦人

副作用[編集]

治験では15.39%に副作用が見られ、その主なものは腹痛(5.44%)、発疹(2.30%)であった。

スリンダクで重大な副作用とされているものは、

である。(頻度未記載は頻度不明)

一部の研究では、スリンダクの上部消化管障害は他のNSAIDsより少ないとされている[要出典]。肝障害や膵障害は他のNSAIDsより多いが、腎障害は少ないと思われる[要出典]

細胞増殖抑制作用[編集]

スリンダクには、COX-2阻害作用とは別に、大腸のポリープや前癌病変部位での細胞増殖を抑制する効果がある[3][4][5]。その効果は特に家族性大腸腺腫症で顕著であり、癌化を防止していると思われる[6]。同様の効果は、上部消化管癌[7]遺伝性非ポリポーシス大腸癌[8][9]膠芽腫[10]、分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(BD-IPMN)[11]でも見られた。

一部ではその機序として、c-Raf[12]JNK1[13]といったキナーゼによるシグナル伝達サイクリンの働き[14]にスリンダクが介入していると見られている。スリンダクはレチノイドX受容体α(RXRalpha)に結合する事で癌細胞のアポトーシスを誘導することができ[15]、同時に、ヒト癌細胞ではβ-カテニン英語版の抑制を介して[16]、またはCSK/Src英語版の調節を介して[17]細胞増殖を阻害することができる。

その他の効果[編集]

