救急医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

救急医学(きゅうきゅういがく、英語:emergency medicine)は、主に外傷や疾病等の急性期の救命救急医療を扱う分野。

専門医資格として、日本救急医学会より認定される「救急医(救急科専門医)(en:Emergency physicianfr:Urgentiste)」が存在し、さらに指導的な役割を果たす「指導医」制度がある。

概念[編集]

救急来院した患者の診療や、それに対する学問、研究を対象とする医学分野である。救急医学は段階によって以下の3つの分野に分けられる。

  • 初期救急医学
    救急来院した患者の初期診断や治療を行う医学。緊急性が高い患者では初期治療の誤りが死亡に繋がるため、非常に重要である。
  • 救急救命医学
    重症患者の救命治療を行う医学。緊急性は高くないが、重症な患者が多いため常に注意を払う必要がある。
  • 病院前救急医学
    病院外での診断や治療。ドクターカードクターヘリによる診断もこれに含まれる。

現状[編集]

救急医療専門医資格を取るためには、ある程度いろいろな病気怪我治療した経験が必要だが、こういった医師はまだ需要を満たせるほどたくさんいるわけではない。そのため、全国各地の「救急指定病院」と呼ばれる病院では、外科系と内科系の医師が交代で当直にあたっているところが多い。しかし、外科系と言っても幅は広く、整形外科脳外科泌尿器科もすべて外科系に含まれる。そうすると、「事故骨折した患者がいます」という要請が来ても、「私は泌尿器科なので分かりません」と断らざるを得ない状況があり得るのが現状である[1]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『DOCTOR ASE 特別編 FOR 医学部受験生 医師への道』日本医師会 発行 p155.

関連項目[編集]