十二指腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
十二指腸
Human alimentary canal.jpg
1.食道 2. 3.十二指腸 4.小腸 5.盲腸 6.虫垂 7.大腸 8.直腸 9.肛門
Illu small intestine.jpg
英語 Duodenum
器官 消化器
動脈 下膵十二指腸動脈
後上膵十二指腸動脈
静脈 膵十二指腸静脈
神経 腹腔神経節

十二指腸(じゅうにしちょう、Duodenum)は、小腸をつなぐ消化管である。全体の形はC字状で長さは約25cm。十二指腸の名は、ターヘル・アナトミア解体新書として和訳刊行された際に、新たに作られた医学用語のひとつである。ラテン語では本来 duodenum digitorumduodenum「12」+digitorum「指」=「12本の指の幅」)と呼ばれていた。さらにさかのぼるとギリシア語: Δωδεκαδάκτυλο(アルファベット転記:dodekadaktylosdodeka「12」+daktylos「指」)から来ている。いずれにせよ、この名はこの部分の長さが指の幅の12倍ほどであることに由来する[1]。大部分が後腹膜に固定されており、可動性がない。

なお、小腸の一部とする考え方もあり、その場合は空腸回腸と違い腸間膜に包まれないので無腸間膜小腸と呼称する場合もある。

解剖学的区分[編集]

上部(第一部)
胃の幽門口の続きで、右へ向かう部位。上部の始まりの部分は十二指腸球部と呼ばれ、肝臓との間に小網が張る。十二指腸球部は潰瘍の好発部位である。
下行部(第二部)
十二指腸上部の続きで、下へ向かう部位。ファーター乳頭(大十二指腸乳頭)、副膵管小十二指腸乳頭が開口する。
水平部(第三部)
十二指腸下行部の続きで、左へ向かう部位。
上行部(第四部)
十二指腸下部の続きで、上へ向かう部位。空腸へ移行する。トライツ靭帯(十二指腸提筋)で上方へ固定されている部位。

役割[編集]

(1)運動(蠕動運動分節運動振子運動)、(2)消化吸収、(3)腸液と消化管ホルモン(en)の分泌が主な役割である[2]

消化[編集]

胃から送られて来た食物をさらに消化し、空腸へ送る。

十二指腸は膵臓とも繋がっており、膵臓のファーター乳頭(大十二指腸乳頭)からトリプシンキモトリプシンなどの消化酵素を含む膵液が分泌されてタンパク質が分解された生成物であるポリペプチド(ペプトン)をジペプチドなどに分解する。また、脂肪胆汁による乳化作用を受けて膵液リパーゼにより十二指腸部でグリセロール(グリセリン)および脂肪酸に分解される。なお、胆汁を出す調節はファーター乳頭の開口部にある平滑筋オッディ括約筋が担っているが、このオッディ括約筋に作用する消化管ホルモンコレシストキニンは十二指腸から分泌される。

十二指腸から分泌されるエンテロキナーゼは、膵液中のトリプシノーゲンを活性化しトリプシンに転換する。

脚注[編集]

  1. ^ 「本来ヤード・ポンド法で『12インチの腸』と表現していたものが、『12本の指の腸』と誤訳された」という説があるが、俗説である。
  2. ^ 著者: 日本消化器内視鏡学会・消化器内視鏡技師制度審議会 『消化器内視鏡技師試験問題解説』医学図書出版(2版 平成6年8月29日) 420p

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • duodenumOnline Etymology(十二指腸の語源の解説)