スリンダクには子宮収縮抑制作用英語版があり、早産の防止に使う事ができる。他のNSAIDs同様、アルツハイマー病治療への応用が模索されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d クリノリル錠50/クリノリル錠100 インタビューフォーム (PDF)” (2016年4月). 2016年6月24日閲覧。
  2. ^ クリノリル錠50/クリノリル錠100 添付文書” (2011年1月). 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ Scheper MA, Nikitakis NG, Chaisuparat R, Montaner S, Sauk JJ (2007年3月). “Sulindac induces apoptosis and inhibits tumor growth in vivo in head and neck squamous cell carcinoma”. Neoplasia 9 (3): 192–9. doi:10.1593/neo.06781. PMC 1838577. PMID 17401459. http://www.neoplasia.com/abstract.php?msid=1062. 
  4. ^ “Sulindac sulfide, an aspirin-like compound, inhibits proliferation, causes cell cycle quiescence, and induces apoptosis in HT-29 colon adenocarcinoma cells”. J. Clin. Invest. 96 (1): 491–503. (1995年7月). doi:10.1172/JCI118060. PMC 185223. PMID 7615821. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=185223. 
  5. ^ Giladi N, Kazanov D, Shpitz B, Aroch I, Kraus S, Arber N (2010年). “Curcumin potentiates the pro-apoptotic effects of sulindac sulfone in colorectal cancer.”. Expert Opin Investig Drugs 19 Suppl 1: S117-24. doi:10.1517/13543781003718841. PMID 20374023. http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1517/13543781003718841#abstract. 
  6. ^ Steinbrink SD, Pergola C, Bühring U, George S, Metzner J, Fischer AS et al. (2010年). “Sulindac sulfide suppresses 5-lipoxygenase at clinically relevant concentrations.”. Cell Mol Life Sci 67 (5): 797-806. doi:10.1007/s00018-009-0206-0. PMID 20091083. http://link.springer.com/article/10.1007/s00018-009-0206-0. 
  7. ^ Sauter A, Soulsby H, Hormann K, Naim R (2010年). “Sulindac sulfone induces a decrease of beta-catenin in HNSCC.”. Anticancer Res 30 (2): 339-43. PMID 20332437. http://ar.iiarjournals.org/content/30/2/339.full. 
  8. ^ Rijcken FE, Hollema H, van der Zee AG, van der Sluis T, Boersma-van Ek W, Kleibeuker JH (2007年). “Sulindac treatment in hereditary non-polyposis colorectal cancer.”. Eur J Cancer 43 (8): 1251-6. doi:10.1016/j.ejca.2007.03.001. PMID 17434727. http://www.ejcancer.com/article/S0959-8049(07)00197-9/abstract. 
  9. ^ Zell JA, Pelot D, Chen WP, McLaren CE, Gerner EW, Meyskens FL (2009年). “Risk of cardiovascular events in a randomized placebo-controlled, double-blind trial of difluoromethylornithine plus sulindac for the prevention of sporadic colorectal adenomas.”. Cancer Prev Res (Phila) 2 (3): 209-12. doi:10.1158/1940-6207.CAPR-08-0203. PMC 2739681. PMID 19258540. http://cancerpreventionresearch.aacrjournals.org/content/2/3/209.full. 
  10. ^ Kambe A, Yoshioka H, Kamitani H, Watanabe T, Baek SJ, Eling TE (2009年). “The cyclooxygenase inhibitor sulindac sulfide inhibits EP4 expression and suppresses the growth of glioblastoma cells.”. Cancer Prev Res (Phila) 2 (12): 1088-99. doi:10.1158/1940-6207.CAPR-09-0140. PMC 2789193. PMID 19934343. http://cancerpreventionresearch.aacrjournals.org/content/2/12/1088.full. 
  11. ^ Hayashi T, Ishiwatari H, Ihara H, Kawano Y, Takada K, Miyanishi K et al. (2009年). “Suppressive effect of sulindac on branch duct-intraductal papillary mucinous neoplasms.”. J Gastroenterol 44 (9): 964-75. doi:10.1007/s00535-009-0089-8. PMID 19536452. http://link.springer.com/article/10.1007/s00535-009-0089-8. 
  12. ^ . 20. doi:10.1016/j.cellsig.2008.02.004. PMID 18374541. 
  13. ^ Song Z, Tong C, Liang J, Dockendorff A, Huang C, Augenlicht LH et al. (2007年). “JNK1 is required for sulindac-mediated inhibition of cell proliferation and induction of apoptosis in vitro and in vivo.”. Eur J Pharmacol 560 (2-3): 95-100. doi:10.1016/j.ejphar.2007.01.020. PMC 1852492. PMID 17292881. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0014299907000374. 
  14. ^ Tinsley HN, Gary BD, Keeton AB, Zhang W, Abadi AH, Reynolds RC et al. (2009年). “Sulindac sulfide selectively inhibits growth and induces apoptosis of human breast tumor cells by phosphodiesterase 5 inhibition, elevation of cyclic GMP, and activation of protein kinase G.”. Mol Cancer Ther 8 (12): 3331-40. doi:10.1158/1535-7163.MCT-09-0758. PMC 2805153. PMID 19996273. http://mct.aacrjournals.org/content/8/12/3331. 
  15. ^ Zhou H, Liu W, Su Y, Wei Z, Liu J, Kolluri SK et al. (2010年). “NSAID sulindac and its analog bind RXRalpha and inhibit RXRalpha-dependent AKT signaling.”. Cancer Cell 17 (6): 560-73. doi:10.1016/j.ccr.2010.04.023. PMC 2907921. PMID 20541701. http://www.cell.com/cancer-cell/fulltext/S1535-6108(10)00159-5. 
  16. ^ Han A, Song Z, Tong C, Hu D, Bi X, Augenlicht LH et al. (2008年). “Sulindac suppresses beta-catenin expression in human cancer cells.”. Eur J Pharmacol 583 (1): 26-31. doi:10.1016/j.ejphar.2007.12.034. PMC 2350231. PMID 18291362. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0014299908000903. 
  17. ^ Kunte DP, Wali RK, Koetsier JL, Roy HK (2008年). “Antiproliferative effect of sulindac in colonic neoplasia prevention: role of COOH-terminal Src kinase.”. Mol Cancer Ther 7 (7): 1797-806. doi:10.1158/1535-7163.MCT-08-0022. PMC 2493571. PMID 18644992. http://mct.aacrjournals.org/content/7/7/1797. 

外部リンク[編集]