トルメティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トルメティン(Tolmetin)とは、酢酸系に分類される非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の1種である。

基本情報[編集]

トルメティンの構造。
トルメティンの分子模型。黒が炭素、灰色が水素、赤が酸素、青が窒素を表している。

トルメティンの分子式はC15H15NO3であり [1] [2] [3] 、モル質量は257.2845 (g/mol)である [1] [3] 。 いわゆる非ステロイド性抗炎症薬の1種であり、in vitroプロスタグランディン類の生成を阻害することが確認されている [3] 。 なお、トルメティンは常温で比較的安定なものの、約156 ℃にまで加熱すると分解する [4]

薬物動態[編集]

トルメティンは医薬品としてヒトにも用いられることがある。ヒトに対してトルメティンを経口投与すると、消化管より30分から60分で体内へと吸収される [3] 。 体内に入ると、最初のうちは1時間から2時間の半減期で消失してゆくものの、その後、半減期は5時間程度にまで延長する [3] 。 それでも、トルメティンの常用量をヒトに単回投与した場合、通常は24時間後までには尿中へと排泄される [3]

出典[編集]

  1. ^ a b Tolmetin (D02355)
  2. ^ Tolmetin (CID : 5509)
  3. ^ a b c d e f Tolmetin (DB00500)
  4. ^ Tolmetin (Melting Point)