獣医学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネコ診療にあたる獣医師

獣医学(じゅういがく、英語: veterinary medicine)は、医学診断学および治療原理を伴侶動物ペット)、産業動物家畜)、野生動物およびエキゾチックアニマルに応用するための学問である。獣医学は家畜生産の実践、群単位での健康管理、疾患のモニタリングなどを研究し、保護するために不可欠の分野である。科学的知識の取得・応用が必要となり、家畜と野生動物両方の疾患防御、及び食品衛生や環境衛生を通じた人間の健康の維持・増進を目的とした技術を使用する。

獣医学は家畜、伴侶動物および野生動物の慎重なモニタリングを通じて、人間健康を守るという手段のひとつでもある。新興の人獣共通感染症に対処するには、獣医学でも行われている「群の健康管理」という概念に特に適した疫学および感染症制御の手法が必要な場合ある。

獣医学の歴史[編集]

獣医学は人間と動物の結び付きと同じ程度の長い歴史を持つが、ほとんどの動物種に対して診断・治療技術が利用できるようになったことで、近年は特に急激な進歩を見せている。今日の動物はインスリン注射・歯根管充填・人工股関節置換・白内障治療・心臓ペースメーカー設置などの人間並みの歯科的・外科的医療を受けることもある。

獣医学の専門化は近年特に進んでいる。米獣医学協会(American Veterinary Medical Association;AVMA)では、外科学・内科学心臓病学・皮膚学・神経学腫瘍学放射線学・行動学麻酔学・救急医療など20の専門科を認定している。

現在の日本の獣医学教育は家畜解剖学・家畜生理学・家畜生理化学・家畜薬理学・家畜微生物学家畜衛生学・獣医疫学・獣医公衆衛生学・家畜病理学・家畜臨床繁殖学・家畜内科学・家畜外科学・家畜伝染病学・家畜寄生虫学・獣医放射線学などの専門科目を含む。

しかし日本における獣医学教育の黎明期においては犬・猫といった小動物に関する学問の発展は副次的なものでしかなく、本来の目的は明治維新以降における食生活の欧米化に対応した家畜の生産性の向上及び軍馬の生産・疾病予防であった。

獣医学の貢献分野[編集]

獣医師は家畜の健康維持を通じて、食糧供給における質、量および安全面の一部に携わっている。また、獣医学者は生物学化学農学薬学研究などにも関わる場合がある。

多くの国で、ウマの獣医学は特殊な分野とされている。臨床活動は主に運動器疝痛(家畜として飼われるウマの主要な死亡原因)を含む消化器整形外科呼吸器感染症の問題への対処が中心となる。

動物医療(zoologic medicine)は動物園および野生動物の健康管理を含み、野生動物保護の危急性が高まる近年、獣医学の新たな分野として重要性を高めている。

臨床獣医学[編集]

人間の医療と同様に、獣医学の実践に本来必要となるのは、患畜の求めに応じた多様な専門分野を持つ獣医師の集団である。獣医師の専門化が進む欧米とは異なり、日本では1人の獣医師が複数の(時には全ての)診療科を担当することは珍しくなく、専門的とまで至らないのが現状である。技術的補助を担当する獣医師以外のスタッフを置く動物病院も多い。

日本で獣医師の資格を得るには、大学で獣医師養成する学部・学科・課程にて6年間専門科目を学び、獣医師国家試験に合格しなければならない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]