胃腸穿孔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
胃穿孔から転送)
移動先: 案内検索
胃腸穿孔
腸破裂[1]、消化管破裂
Free air2010.JPG
腸の穿孔から横隔膜右下に空気が入った状態。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学, 救急医学
ICD-10 K63.1, S36.9
ICD-9-CM 569.83, 863.9
DiseasesDB 34042
MedlinePlus 000235
eMedicine med/2822

胃腸穿孔(いちょうせんこう)は腸破裂とも知られ、胃壁腸壁に穴が開くことである[2]。 胃腸と呼ばれる消化管には食道小腸大腸が含まれる[2][1]。 胃腸穿孔の症状は厳しい腹痛と腹部を押されたときに生じる痛みがある[2]。 穴の開いた場所が胃または小腸上部の場合は突然痛みが生じることが一般的であり、穴が大腸に開いた場合痛みは徐々に増す傾向があり[2]、一定の痛みは通常ある[2]。胃腸穿孔によって敗血症心拍数の増加、呼吸率の増加、発熱錯乱状態が生じることがある[2]

胃腸穿孔の原因にはナイフなどの鋭利な物体を飲み込むことによる損傷大腸内視鏡などの医療検査、腸捻転による腸閉塞症大腸がん大腸憩室症胃潰瘍腸間膜虚血クロストリジウム・ディフィシルを含むいくつかの感染症がある[2]。胃腸に開いた穴によって腸管内容物が腹腔に入り込りこみ[2]、その際に細菌も入り込み、その結果腹膜炎または膿瘍になる[2]胃袋に開いた穴から胃酸によって腹膜炎がおこる[2]。通常はCTスキャンによる診断法が薦められるが、穴の開いた箇所によっては内容物が腹腔に張り込りこみ空気がなくなりX線撮影でも診断されることが多い[2]

穿孔は消化管のどの位置にできても試験開腹緊急手術が必要なのが一般的で[2]静脈点滴抗生物質と併用しておこなわれる[2]ピペラシリン/タゾバクタムまたはシプロフロキサシンメトロニダゾールのコンビネーションなど複数の抗生物質が使われる[3][4]。場合によっては開いた穴を縫って閉鎖することが可能であるが、そうでない場合は腸切除が必要である[2]。治療による死亡リスクは最大でも50%である[2]胃潰瘍によって穴が発生するケースは年間約1/10,000人であり、憩室炎によって発症するケースは年間0.4/10,000人である[5][1]

出典[編集]

  1. ^ a b c Domino, Frank J.; Baldor, Robert A. (2013).
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Langell, JT; Mulvihill, SJ (May 2008).
  3. ^ Wong, PF; Gilliam, AD; Kumar, S; Shenfine, J; O'Dair, GN; Leaper, DJ (18 April 2005).
  4. ^ Wilson, William C.; Grande, Christopher M.; Hoyt, David B. (2007).
  5. ^ Yeo, Charles J.; McFadden, David W.; Pemberton, John H.; Peters, Jeffrey H.; Matthews, Jeffrey B. (2012).